=====スポンサーリンク=====



邦楽

【アイドルとアーティストの狭間で】森高千里さんの「ファイト!」と「ハエ男」

投稿日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

森高千里記事 沖縄の海イメージ

 

 子供の頃、憧れだった森高千里さん♪今でも好きです!

 

森高千里さんのファンだった子供時代。今でも懐かしくなって、よく曲を聴きます♪

今日は、森高さんの「ファイト!!」と「ハエ男」を中心に
森高さんの曲について、好きにお喋りしたいと思います♪

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

森高千里さんとは?

 

 

1969年熊本県出身。歌手・シンガーソングライター。
1987年に、歌手としてメジャー・デビュー。

自ら作詞を手掛け、圧倒的な個性を発揮。
また、同年代のOLの気持ちを掴む楽曲を多数発表している。

現在ではライブ活動を中心に、雑誌連載や音楽番組のMCなど多様な分野で才能を発揮して活動している。

 

森高さん、ドラムもピアノも演奏できるんでしたよね。
確か私の持ってるシャ乱Qのアルバムにも参加してたな~。

 

関連記事【90年代バンド】「シャ乱Q」について好き勝手に語る!

 

 

森高千里さんの「ファイト!!」(1991)

 

 

 

映像の「ファイト!!」はセルフカバーされた、しっとりとした曲となっていますが、
当時はアップテンポな応援ソング!という感じでした。

子供の頃、大林素子さんに憧れてて「バレーボール大好き少女」だった私。
この曲はバレーボールワールドカップのイメージソングとして起用されていたんです。

補欠でもあきらめないで!とか、汗が輝いてる♪とか
大好きなあの人に贈りたい!元気の出る一曲です。

懐かしーー。

今の森高さんが歌っているのを聴くと、
子供の部活応援しているママさんぽくて素敵ですね♪

私も子供に歌ってあげたいけど、残念ながら我が子はスポーツしてないの💦

 

 

 

森高千里さんの「ハエ男」(1993)

 

 

他にも、もっと名曲があるでしょ!!と言われちゃいそうですね💦

私にとっては思い出の曲なのです。

ウッチャンが「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」でこの曲で踊り・・・

シングルには「ハエ男・ハエ女ステッカー」が封入されてたんですよ!!

え?いらない?

私この「ステッカー」が欲しくて欲しくて・・・お小遣いためて買いましたもん♪

2枚あります!!<(`^´)>
もう1枚、どうしたのかというと・・・
CDレンタル屋さんで「ご自由にどーぞ!」と置いてあったのでもらってきたものです!

 

 

もちろん歌も、ちょっと皮肉入りで好きですよ~。
アイドルがこういう歌を歌うっていうのが、当時新鮮で眩しかったです!

 

MVも、今回初めて観ましたが
本格的に作られてて、映画みたい。(ちょっとマイケルジャクソンのMV思い出した)

「エイリアン」っぽい。

私的には「ハエ男」といったら、やっぱ「ザ・フライ」思い浮かんじゃいますが。

2013年には、後輩のアイドル「℃-ute」によってカバーもされています♪

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

森高千里さん、他には「非実力派宣言」「休みの午後」が好き♪

 

もちろん、「渡良瀬橋」とか「私がおばさんになっても」とか・・・
いわゆる「森高定番ソング」と言われる歌も大好きなんですけど

初めて聴いて衝撃を受けて「自分のテーマソング」に勝手にしている「非実力派宣言」。

故郷を離れて、初めてジーンときた「休みの午後」。

この2曲はリピートしてしまいます。

 

 

お子さんには「ロックンロール県庁所在地」などいかが?

 

1992年のアルバム「ペパーランド」の収録された「ロックンロール県庁所在地」
これも楽しい曲で、各県の県庁所在地を歌っていく・・・というもの。

2003年のミニモニ。カバーバージョンでは
埼玉県の県庁所在地が「浦和」→「さいたま」にちゃんと変わってます。

 

 

我が家も、子供が「社会科」で「県庁所在地」を勉強していた時に
引っ張り出してきました。

下の子の時も出してみよう(*´艸`*)

YouTubeに出ている、森高さんのセルフカバー版も、歌詞が変更されているので安心です♪

 

 

8枚目なのに「LUCKY 7」初めて買ったアルバム

 

 

擦り切れるくらい(っていう表現をCDではしないか💦)
聴いたアルバム「LUCKY 7」

アルバム名の由来は、枚数じゃなくって「デビュー7周年」から。

 

大好きで大好きで・・・

「短気は損気」とか「さよなら私の恋」とか、しょっちゅう口ずさんでいました。

 

当時小学生だったから・・・
ちょっとおませさんだったのかな?とは思うのですが
こういうお姉さんに憧れていたんですよね。
もう一人、平松愛理さんも好きで、よく聴いてました。

このような雰囲気の大人になれたかどうかは、話が別~~(*´艸`*)

 

では、またね♪

お読みくださった方、ありがとうございますm(__)m

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-邦楽
-

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.