邦楽

【ラブソングの帝王はこの人!】鈴木雅之さんとラッツ&スター、ヒットソング「恋人」を語ろう!

更新日:

 

鈴木雅之 恋人TOP画像

 

今日は鈴木雅之さんの名曲「恋人」をご紹介!

 

本日は鈴木雅之さんの「恋人」

ま~た普通の選曲ですが…これはTV番組で歌っていたので仕方がないのです( ̄ー ̄)ニヤリ
ちなみに一番好きな曲は『別れの街』です。これは別の機会に♡

 

 

歌手 鈴木雅之ってどんな人?

まずは鈴木雅之さんのご紹介
1956年9月22日東京生まれの60歳。
幼いころよりR&Bが大好きで、姉で同じく歌手の鈴木聖美(ビートルズがお好きだそう)
にも強い影響を受けている。
風貌は一貫して濃いサングラスにヒゲを生やしている、髪型は結構変わっている。

一見怖いオジサンに見えるが、トークは軽快で面白い♪

一時期歌番組で見せていた「夜の大人のオトコ風キャラ」がすごく好き。
そんなキャラ設定を作っておきながら、実はお酒は飲まなかったりする。
喫煙者であったが、40代ごろから「喉の維持のため」禁煙している。
「歌手としてベストを尽くすために」「もっと早くから禁煙するべきだった」とインタビューで語っている。

 

===スポンサーリンク===




 

 

シャネルズから「ラッツ&スター」へ。コラボ・カバーに幅広く活躍!

 

 

シャネルズ・ラッツ&スターのメンバーは同級生たち

1975年鈴木が高校時代の仲間の田代、中学の時に同級生だった佐藤・久保木とシャネルズを結成。
結成当初参加メンバーはは新保と高橋。

田代は学校こそ違ったものの、鈴木・田代共にかなりヤンチャをしていた時代に出会い、
音楽の話で意気投合。鈴木の家によく田代が遊びに来ていたという。

1980年、「ランナウェイ」でデビュー。
1983年、グループ名を「ラッツ&スター」に改名。

 

シャネルズ、という名前の由来は?そしてラッツ&スターへの改名の理由は?

 

コレ、実は知らなかったんですよ。
シャネルズに関しては
昔々アメリカのドゥーワップのグループで「チャネルズ」って居たので、
その方たちが由来かなぁ~?と思っていました。

調べたら、「シャナナ」(こちらもアメリカのグループ)+「チャネルズ」
そしてヒットを飛ばしたグループに「C」が付いていたので自分たちも付けたとか。

しかし、
お客さんから「チャネルズ」と間違えて呼ばれたり、
こちらは噂ですが、あの有名ブランド「シャネル」からクレームが来たり…など
どうしようかなぁ…と思わせる出来事が多々あったようです。

そして、メンバーが不祥事で書類送検される…という事件が起こってしまい、
再活動する際に「どぶねずみ達から星」になろうじゃないかという意味で

「RATS&STAR」

と名付けられたのだそうです。

この「ラッツ&スター」、反対から呼んでも「同じ」になります!

そうして彼らはその名の通り…歩んでいくことになるのですね、途中までは…。

 

鈴木雅之さんは「ソロ」として本格活動・・・仲間たちはそれぞれの道へ

 

1986年にソロデビュー、山下達郎・小田和正などをプロデューサーに迎え数々のヒット曲を世に送り出す。
最大のヒット曲は1992年の「もう涙はいらない

 

90年代後半には、ゴスペラーズともコラボ。ユニット「ゴスペラッツ」も生まれる。
デビュー〇〇周年ごとに各イベントを精力的にこなす。
還暦を迎えた今現在も、ステージ・歌番組などで力強い歌声を聴かせてくれる。
新曲もリリースする一方、プロジェクトとして「カバーアルバム」も出している。

またメンバーは
バラエティ番組やプロデュース、講師など…それぞれの道で頑張っている。

ちなみに・・・
「ゴスペラーズ」とのコラボ企画が可能となったのは
メンバーの佐藤善雄がプロデューサーとして彼らを育てたため。
今ではなんと!!レコード会社の社長さんですが、音楽活動も積極的に参加しています♪

 

メンバー田代まさしさんの不祥事…それでもラッツはまだ終わっていない!

