=====スポンサーリンク=====



洋楽 映画

【懐かしの洋楽】ブライアン・アダムスと映画「ドン・ファン」

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

ブライアン・アダムスと映画記事イメージ

 

ブライアン・アダムスの (Everything I Do) I Do It For You

 

もともと、洋画が好きだったことから洋楽も聴くようになったのですが
「映画」が大きなきっかけになって、よく聴くようになったのは

ブライアン・アダムス

中学生当時は、ハリウッド俳優といえばケビン・コスナーが人気でしたが
そのケビンが出演していた「ロビン・フッド」の主題歌でもあった

「(Everything I Do) I Do It For You」

初めて聴いたハスキーというか、独特のしゃがれた声が素敵で
ドラマチックなバラード曲も映画とよく合っていて、毎日聴いていました♪

今日は、ブライアン・アダムスと、彼の曲が使われた映画について
お喋りしたいと思います♪

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

 

まず、ブライアン・アダムスってどんな歌手?

 

 

1959年生まれの58歳、カナダ出身の歌手。
10代で音楽活動を始め、1980年にデビュー。
1984年に発表したアルバム「レックレス」からシングルカットされた「ヘヴン」で
自身初のビルボード、シングルチャートの1位となる。

数々の映画主題歌にも使用されており、ヒット曲も多い。
写真家としても活動している。

 

 

ドラム以外の全てのパートを演奏することができるという、器用な方。

近年では、アニメのサウンドトラックを手掛けたり
世界各国のホテル室内で録音されたアルバムを出したりと
変わらずファンを楽しませてくれている。

 

 

ブライアン・アダムスとハリウッド映画

最初は1989年、クリント・イーストウッドの「ピンク・キャデラック」劇中歌の作詞

「ピンク・キャデラック」自体が、イーストウッドの…どちらかというとアウトロー的な役の映画です。

劇中歌の作詞・・・とうことで、爆発的なヒットとなったわけではないのでしょうが
これが縁で劇中、ガソリンスタンドの店員さん役で出演しています。

ブライアン・アダムスは、俳優さんでもおかしくないルックスだと思うので
俳優さんとしてもやって欲しいくらいですが・・・そちらの話は全然ないですね。

 

映画『ロビン・フッド』のテーマ曲「(Everything I Do) I Do It For You」が大ヒット!

 

楽曲も映画も1991年。
(もうそんな昔なのですね💦)

映画は、あの中世イングランドの英雄「ロビン・フッド」の伝記的なもので
私は大好きなのですが・・・じつは「ラジー賞」・・・しかも主演男優賞を受賞してます(苦笑)

モーガン・フリーマンや、クリスチャン・スレーター…アラン・リックマンも出ていて超豪華!

中世のお話・・・というのが、好みが分かれるところかもしれませんね。

「(Everything I Do) I Do It For You」はこちらから

曲がとにかくいい!ドラマチックです。

 

 

1993年の「三銃士」でもロッド・スチュワート、スティングとテーマ曲を歌う!

 

 

「三銃士」も大好きなお話で
映画は原作やアニメよりも華やかでわかりやすくてオススメ。
ま~私は俳優さんが好きなだけですね💦

チャーリー・シーンに、若かりし頃の格好良かったキーファー・サザーランド
初々しいクリス・オドネル・・・そして美しいガブリエル・アンウォー。

ロッド・スチュワート、スティング、そしてブライアン・アダムスの超豪華3人で歌ったのが

「オール・フォー・ラヴ」(All for Love)

歌い出しからサビからすべてが格好いい(*^▽^*)
3人とも大好きなミュージシャンなので、テンションが上がります♪

あぁ、また映画観たくなっちゃったな~。

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

 

そして1995年の映画「ドンファン」のテーマ曲「リアリー・ラヴド・ア・ウーマン」

 

 

 

キャスティングに惹かれてたまたま観た映画の主題歌が、ブライアン・アダムスだったという
運命的なものを感じた曲。

原題は「Have You Ever Really Loved a Woman?」

「今までに本当に女性を愛したことはありますか?」という意味ですね。

 

映画自体は・・・かなりお好みの分かれるところかな。
主演はジョニー・デップですが、
「自分は1000人以上の女性を虜にした伝説のドンファン」と思い込んでいる青年の役で
その話を聞く精神科医とその妻にも影響をもたらしていく・・・という
ちょ~っと地味かな?という映画なので。

でもね!
映画ファンにはたまらないのがキャスト!
ジョニー演じる青年を鑑定する精神科医がマーロン・ブランド!
そしてその妻がフェイ・ダナウェイ!

華麗なる作品に出ていたこの2人が、老いて関係の冷めた夫婦役なんですよ。
派手なシーンも、どんでん返しもないけれど
この2人が出す空気がたまらなくいいんです。
ハリウッドは、一定の年齢になると仕事がなくなるとか言われていますが
こんなにいい雰囲気が出せるなら、どんどん出て欲しいと思うくらい。

ジョニーは・・・そうですねぇ・・・エキセントリックな役のジョニーがお好きな方はぜひ!

あ、曲!曲のこと書かなくちゃ(苦笑

「ドンファン」という響きからか
ラテンの香りがする、少しはかなげな…ラブソングです。
どこかで真っ赤なシャツ着て歌っている映像を観たけれど・・・すっごくかっこよかった。

 

 

さいごに・・・また映画「三銃士」を観ちゃいます♪

 

昨年に日本でコンサートをやって・・・それからは特にニュースを聞かないのですが
YouTubeにもチャンネルはありますし、
近年はサントラも手掛けたりしているので、思いがけないところで彼の曲が聴けるかも!と思うと楽しみです。

ココに書いていたら、映画が観たくなってきたので
また観ちゃおうかな♪

「三銃士」が観たい!(*^▽^*)

 

本日もお読みくださり、ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-洋楽, 映画

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.