=====スポンサーリンク=====



アニメ

【最終回 はたらく細胞 13話感想】「出血性ショック(後編)」どうなっても酸素を運ぶのが仕事!

投稿日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

はたらく細胞13話 「出血性ショック(後編)」

 

【最終回 はたらく細胞13話】寒くなる体…それでも赤血球ちゃんは「はたらく!」

 

前回は
赤血球ちゃんに後輩が出来て、あたふたしながらも「新人研修」をしている最中・・・
突如起こった「体の緊急事態」にさぁどうなる…?…という感じでしたね。

傷口に向かった白血球さんですが、血球がいない・・・という事態。

これはかなり大変なことが起こっていますよね・・・。

「はたらく細胞」今回が最終回・・・
無事に体の危機を抜け出すことができるのか!?

ではでは、さっそく観ていきましょう♪

 

 

前回「はたらく細胞12話」はこちらです♪
【はたらく細胞 12話感想】「出血性ショック(前編)」教育係の赤血球ちゃん!
 【はたらく細胞12話】赤血球ちゃんに後輩が!?そして体に緊急事態発生! 前回は観ている方も暑くなる💦「熱中症」の回でしたね。さて…最終回も近く...
 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

 

【はたらく細胞13話】最終回あらすじ

 

【あらすじ】

「生命に関わるレベルのダメージを確認!」
この緊急事態を受け、現場付近に急行した白血球(好中球)。だが、そこには守るべき血球たちの姿はなかった……!
大量出血により、すでにおびただしい数の血球たちが、傷口の外へと飛ばされてしまっていたのだ。
今もなお続く出血――過酷さが増す状況下だが、この世界を守るため、仲間たちを救うため
赤血球は後輩赤血球とともに酸素を運び続ける。
終わりゆく世界、細胞たちを待ち受ける運命は――!?

 

 

【はたらく細胞 8話感想】「血液循環」赤血球ちゃんの「ひとりでできるもん♪」
「はたらく細胞8話」は赤血球ちゃんが頑張ります!あの人も陰ながら応援! 前回は、突然の体の危機に皆で立ち向かい、なんとか体の安全を守り抜きましたね。今回...
 

 

【はたらく細胞OP曲】 「ミッション! 健・康・第・イチ」発売中です♪

 

<アニメはたらく細胞オープニング【CD Maxi】>

 

 

 

 

【はたらく細胞13話】この「体」【世界】は終わってしまう!?酸素が運べない!

 

人っ子ひとり・・・いや、血球ひとり・・・いない廃墟を、
「生存者」がいないか、助けを必要とする者がいないか、探し回る白血球さん。

 

はたらく細胞13話 生き残りの細胞に状況を聞く白血球

 

そして、一人泣く細胞を発見・・・

生き残りである細胞くんいわく・・・

 

はたらく細胞13話 たくさんの血球が外へ吸い込まれていった

「僕は見たんだ!何十万、何百万…いや、もっとたくさんの血球が、
あっという間に傷口に向かって吸い込まれるように飛ばされていくのを!
…そして出血は今もなお続いている…
それがどういう事かわかるかい!?」
 

 

 

「多量出血」で多くの血球たちが「外」へと・・・
そして今も状況は変わらない・・・

細胞は泣きながら語ります。

 

細胞(ぼくら)に必要な酸素や栄養分を運ぶ赤血球がいなくなってしまった・・・
他の細胞がどうにか頑張るだろうけれども、こればかりはどうにもならない。

体中が冷たくなり、酸素の届かなくなった末端から・・・細胞は酸欠になってしまうだろうと。

もう・・・この体はおしまいなのだと・・・

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

赤血球が足りなくなった体内では、細胞たち皆に酸素が届かず苦しんでいた!赤血球ちゃんは…?

