=====スポンサーリンク=====



普段のくらし

【冬のお弁当に!】「保温弁当箱」と今話題の「フードジャー」を試してみました!

投稿日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

冬のお弁当・保温弁当箱とフードジャー記事イメージ

子供たちの「冬」のお弁当、温かいものを食べさせてあげたい!

 

普段は学校で「給食」を食べてくる我が子たちですが・・・
急きょ数週間「お弁当」を持って行くことになりました。

元々お弁当を作るのがあまり得意ではない私ではありますが、やらねばいけませんね。

しかし季節は「冬」・・・
この時期にお弁当を持って行くことになった子供たちは、食べが良くありません。
理由は・・・

「お弁当が冷たいから」⛄

ご飯もおかずも冷たいので、あまり食欲がわかないというのです💦

確かにねぇ・・・
大人はお弁当を職場で「レンジでチン!」することができ、美味しくいただけますが
学校ではそういうわけにはいかないですもんね。
この時期、冷たいお弁当を食べるのは・・・大人でも美味しくないですねぇ。

反省・・・m(__)m

私の子供時代は、「ゼータク言わないの!」と問答無用でありましたが(苦笑)
今は、性能の良い「保温弁当箱」「フードジャー」が出ているので
子供たちの「ほかほか弁当ライフ」を応援しようと、試しに購入してみました!

さあ、どれくらい「保温」できるものなのか・・・?

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

「保温弁当箱」は「スケーター」というメーカーのキャラクターもの

 

どうせ買うなら、国産ブランドにしたいなと思った私でしたが・・・
ネットで見てみると「お父さん仕様」の真っ黒でごっついタイプものが多いんですね。
あとは、OLさんが食べるようなスリムなタイプ。

子供たちは「キャラクター」が付いているものがイイと。
こんな大きなお弁当箱は食べきれないよ~・・・ということで、

「スケーター」という・・・メーカーの子供用キャラクター付き保温ジャー

を購入しました。(ごめんなさい、ちょっと聞いたことないメーカーさんなのですが💦)

 

お弁当箱の素材は以下の通り

保温ジャー 本体:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)
フタ:ポリプロピレン(発泡スチロール)
パッキン:シリコーン
底板:エラストマー樹脂

菜入れ   本体:ポリプロピレン
フタ:ポリエチレン

 

早々に懸念・・・なんだか素材が薄い気がする・・・大丈夫?

???
お弁当箱の素材を見ても、特に「保温」できるような特別感を感じなかったのと・・・
おかず入れが普通のポリプロピレン・・・大丈夫なのかな・・・?
よく「保温」してくれるものって「二重構造」になっているけれど、こちらは薄いステンレス・・・。

そして「中国製」と書いてありましたが・・・本当に「保温」してくれるの?

子供たちが気に入ったので買いましたが・・・早々に不安になっちゃった。

 

キャラクターは違いますが、同じメーカーの保温弁当箱の写真です。
右がご飯容器、左の2つがおかず容器になっています。

 

 

 

実証してみよう!「保温弁当箱」の実力はどうなのか?

 

まず・・・朝起きてすぐ!
6時くらいにご飯とおかずを入れて、粗熱が取れたらふたをします。

ご飯を入れたランチジャー(朝)

すみません・・・おかずの写真を撮るのを忘れちゃったので、後々写真を追加します💦

 

「保温」だから、熱々・ほこほこのままふたをするのかな?と思ったのですが、
「腐敗防止」のために、やはり、かるく粗熱を取る作業は欠かせないようです。

ちなみに、説明書によると・・・

「保温性を高めるために、容器にご飯を入れる前に「熱湯」を注いで温めておいてください。」

とあったので、線のあたりまで熱湯を入れて5分ほど置いてから、ご飯を入れています。

朝、空のランチジャー

熱湯を出し入れする際は、気を付けなくては💦

 

おかずの方は、いつも通りにおかずを作り・・・
粗熱を取ってから、詰めています。

 

そして、お昼まで付属のランチバッグに入れておきます。
6時間後、さあどうなのでしょうか?

 

 

 

お試し!お弁当のおともに、あったか~い「スープ」を!象印「フードジャー」の実力は?

 

こちらは、テレビやグルメ雑誌にも良く載っているのを見かけるものを購入。

「象印」のフードジャー 0.35L

いろんな大きさのものが出ているので、迷ったのですが・・・
我が家の子供たちは「スープ好き」なので、これくらいでいいかなぁと!

