邦楽

THE PINBALLSの「ten bear(s)」思いよ、振り返らずに山河をゆけ!

投稿日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

ピンボールズ テンベアTOP画像

 

本日はTHE PINBALLSの「ten bear(s)」とメジャーデビューの話題を!

 

今日はTHE PINBALLS(ザ・ピンボールズ)というバンドをご紹介♪

知ったきっかけはとある「WEBアニメ」でEDを担当していたことから。
物語のイメージに合った「インパクト大!」の楽曲でした!
格好良くて、驚いて他の曲もたくさん聴きました(*^▽^*)

私の世代だと…THEE MICHELLE GUN ELEPHANTとかTHE BLANKEY JET CITYっぽい感じでしょうか?

声がかっこいいなぁ~。
女性ボーカルのハスキー声もいいけど、男性のしゃがれたような声は
この声にしか出せない味がありますよね。

 

===スポンサーリンク===



 

 

THE PINBALLSって、どんなバンド?

 

THE PINBALLS(ザ・ピンボールズ)は2006年結成、埼玉出身の4人組ロックバンド

メンバー
古川貴之(ボーカル・ギター)、中屋智裕(ギター)、森下拓貴(ベース)、石原天(ドラムス)

バンド名は THE BLANKEY JET CITY、The Whoの歌詞から。
2011年”アンテナ”でCDデビュー。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやBLANKEY JET CITYに影響を受け、
The Who、The Rolling Stonesなどをルーツとする。

 

バリバリのガレージロッカーなのかなと思ったら
インタビュー記事ではきちんとした今どきのお洒落なお兄さんという感じ。

ロッカーに一体どんなイメージ持っているんだ!?と言われちゃいそうですが
彼らが影響を受けているバンドの過去の姿と比べると、だいぶ落ち着いている感が感じられる気がします。

 

THE PINBALLS「ten bear」はどんな曲?

 

 

よろしかったらMVをご覧くださいませ。

「ten bear」
訳すと「十匹の熊」ですね。

歌の中に出てくる「十匹の熊」は実際お部屋の中にくまモンがいるわけではなくて
自身の「思い」や「インスピレーション」の例えなのだとか。
たとえそれが「ポジティブ」なものじゃなくて「凶暴」なものだったとしても
その思いを隠さず表現しよう、という歌です。

例えがわかると、実にシンプルで秀逸な曲です。
激しすぎず、覚えやすい。

「振り返るな 山河をゆけ」(歌詞から引用)

というフレーズがすごく好き!

「ten bear」歌詞はこちらから

 

 

 

おまけ 「ニンジャスレイヤー ED」の「劇場支配人のテーマ」

2015年のアニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』で
第3話用のエンディングテーマとして流れていたのが「劇場支配人のテーマ」

 

YouTubeで【THE PINBALLS】「劇場支配人のテーマ」を探してみる

この曲で彼らのことを知ったわけですが
歌詞の中には、主人公の名前も出来なければ必殺技名も出てこない
いわゆる「アニソン」ではないのですが
「アニメの世界観」をきちんと捉え、ところどころにキーワードとして出てくるという
ヒジョーに完成度の高いエンディング曲です。

 

===スポンサーリンク===



 

 

【THE PINBALLS】12/6にミニアルバム「NUMBER SEVEN」でメジャーデビュー!

 

今までインディーズバンドだったんですね!!Σ(・□・;)
「メジャーデビュー」で作風がマイルドになっちゃう…なんてよく聞く話ですが・・・
彼らはアルバムのトレイラー聴いても、全然変わらないですね。
このアルバム、いい!

トレイラー観たら欲しくなっちゃった!

曲にも「聖レオンハルト」とか出てくるし、アルバム名も「セブン」
キリスト教とか七つの大罪がテーマなのかな?
詳細知りたいですね♪

NUMBER SEVEN
 

THE PINBALLS アルバム情報

 

12月6日にミニアルバム「NUMBER SEVEN」をリリース!
018年2月にツアー「NUMBER SEVEN tour 2018」を行う。

YouTubeで【THE PINBALLS】ミニアルバム「NUMBER SEVEN」trailerを観てみる

YouTubeで【THE PINBALLS】アルバム曲#1「蝙蝠と聖レオンハルト」を観てみる

 

「蝙蝠と聖レオンハルト」MVが格好イイことこの上ない!

最近はもう「音楽はまったり」楽しむのが常の私ですが・・・コレは本当にカッコイイ。
曲名だけ見て「中二病なの?」とか思わないで!
いや、中二病でもいいか(*^▽^*)
上記リンクから、ぜひ聴いていただきたいです♪

MVの舞台は「寂れたホテル」です。
物憂げに宝石を見つめる女性・道化の女性(同一人物?)揺れる照明が印象的です。
ゴシック調の豪華な家具の中で歌っているのに、
なんだか荒廃感を感じますよね…
景色の荒廃というよりも心の荒廃。

 

聖レオンハルトとは?

私も知らなかったので調べました!

聖レオンハルトとは「キリスト教」の聖人で【ノブラのレオンハルト】とも呼ばれます。
数々の奇跡を起こしヨーロッパで愛され。ドイツでもお祭りもあるようですね。
「ノブラ」とは彼の修道院のあった地名です。

囚人や捕虜、産婦、悪魔に囚われた人や病人、病気の動物や家畜の守護聖人なのだそうです。

罪を犯したと言われる人をも守護してくれる、聖人なんですね。
歌詞の中にもチラッと出てきますが、心が広いですね。

そんな心の広い聖人にも許されない罪ってあるのでしょうか・・・?

 

 

「THE PINBALLS」を聴いて、自分の「ten bear」刺激してみませんか?

 

「THE PINBALLS」を知らないな~という方は、ぜひ一度音楽を聴いてみてください♪

本日もお読みくださり、ありがとうございました!
(風邪長引いてます💦)

 

 

 

 ブログランキングに参加しています♪応援していただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク











             

-邦楽

こちらの記事も書いています

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.