 

 

はたらく細胞13話 酸素を運び続ける赤血球と後輩ちゃん

 

その頃赤血球ちゃんは、後輩ちゃんと共に
細胞に酸素を運ぶため走り回っていました・・・。

 

しかし―――

 

はたらく細胞13話 全く酸素が足りていない細胞たち

「・・・酸素、酸素をくれ・・・苦しい・・・」
 

 

はたらく細胞13話 急いで酸素を運ぶ赤血球と後輩

 

赤血球ちゃんも、後輩ちゃんも…「細胞に酸素を届けよう」とすぐに走ります。

 

後輩ちゃんは仲間である「赤血球」の姿が異常に少ないことに気が付きます。
「肺」の活動も激しく…「肺から酸素は入ってきているのに、体に行きわたらない=赤血球が足りない」と
分析し、改めて驚きますが・・・

 

赤血球ちゃんは全然ひるみません!

 

はたらく細胞13話 後輩を励まし仕事に戻る赤血球

「驚いている場合じゃないよ!早く運ばなきゃ!細胞さんたちが待っているんだから」
 

 

いつも誰かに助けられていた赤血球ちゃんでしたが…
その「誰か」の影響を受けたかのような「土壇場で見せる強さ」。カッコイイ。

後輩ちゃんも、緊急事態の赤血球ちゃんの肝の据わり具合に…驚きつつ、後を付いて行きます!

 

 

はたらく細胞13話 ひたすら足りない酸素を運び続ける赤血球たち

 

赤血球が少なくても・・・
赤血球ちゃんと後輩ちゃんは懸命に細胞に酸素を運び続けます・・・。

何度も、何度も・・・。

 

 

はたらく細胞13話 傷口付近の危険な血管

 

傷口近くの血管は・・・こんな危険地帯・・・Σ(゚д゚lll)

赤血球は酸素を運び続けますが、いつ飛ばされてもおかしくない💦

 

はたらく細胞13話 血小板ちゃんもお仕事

 

はたらく細胞13話 危険な場所で仕事に励む血小板

 

血小板ちゃんたちも、危険な場所で懸命に自分のお仕事に励みます。

 

はたらく細胞13話 顔色が変わる後輩赤血球ちゃん

「・・・い、行こう」
 

いつもクールだった後輩ちゃんも、さすがに顔色が変わります・・・
こいつはヤバイ・・・。

 

 

はたらく細胞13話 血圧を上げる交感神経細胞本部

 

本部っぽい場所かな・・・。
指揮系統も混乱していますね。←ED見たら「交感神経細胞」と書いてありましたね。

「赤血球が足りないため、酸素が行きわたらない…じゃあ『血圧』を上昇させてバックアップさせるしかない!」と
判断するのですが・・・

 

はたらく細胞13話 血圧上昇により、出血多量となる

 

血圧が上がり、後ろから押されて赤血球が落ちてしまいます💦傷口へと。

 

そう・・・ここは傷口付近…
血圧が上がることによって「余計に出血が激しくなってしまう」という悪循環・・・。

 

交感神経隊長も青ざめてしまいます・・・。
打つ手なし。

 

 

はたらく細胞13話 落ちていく仲間を見て動揺する後輩ちゃん

絶望の中・・・動揺する後輩ちゃん・・

 

はたらく細胞13話 後輩ちゃんを励ます赤血球ちゃん

「振り向いちゃダメ!後輩ちゃん!…もうちょっとだから、頑張ろう!ね!」
 

 

自分も不安なのであろうに、懸命に励ます赤血球ちゃん。

 

 

はたらく細胞13話 出血多量のため体温が下がる

 

そして大量出血が起こったために・・・体温が下がる体内・・・

 

 

はたらく細胞13話 大雪の中酸素を運ぶ赤血球たち

 

大雪に見舞われる赤血球ちゃんたち。

 

懸命に酸素を運ぼうとしますが・・・大吹雪・・・前に進むのも難しくなってきてしまいます。

 

ついに転んでしまう後輩ちゃんに、手を差し伸べる赤血球ちゃんですが・・・

精神的に限界だったのでしょう・・・赤血球の手を振り払い、後輩ちゃんの口調が荒くなります・・・

 

 

