その他音楽

【今も昔もトルコの貴公子】Şımarık (Kiss Kiss)/Tarkan タルカン 1998年

更新日:

タルカン、トルコの貴公子と呼ばれた男

 

本日はトルコの歌手【タルカン】

まずはどんな人なのか簡単にご紹介したいと思います。

 

タルカン
本名 タルカン・テヴェットール。1972年10月17日西ドイツ生まれトルコ育ちの44歳。
13歳でトルコに帰国後、学業の傍らクラブなどでアルバイトをしながら歌手を志す。

1993年、デビューアルバム『Yine Sensiz』が大ヒット。
セカンドアルバムも国内・欧州を中心に人気を得る。一気にスター街道へと躍り出る。
1999年に98年シングル発売された『Şımarık』が入ったアルバム『Tarkan』が発売。
『Şımarık』が欧州で爆発的ヒットをし、ミュージックアワードにも出演。
世界中に発信され、一気に知名度を得る。
この曲は、他国語バージョンでカバーが次々と発売された。
これをきっかけに、語学堪能な彼は「英語圏」でもデビューを果たし、
アメリカにて活動していたこともある。
当時トルコ内では圧倒的な人気があり
「トルコの貴公子」と言われる。(ちなみに今でもなんですって☆)
当時管理人が読んだ雑誌では、トルコの女の子はみんな彼が大好き♡と紹介されていた。

細身で小柄、黒髪にブルーとグリーンの混ざったような綺麗な瞳ととにかくすごく色気のある男性。
「イケメン」とか一言でそういえない雰囲気がある。
浮いた噂がほとんどなく、ひそかにアッチ系の人なのでは…?と噂が絶えなかったが
2年ほど前に結婚したとニュースが流れる。もちろん女性と(*´艸`*)

音楽性としては、トルコの民族音楽をかなり取り入れたポップス。
ダンスも踊るのだが、振り付けもベリーダンス風味が強い。
これが他にない「個性」の強さであると思う。

今現在は活動をトルコに移しているようである。

 

タルカンとの出会いは「ミュージックアワード授賞式」

 

トルコ、という国に関係したものが身近に一切なかった私。
それがなぜいきなり彼を知ることとなったのか…?
それはたまたまCS放送で観た「ミュージックアワード」でした。

『Şımarık』をひっさげてステージに立っていたんですね。

トルコの歌手?知らないなぁ…
何か有名な映画にでも出たんだろうか~?なんて、ステージに立つ小柄な男性を眺めていました。

その小柄な男性は、今まで見たこともないセクシーなダンスと歌で会場全体を熱くし、大盛り上がり。
トルコのダンスなので、「ベリーダンス風」とでもいうのかな?

私は「なにこの音楽は!?」と衝撃を受け…
タルカンのCDを取り寄せ聴きこむこととなったのです。

PVも個性的で、タルカンがそこらじゅうの美女に追い掛け回される…ハーレムもの。
歌詞の終わりに「Chu  Chu💋」日本語で言ってもそのままチュッチュと入るのと…
最後に「ン~~ンマァ」と特大のChuがあるので、

正直、日本人が歌うのは恥ずかしい人続出でハードルが高い!・・・と思う。
少なくとも私は聴く専門です・・・すいません💦

 

どんな曲か気になる方は、【こちら】で探してみてください。
(YouTubeに飛びます)

ちなみに『Şımarık』とは、「甘えんぼう」とか「甘ちゃん」みたいな意味。

他にも「Kuzu Kuzu」、「şıkıdım」カッコイイ歌がたくさんあります♪

 

===スポンサーリンク===



 

タルカンのアルバム「Tarkan」日本でも発売されています。

 

ちなみにわざわざ輸入盤を買わなくても(その方が安いんだけどね)
アルバム『Tarkan』は
『Chu!Chu!は恋の合言葉〜トルコより愛をこめて』とかいう

はっきり言って微妙な邦題が付けられて発売されております。(苦笑)


もうちょっとなんとか考えんか~~い!!ヽ(`Д´)ノプンプン テキトーに考えたでしょコレ!

この邦題に興味を持たれた方はぜひ!一度聴いてみてくださいね♪

 

タルカン、英語圏デビュー

世界的に有名になった彼はすぐにアメリカのレコード会社からお呼びがかかり・・・
活動拠点をアメリカに移しました。
それからのCDは何というのかなぁ?
トルコ風味がスパイス的に入ったクラブミュージック路線。
・・・すっごいカッコイイんだけれども、初めて観た時の衝撃は超えられませんでした。

いえ、好みにもよるのかもしれませんね。
クラブミュージックとしては、GOODだと思いますし、PVもカッコイイ出来です。
私はトルコ風、というのにすごく惹かれてたので…ちょっと残念に感じてしまったのかもしれない。
それからは昔のアルバムを聴き返すようになってしまいました💦

 

『Şımarık』は世界中でカバーされました!もちろん日本でも!

 

 英語でもホリー・ヴァランスさんという綺麗な女性がカバーしているのですが・・・
じつは日本でも!カバーされているんです。
ちょっとノリ的には郷ひろみさんがカバーしそうではあるんですけど(笑)
同時期に「アチチ☆アチ」してらしたんで…郷さんではないんです。

誰が歌ってくれたのかと言いますと・・・

 

速水けんたろうさんが「Chu!Chu!は恋の合言葉」としてカバー!

 

「おかあさんといっしょ」の歌のおにいさんをしていた方で、少し前に事故を起こされ活動を休止していたはず。
今はどうしていらっしゃるのかな?

「Chu!Chu!は恋の合言葉」という邦題
歌っているのを観たんですが…言葉を失うってこういう事かと!Σ(・□・;)
けんたろうお兄さんは悪くないんですよ!むしろかわいそうだ!

日本語歌詞の反応に困る!笑ってしまうじゃないか!!

いま改めて調べて…やっぱり笑ってしまった。
いや、どうしても中東のリズムに日本語歌詞を合わせるのは難しいですよね💦
頑張ってる…頑張ってあてはめたのはスゴイです…

でも…芸人さんの方が、普通の歌うたってるような気がします。
またねぇ…おにいさんがやはり歌唱力が抜群でね、そこがより破壊力を増してるのよ。
これぞ完全無欠のパワー、日本男児のチカラーなんでしょうね。(歌詞をもじってます)

意外に上記の郷さんの「アチチ」はいい方向に行きましたが…
他はもう日本人は無理して海外の曲カバーしなくてもいいのかなぁと思います💦

どんな破壊力なのか確かめたい方はぜひ聴いてみてくださいね。

歌詞はこちらです。
動画はこちらで探してみてください。

 

近年のトルコの貴公子タルカンの活動は?

近年でもトルコで積極的に活動しているタルカン。相変わらず格好いい。

アフデ・ヴェファ〜サナートを歌う
 

今年の7月にも、アルバムを出しているのです。

10
トルコ風、が薄れちゃった気がして長らく新しいアルバムは購入していなかったけど…
「10」は「彼の持ち味のポップさ」が出ているらしいのですよね。
アルバムジャケットも、なんかジャンプしてるし(*´艸`*)(一瞬山田孝之さんに見えた)
久しぶりに聴いてみようかな?

 

 ブログランキングに参加しています♪応援していただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク











             

-その他音楽
-,

こちらの記事も書いています

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2017 AllRights Reserved.