邦楽

【キンモクセイ特集】セミファイナル!「超現実的な世界観」愛の食事/キンモクセイ

投稿日:

バンド キンモクセイ特集! 「愛の食事」シングルではないけれど…

こんにちは😊花れんです。
皆さんの住む街では、雨はあがりましたか?

本日はキンモクセイ祭り・セミファイナル!と銘打って「愛の食事」のご紹介です。

キンモクセイをあまり知らない方にも楽しく読んでいただけるように…
曲を聴いてもらえるきっかけとなれるように…シングル曲を紹介します!!
…と書いた気がします…いえ、書きました!

が!

これだけは~~💦
これだけは書きたいのです!ということで書いてしまいますm(__)m

 

 

その前に…
【開催中のキンモクセイ祭り、他の記事はこちら】
よろしかったらお立ち寄りくださいませ♪

 

キンモクセイ「愛の食事」はどんな曲なの?

愛の食事」は2003年発売のアルバム『風の子でいたいね』に収録されています。


曲の購入はこちら>>>風の子でいたいね

 

そして、翌年2004年発売のシングル『二人のムラサキ東京』のカップリング曲となっています。


曲の購入はこちら>>>愛の食事 (New mix like 60's)

アルバム曲のひとつであり、カップリング曲でもあるということです。

シングルじゃないじゃん!…じゃあマイナーなんでしょ?と…思う方は多いでしょう。
しかし、2度にわたってCDに収録されているという事実。

良い曲だからですよ!!(≧∇≦)

オトナの事情は知りません!(*´艸`*)
でも、良い曲なのは真実ですよ♪
いいじゃないですか!マイナー万歳です!
違いの分かる…ってことにしておきましょう(^_-)-☆ダバダー

 

「愛の食事」歌詞の特徴や曲調は?

 

まず最初に歌詞はこちらから。

「愛の食事」という曲名から、「ラブラブランデヴー」な曲なのか?
それとも井上陽水さんとかが書くような「夜の似合う大人の恋愛ソング」なのか?
…と思いましたが…
これがなかなか「若者特有の」リアルな世界観・恋愛観を歌った歌な気がいたします。

「~~したいなぁ」とは思いつつ、実行には移さなかったりする若者の無気力感。
それが生活だけじゃなくって、恋愛でさえも
自分は相手のこと本当に好きなんだろうか~?なんて思ったり。
思ったりしながらも、愛の食事は致します、なんてね。

自分もそうだったけど
「愛してる」「ずっと一緒」と囁くだけの恋愛をする若者なんているんだろうか?と思いますので…
この歌詞のように無気力になったり、急に元気やる気になったと思ったらやっぱり不安になったり…
という「揺れ」がある方が、リアリティーがあるなと思うのです。
すごく共感できるなぁ~。

アラフォーくらいになったら、もうこういう歌をするりとは書けないのではないかなぁ?
当時の伊藤さん素晴らしいです!

ごめんなさいね💦どういう意図で作られたかということが、
じっくり調べながら書けていないので…あくまで私の感想ですよ~。

曲調は…う~ん…
イントロが、アレに似てます!(アレって?)
サイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道」を歌謡曲ぽくしたような?
ちょと違う?

===スポンサーリンク===



 

「愛の食事」男と女の間には・・・いろいろある!!

 

何があるんだろうね?
溝くらいならいいけど…いろんな障害物がありそう(苦笑)
跳び箱だったら飛び越えられるかもしれないんだけどねぇ(*´艸`*)

でも溝を埋めるのも、飛び越えるのも自分にしか出来ないんですよねぇ。

「男と女の間」をテーマにした曲も結構たくさんあるけれど
それを打破した曲ってあまりない気がします。「超えていけソング」というか。
みんな溝や壁の手前でウロウロ~…
この年になって思いますが、女の人は「あなたが来ればいいじゃない派」が多い気がします。
心底ワガママで言ってるんじゃなくて、ツンデレなんだと思う(苦笑)

そこを広くあったかい心で、男性は許して「超えて行って」あげて欲しいなぁ~。

年齢を重ねた男性にしかできない技ですよねぇ。
え?年齢を重ねても出来ない?
それなら男女一緒に「超えていけ」ですね(*^▽^*)
「超えて行って」手をつないだらいいんですよ!

あ、最後「愛の食事」関係なかった!Σ(・□・;)

 

 

まとめに入る前に【キンモクセイ祭り他の記事はコチラにもあります(^^♪】
見てくださると嬉しいです♪

 

 

 

 

まとめ キンモクセイ「愛の食事」は良い曲♪

・・・と強引にまとめることにします!

時に弱く、醜い心が出てしまうのが人間だけれども
そんなところも全てを含めて「いとおしい」と思える人に出会えたらいいですよね♪

「愛の食事」機会がありましたらぜひに聴いてみてください(*^▽^*)

読んでくださった方、ありがとうございます♪m(__)m

 ブログランキングに参加しています♪応援していただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク







-邦楽

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2017 AllRights Reserved.