=====スポンサーリンク=====



洋楽 映画

【枯れた砂漠に咲いた一輪の花】コーリング・ユー/ ジェヴェッタ・スティール~映画 バグダッド・カフェより~

投稿日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

バグダッドカフェイメージ

映画「バグダッド・カフェ」主題歌「コーリング・ユー」

 

毎日たくさん仕事をして、たくさん嫌なことがあっても我慢してこなして・・・
食べなきゃいけないから食べて、シャワー浴びて寝る・・・そしてまた仕事に行く・・・

ふとある時に「何やってんだろうな、わたし」と立ち止まって、
なんだか全部がどうでもよくなったとき・・・
全部捨ててしまいたくなったとき、
渇いた自分が嫌になったときに、観て欲しい映画が「バグダッド・カフェ」です。

神様に感謝などしていない、イライラの塊のような人間の前でも
咲いてくれる「花」がここにはあります。

 

「バグダッド・カフェ」簡単なあらすじ・スタッフ・主演ご紹介

バリバリのハリウッド映画ではなく・・・
西ドイツ映画(アメリカ共同製作)です。
監督:パーシー・アドロン、音楽 :ボブ・テルソン、出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト

【あらすじ】
ドイツからの旅行者ヤスミンは、アメリカ旅行中に夫と喧嘩をし車を降りてしまう。
彼女はトランクを提げて歩き、砂漠の中にあるさびれた「バグダッド・カフェ」にたどり着く。
そこに居たのはいつも不機嫌な女主人のブレンダをはじめとした、変わり者ばかり。
モーテルも兼ねている「カフェ」にしばらく泊まることになるヤスミン。
ドイツ人のため、言葉が通じないヤスミンにブレンダはイライラを募らせる。
ところが…ヤスミンが現れてから皆の心は少しずつ癒されはじめていた。
(1987年公開:日本では1989年)

 

 

面白い!!というよりも「人生の味わい」を感じる映画「バグダッド・カフェ」

 

苦いか甘いか、感じ方は人それぞれでしょうか?
味がしない!と感じる人もいるかもしれませんね。

「ワクワク」も「刺激」も「冒険」も、この映画にはありません。
しかも…観てるだけで喉が渇きそうな「砂漠」と「ちょっと訳アリの人たち」ばかり出てきます。

これがタランティーノ監督だったら…
きっと「波乱」を含んた日常系会話劇からの、そして誰もいなくなった!!という展開をしてくれるのでしょう。
が!
それもありません。(すごく観たいけど)

言葉がわからないドイツ人のオバチャンとイラッイラしてるモーテル経営のオバチャン。
一見正反対のこの2人は、実は「負」の感情を持った同志、なんですよね。
だって…ドイツ人オバチャン、旅行中に夫婦喧嘩してそのままサヨナラしてきたんですよ!
穏やかな朗らかなイイ人そうに見えるけれども、心の中は雨降りだったに違いないんです。
でも、その闇を払おうと穏やかに「今自分にできることをした」結果、
周りの人たちの闇も払うことになったのではないかなぁ・・・。(あくまで私の意見ですよ)

一人、皆が打ち解けていったカフェから出ていく女性がいるのですが…
この女性の行動に、すごくリアリティを…人間らしさを感じました。
彼女はきっと、今までの「うらぶれた渇いたカフェ」も好きだったんでしょうね。
一人の人間に、自分のすべてをゆだね変わることが怖かったのか疑問を感じたのか…
本音はこの女性にしかわかりませんが、この「生き方の違い」を見せてくれるシーン、好き。

・・・この「バグダッド・カフェ」実在するんですよねぇ。
行ってみたいなぁ・・・(*^▽^*)

 

初めて「バグダッド・カフェ」を観たのが高校生の時…微妙でした。

 

部活の顧問の先生に勧められ、観たのが高校3年生のとき。

正直、まったく良さがわかりませんでした。
子供だったから、カフェの人たちが何がしたいのかがわからなかったんです。

大人になってから改めて観て…
冒頭に書いたような、何もかもダメで疲れてる時でしたかね(苦笑)
ドイツ人の太ったオバチャン「ヤスミンさん」に癒されてしまったんですね。
このオバチャンも、異国で一人になって言葉もうまく通じなくて
なんか怒ってる人はいるし…そんな環境でもなんとか咲こうとしているんだ!と思ったんです。

「砂漠で、懸命に咲こうとしている花」に見えたんです。

私の浮世の悩みを、魔法で消してくれた・・・というのかな?

その日から、私のお気に入りの映画のひとつなんです(^_-)-☆
あ、もちろんTHE ハリウッド!!という感じの映画も大好きですよん♪

 

===スポンサーリンク===



 

映画の主題歌「コーリング・ユー」が素晴らしい!

 

映画の音楽担当、ボブ・テルソン作の「コーリング・ユー」。
歌っているのはジェヴェッタ・スティール
(ポケモンじゃないですよ、歌手ですよ(*´艸`*))ジュペッタって打っちゃった

映画に合わせて作られた歌なので、実際に観ないと意味が分からないかなとは思います。
が、本当にたくさん世界中でカバーされている名曲です。

YouTubeで「コーリング・ユー」を探す方はこちらへ。

サントラも、いいんですよぉ…これが。

まとめ   「バグダッド・カフェ」ぜひエスプレッソをお供に♪

 

ちょっと疲れたかなぁという時に
エスプレッソなんぞ飲みながら(今粉コーヒーしかない・・・そんな私です(*´艸`*))
あなたも「バグダッド・カフェ」に立ち寄ってみませんか?

 

最後、ドイツ人のヤスミンさんにプロポーズする
ジャック・パランスさんが・・・好き!・・・な花れんがお送りしました(*^▽^*)

 

 

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-洋楽, 映画
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.