フードジャーの概要は以下の通りです。

 

おいしい温度をキープするステンレス真空二重まほうびんです。
汚れがつきにくく、洗いやすいつるつるクリアステンレス。
広口約6.5cm
本体丸洗いOKでお手入れ簡単!!

 

素材は特記していませんでしたが、ここに書いてある通り
ステンレスの二重構造でしょうか。
夏によく使う「水筒」と同じような感じですね!

同タイプのものの写真はこちら。

 

 

象印フードジャーにも、熱々のお味噌汁を入れておきます!

 

こちらには主に「汁もの」を入れて持って行く予定なので
今回は「お味噌汁」を入れてみました!

お鍋のお味噌汁を温め、煮立つ前に火を止めます。
温度を計っていませんが、この時点で「フーフー冷ましながら」頂く感じです。

 

朝、スープジャーのお味噌汁

ジャーの中に入れて、ふたを閉めます。

これで、先ほどのお弁当箱と一緒に小さな袋に入れて・・・お昼になったら開けてみます!

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

まずは「保温弁当箱」!熱々ではないが、冷たくはない!

 

さぁ、お昼!
朝6時にお弁当を作り・・・昼まで6時間経っています。
温かいお弁当・・・頂けるのでしょうか?

 

心配していた「保温弁当箱」ですが(失礼💦)

・・・・・・

容器が温かくないので、ドキドキしながら開けました。

昼、保温弁当箱ご飯

 

フォークですくってみると、ほんわかした「湯気」が出てきましたよ~!
食べてみると・・・
熱々ではないです・・・が!冷たくはない。

ほっこほこではなかったですが、これは十分に美味しいです♪
「熱い」ではなく「温かい」ですかね。

6時間経ってこれくらいのものが食べられるならば上等だなと思います!

 

おかずですが、
おかずも同様・・・「熱い」ではなく「温かい」
全然冷たくはないです!

レンジでチン☆できない環境で、これだけのものが食べられるならば十分だわ~。

 

そしてお待ちかね!「フードジャー」に入れた温かいお味噌汁は?…熱々だ!

 

昼、ランチ時のお味噌汁

 

容器は温度がわからない状態ですが、考えてみればこちらは「二重構造」でした。

開けてみると・・・
湯気がたくさん出てきています!

一口飲んでみると・・・こちらは熱々!
熱々のお味噌汁だ~(*^▽^*)

これは・・・さすが天下の「象印」さま!ということなのか・・・
いやはや、恐れ入りました(*´艸`*)

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

今回「保温弁当箱」「フードジャー」を試してみて思うこと・・・

 

 

結果!

ノンブランドの保温弁当箱→ご飯・おかずともにほんのり温かい

「象印」フードジャー→熱々のスープが頂ける

という結果になりました。

 

もしかすると、入れたもの・保存状況・時間によっては
多少結果の違いはあることでしょうが、そこはご容赦くださいませm(__)m

 

私が考えていたよりも、きちんと保温されていたので
子供が学校に持って行くには十分使えるものだな~と感心いたしました!

特に「象印」のフードジャーには感動!
冬のランチのおともに最適です♪

もしかすると・・・
「保温弁当箱」の方も・・・「象印」や「サーモス」にしてみたら
熱々で頂けるのだろうか?と考えてみたりしますが・・・まぁ、これは次の買い替えの時にでも!
購入をお考え中の方がいましたら、やっぱ「ブランド」は大事だとお伝えしたいです!

 

学校に持って行った子供たちは、喜んでました!
冬はお弁当を残して帰ってくることが多々ありましたが・・・
残さずに帰って来るんです。
やっぱり「温かい」ものが食べられるので、美味しいのだそうです。
お弁当を楽しみにするようにもなって、購入してよかったと思います(*^▽^*)

 

 

「象印」フードジャーは「調理」も出来るってホント?次やってみたい!

 

テレビでやっていたんですよ!
自宅で「すでに作ってあるスープ」を入れていくのではなく・・・
「フードジャーの中で作っちゃおう!と。

私が観たものでは・・・
フードジャーの中に冷凍野菜を「解凍」したものと、固形スープの素を入れて
熱々のお湯を注いで、軽く混ぜて持って行く・・・

というもの。

お湯の「予熱」でお昼ごろには「スープ」ができるそうなんです!

忙しい朝に楽ちん☆・・・と言っていたのですが、
どうなんでしょうね?
今度我が家もやってみたいと思います(*^▽^*)

 

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-普段のくらし

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.