 

中でも、志村けんに見いだされバラエティタレントとなったメンバーの田代まさしさん
田代さんの活躍は、同じくバラエティ界に行った桑マンこと桑野信義さんと共にスゴイものでした。

私は子供のころ、彼の活躍を見て育ちましたから…。

バラエティの司会・CMで観ない日はないくらい。
マーシーのグッズも出ていましたからね。

その明るくて人気者のイメージの田代さんが「逮捕」されたというニュースは
当時信じられないものでした。
志村さんやラッツのメンバーも怒り、
番組から彼の姿は消され、ラッツ&スターも事実上の活動休止。
(当時ラッツ復帰予定があったそうですが、流れてしまったそうです)

その後出所してはまた逮捕…と繰り返し…
今では講演など、少しずつ活動をされているようです。

他の活動はできなくても、「ラッツ&スター」だけはいつか!と思ってくれているみたい。

田代さんのことがあったときに、リーダーであり…子供のころからの友人の鈴木雅之さんは
本当に怒りと落胆をあらわにしました。他のメンバーみな同じ気持ちだったでしょう…

でもね…「ラッツ&スター」を解散はしていないんです。

田代さんがいてこその「ラッツ」だと・・・どなたかが言っていた気がします。
彼が立ち直ってくれるのをメンバーは皆待っているのではないでしょうか?

田代さん、私も待っていますよ!!
死ぬまでにはもう一度、ラッツ&スター全員集合している姿を観たい!
みんな揃った「ハリケーン」が聴きたいなぁ。
また「星」のように輝いてくださいね!

 

===スポンサーリンク===


 

【カラオケで歌いたい名曲】鈴木雅之の名曲「恋人」を語ろう!

 

「ラッツ&スター」について語っていたら熱くなってしまって、メインの「恋人」のご紹介が遅くなりました💦

 

 

先ほど紹介した鈴木雅之さんのナンバーワンヒットシングル「もう涙はいらない」の
次!!にヒットしたシングルがこの「恋人」

ローソンのCMでも流れていましたね♪
なぜローソンだったのかは不思議ですねぇ。「この街角で」あたりの歌詞しかマッチしてない気もしますが(苦笑)
そこは言いっこなしですかね(*´艸`*)

歌詞の内容としては「悲恋」ソング。

片思い、なのか叶わぬ恋をした男性の切ない恋心が歌われています。

歌詞を読むと、恋した女性には「想い人・または恋人」がいるのですね。
それを知りながら好きになってしまう・・・あぁ切ないですね😢

「いいから俺のものになれ!」な歌詞ではなく、「恋する人を想い見つめるしかない男」
というのが【バブル終焉期】にマッチしているのかなと思います。

歌詞の二人はどうなったのかな、なんてたまに思いますねぇ。
アンサーソングできたらどうしましょう~?

 

鈴木雅之さんの「恋人」はMVを見てカラオケを歌おう!

いち押しポイントは・・・とにかく「MV」
ミュージックビデオですね!!
カラオケなどでもたまに「本人映像」で流れるところがあります!

よくモノマネされる鈴木雅之さん。
モノマネ芸人さんがやたら手を動かすので「そんなに動かしてないし!」と思ってたらしいのですが
この「恋人」のMVを観るとわかるのですが、かなり手が動いてます!
ご本人も「あ、動いてたね、結構」と笑ってたそうですので
きっとこれがモノマネポイントかな?

マーチンを観ながら、ちゃんとマーチンになりきって歌うことができますよ~。
ぜひこの年末のカラオケシーズンは、雅之さんになりきって歌ってみてくださいね♪

 

「恋人」のカバーをしている方もいますが、ここまで歌えるのは鈴木雅之さんご本人だけ

 

この歌に関しては、カバーされている方もいらっしゃるようですが
ご紹介できないくらいに「マーチン」の楽曲です。

頑張って「これぞ!」というものをネットで調べてみましたが・・・見つかりませんでした💦
他の人は無理じゃないかなと思う・・・。

そろそろ若い世代の人たちがカバーしてもいいのではないかと思うのですが・・・
鈴木雅之さんを超えていく方がいるのか…
または違うアレンジで聴かせてくれるならいいのかなぁ~?

 

あえて選んでみた!「恋人」カバー希望歌手

一番は、やっぱり玉置浩二さん!
理由は好きだからです!

あとは・・・Skoop On SomebodyのTAKEさん。
歌手として中堅クラスでは、かなりの歌唱力を持っている方だし、
理由は好きだからです!(*´艸`*)

石井竜也さんとか久保田利伸さんもいいですねぇ。

若者!若者から選びたい!・・・
う~ん・・・
Suchmos(サチモス)のYONCEさん。
やっぱり好きだからです(*^▽^*)

 

YouTubeで鈴木雅之さんの「恋人」を探してみる

Amazonで鈴木雅之さんの「恋人」を購入する>>>恋人

「恋人」の歌詞

 



 

 ブログランキングに参加しています♪応援していただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク











             

-邦楽
-

こちらの記事も書いています

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2017 AllRights Reserved.