藤田和日郎さんの『邪眼は月輪に飛ぶ』を読みました!

更新日:

邪眼は月輪に飛ぶTOP用シロフクロウ

藤田和日郎さんのマンガ「邪眼は月輪に飛ぶ」を読みました!

 

藤田和日郎さん、
大好きな漫画家さんです。

…とは言っても、読むようになったのはつい最近でして💦スミマセン

代表作「うしおととら」の頃は小学生でしたが、
「少年サンデー」を読んでいませんで…m(__)m

高校生の時に、授業中にマンガを回し読み(良い子はしてはいけませんよ~)してた時に
「うしとら」回ってきたのですが・・・「絵が無理!」とあきらめて
「天は赤い河のほとり」読んでしまってた私。

ゴメンナサイ。

読むようになったきっかけは数年前に「うしおととら」アニメ化したものを視聴してからです。
 原作全てをアニメにし切れなかったというので、読み始めました。

そこから、藤田先生の他の作品も読むようになったので
今回は「邪眼は月輪に飛ぶ」」のご紹介!

読み応えがありました!!

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

「邪眼は月輪に飛ぶ」のあらすじ

東京湾で座礁した米軍の空母から、一羽の鳥が逃げた。
空母の中はまさに地獄。一人残らず死んでしまっていた。

逃げ出した鳥は、東京上空を飛び回り、おびただしい数の死者を出す。
日本政府も自衛隊を出すが、全員鳥に見られ犠牲になってしまった。

その鳥とは、その眼で見られた者は全て死んでしまうという
一羽の恐ろしいフクロウ「ミネルヴァ」だった。
かつてそのフクロウを一度は撃ち落としたマタギの鵜平は
米軍の要請を受け、娘の輪と共に再びフクロウに挑む!

 

「邪眼は月輪に飛ぶ」ミネルヴァを攻略するには?

見られるだけで死んでしまう鳥…攻略法を考える!

見られただけで死んでしまう鳥、あなたならどうする?・・・

マタギの鵜平が主人公であるので、彼がどうにかするんだろう・・・とは思いつつも
どうやって勝負するのか・・・全く決着シーンが思い浮かびません!

 

見られたらダメなんだから、隠れて攻撃すればいいじゃん
➡狙撃する際に顔出した時点でOUT

じゃあ、鳥がいる地点を爆撃するしかない!!
➡鳥が移動したらOUT

邪眼と瞳術どちらか勝つのか勝負、または破幻の瞳で対抗する!
それでも困ったら、薬師寺天膳も参戦!(甲賀忍法帖より)
➡花れんしか満足しない、スーパーマンガ対戦

 

などなど・・・好き勝手に対策を考えた私でしたが、いい案が思い浮かびません。

これはもう、やっつけるのではなく
宇宙などに送ってしまうか、密閉空間に閉じ込めて眠らせて、地下深くに保存か
そういう終わり方なのでは?と思うしかなかったです。

それでさえも、見られたらダメですから難しいですよねぇ。

 

ちなみにフクロウは「幸運・知恵」のシンボル

 

ギリシャ神話では女神アテナ(知恵の神)の象徴だったので、童話やアニメなどで
フクロウさんが「物知り」や「博士」が多いのはこういう背景があるようです。

縁起がいい!としてシンボルマークやグッズもたくさん出ていますね。(幸運を運んでくれるそうですよ)

一方、東洋では…
「親を食べて成長する【不孝鳥】」として縁起が良くないとされていたのですが
実際にフクロウにこういう習慣はないそうで、どうしてこうなったのかわかりません。
もすかすると夜行性のもの=縁起が良くないということだったのかも。

今では、「幸運を運ぶ」と言われている鳥:フクロウ
奇しくも女神アテナの名前「ミネルヴァ」と名付けられたフクロウが、人に死をもたらす物語。

時代や場所で「正」か「邪」かが違うなんて
結構人間も適当なのかなと思ったりしないでもないです。
フクロウも何もしてないのにかわいそうに~。

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

「邪眼は月輪に飛ぶ」ストーリー感想

物語は、一度ミネルヴァと対峙し、もう少しで仕留める!というところまで行ったマタギの鵜平と
その娘の拝み屋さん(巫女のようなもの)輪を中心に進みます。

2人の関係は最悪で、娘はとある理由で父を恨み続けています。

最後は分かり合えるのですが、
この人間関係の「一度絡んだらほどけない辛さ」の描写が秀逸で、読んでて辛かったです。

「お父さん」ってそういうものなんだろうけど、
いつでも子供を守りたくて、格好良くありたいものだろうから
自分の想いを言わないから、わからないんだよね。

そんな親子関係の泥沼に絡んでくるのが、米軍関係者ですが
お疲れさまです、としか言いようがない!
よく鵜平さん見つけましたよねぇ~。

頭脳派(元優秀なパイロットさんですが)のケビンと現場経験豊富な軍人マイケルのキャラクターも良かった。
(映画観てるみたいでしたね)

 

一番印象に残るのは、フクロウの「ミネルヴァ」です。

 

悲しいフクロウ「ミネルヴァ」対峙する人も動物も何もない鳥

東京を・・・壊滅に追いやる、物語の「悪役」であるフクロウの「ミネルヴァ」ですが
最後まで読むと悲しくてなりません。

どうやって生まれたのかは描かれておらず、
「突然現れた」と中でも言われているだけの謎のフクロウなのですが

おそらく…生まれつきの「邪眼」なのだとしたなら・・・
きっと自分を産んだ母すら亡くし、兄弟も亡くし、仲間もおらず
他の動物すら皆、彼の前に立つものはなかったのでしょう。

孤独だったのでしょうね…そう思うと、行動の数々も
「滅ぼしてやろう」と意思を持ってやったのかさえ、疑問に思えてきます。

もちろん人類滅亡の危機なのですから、どうにかしなければいけない鳥ですが
「悲しい」
そう思ってしまいました。

藤田先生の漫画は、「悪役」にも人生の背景や「心」があるのだということを
いつも描いている気がします。
それが「人間」でも「人でないもの」でも、喜びも悲しみもある。
「いいなぁ」という羨望もあるんですよね。

そんな「グレーな感情」を毎回見事な手腕で魅せてくださいます。

 

 

最後に 物語の結末はマンガでどうぞ!

親子はこのフクロウにどうやって挑むのか・・・
物語の結末は、どうぞ「マンガ」でお楽しみください。

 

 

かれん
この物語のフクロウ【シロフクロウ】は「ハリーポッター」のハリーの飼っているヘドウィグと同じフクロウさんなのだそうですよ☆

 

藤田和日郎 ビッグコミックス

 

 

 ブログランキングに参加しています♪応援していただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク











             

-

こちらの記事も書いています

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2017 AllRights Reserved.