映画

【感動の実話】映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」猫好きなあなたに。

更新日:

 

【猫好き必見!】『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

少し前からTV番組などで猫のボブと一緒に来日して、映画の宣伝をしているので
観たことがある方・ご存知の方も多いでしょうか?
番組でも特集されていましたね。

ハリウッド俳優さんが来日・・・というのも、すべての人ではないのに・・・

「この男性と猫ちゃんのボブは何者なの!?」

私は思いました。知らなかったんですよ💦
でも…知らないことは、どんどん調べましょう♪

 

===スポンサーリンク===




 

ボブという名の猫…ベストセラーの本だった!?そして「実話」

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」という名は、映画の邦題です。

そしてこの映画は
2012年にイギリス人のジェームズ・ボーエンさんが「実話」…【自伝】として執筆した

「 A Street Cat Named Bob」(ボブという名のストリート・キャット)

という続編含む2編が原作となっているのです。
この本が売れない時代に、世界中で累計1千万部ですって!Σ(・□・;)
大・大ベストセラーですよねぇ♪

↓↓日本語訳版の本も出ています!!ぜひ読んでみてくださいな↓↓

ボブという名のストリート・キャット
 

しかもこのジェームスさんは、商業作家さんでも何でもない
・・・路上演奏をして細々暮らすホームレスだったというのです。
狙って(…と言ったら言葉が悪いですが💦)ヒット作を出す作家さんでは出せない
リアルな感情・感動を綴られたからこその成功なのではないでしょうか😊

そしてその成功を支えた【友達】が猫ちゃんのボブなのです。

さて、そのヒット作の映画化…一体どんな作品なのでしょう?

 

 

===スポンサーリンク===




 

「ボブという名の猫」見どころ!本物の「ボブ」と「ハイタッチ」「肩ピョン」

まずは、映画の簡単な紹介を・・・

【あらすじ】
ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。
人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に
突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、
やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになる。

 

 

公式サイトはこちらです!
映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」オフィシャルサイト
なけなしのお金をはたいて野良猫を助けたはずが、本当に救われたのはどん底の生活を送っていたストリート・ミュージシャンだった―『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、...
 

 

 

さすがにジェームズさんは、俳優さんではありませんので…ご本人役は無理かな?…
と思ったら、カメオ出演されています(^_-)-☆どこにいるかな~?

スゴイのは…ボブ!
俳優猫ちゃんでもないのに、頑張って演じきったというじゃありませんか!
さすがに「スタント猫」たちに助けられての撮影だったそうですが。
動物がテレビや映画に出演するのは、とても大変だと聞きます。

そんな中、得意の「ハイタッチ」や「肩にピョン」と乗る可愛いしぐさも披露しています。

アカデミー動物賞があるならば・・・あげたい!
ボブは…ちゅ~るの方がいいかな?
・・・来日しておやつに「ちゅ~る」をもらってお気に入りになったんですって☆

イギリスという・・・一見豊かな国の都会に垣間見える問題もしっかりと描き、
救った猫によってまた救われた人間との絆をも感じられる・・・いい映画です。

お時間がある方はぜひ観ていただきたいです!
ご友人ご家族恋人・・・大事な人と一緒に「絆」を感じてみませんか?

最後に・・・

この作品・・・原作は「2編」あると書きました😊

そう・・・原作は続編もあるんですよ!

ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険
…ということは…もしかしたら映画もまた続編に期待できるかもしれません。
ボブはちょ~~っと大変になっちゃうけれども。

こうして動物がエンタメの世界に飛び込む、ということが
彼らにとっての幸せなのかはわかりません。賛否両論あることでしょう。
しかし、元々ストリートキャット…日本でいうところの「外猫」だったボブ。
【自由を満喫していたであろうボブ】が、自ら選んで付いて行ったジェームズさんと一緒ならば
きっと幸せなのではないかと…
いち鑑賞者である私は思うのです。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」は
全国で公開中です。

が…
上映館が多いのは東京くらいで、あとは公開されるのが「いち地方で一館」というところが多いです。
こんなにいい映画はぜひともたくさんの映画館で長く上映してほしいものです💦

 

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

 ブログランキングに参加しています♪応援していただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク











             

-映画

こちらの記事も書いています

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2017 AllRights Reserved.