はたらく細胞13話 赤血球に反論する後輩ちゃん

「いい加減にしてください!ちょっとは周りを見てくださいよ!
私たちがどうこうしたところで、この状況が変わると思いますか!?」
 

 

はたらく細胞13話 後輩の言葉に青ざめる赤血球

 

 

 

はたらく細胞13話 体の終わりを確信する後輩ちゃん

「もうどうやったって、酸素の供給が追い付くわけないじゃないですか!
そうやって先輩は後輩にカッコイイ所を見せようと思って、意地貼って頑張ってるだけなんでしょ!
無意味ですよ!知らないんですか!?出血性ショック死!この体はもうダメなんですよ!」
 

 

 

冷静に考えれば、後輩ちゃんの言う通りです・・・が・・・

 

はたらく細胞13話 後輩ちゃんの言葉を遮る赤血球

はたらく細胞13話 最後まで酸素を運ぶ決意を見せる赤血球

「私は最後まで酸素を運ぶよ!それが私たちの仕事なんだから。」
 

 

こんなつらい状況でも・・・赤血球ちゃんは諦めません。

 

後輩ちゃんに引き止められても振り返らずに・・・前に、少しずつ歩みを進めます・・・。

 

 

はたらく細胞13話 雪の中酸素を運ぶ赤血球

「手が重い・・・足も重い…みんな待ってる…早く届けなきゃ…この酸素を」
 

 

 

はたらく細胞13話 戦う白血球たちはたらく細胞13話 戦うマクロファージさんたち

 

 

 

 

 

はたらく細胞13話 戦うNK細胞さん

はたらく細胞13話 指揮するヘルパーT指令と制御性Tさん

 

 

 

 

 

 

はたらく細胞13話 出動するキラーT細胞たち

はたらく細胞13話 懸命に修復作業をする血小板たち

 

 

 

 

 

 

はたらく細胞13話 情報を統括する樹状細胞はたらく細胞13話 細胞同士で助け合う

 

 

 

 

 

 

「みんな頑張ってる・・・私もやらなきゃ!・・・」

懸命に前に、前に進みますが・・

赤血球ちゃんは倒れ・・・
それ以上前に進めなくなってしまいます・・

 

はたらく細胞13話 大雪の中倒れてしまう赤血球

「ダメな先輩で・・・ごめんね」
 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

【はたらく細胞13話】いつの間にか現れた「謎の赤血球たち」一致団結して体を救う!

 

 

ついに倒れ・・・前に進む体力もなくなってしまった赤血球ちゃん・・・

 

眩しい光を感じた彼女の前に現れたのは・・・

 

はたらく細胞13話 赤血球ちゃんに声をかける謎の人

「でえじょぶか?」
 

誰?(゜-゜)
ちょっと野沢雅子さん風の「大丈夫」を話すこの男の人は・・・一体・・・

 

はたらく細胞13話 知らない赤血球の姿に驚く赤血球ちゃん

驚く赤血球ちゃん・・・。

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

「謎の赤血球」と協力して体を救う!「出血性ショック」の危機回避なるか!?

 

 

赤血球ちゃんはどこでしょう?探してみよう!はたらく細胞13話 知らない赤血球たち
「どちら様ぁぁ―――――?」
 

 

 

はたらく細胞13話 体の状況を説明する赤血球ちゃん

「俺たちと同じ赤血球の子じゃねぇのか?」「え――でも制服のデザインが少し違うよ?」
 

 

少し訛りがあるけれど・・・
明らかに「赤血球」なこの人たち・・・。

 

赤血球ちゃんは、懸命に今の体の状況を説明します・・・

 

すると焦りだす!!

 

はたらく細胞13話 新しい体の終わりにショックを受ける新・赤血球

「っじゃあ、このままだとオラたちの今いるこの体は終わっちまうだか!?」
 

 

急きょ皆を集め・・・
事情を話し「体は違くとも同じ赤血球として」酸素を運ぼう!
一致団結して手伝ってくれることになるのです!

 

 

 

はたらく細胞13話 一致団結して酸素を運ぶ

 

どこからともなく現れたこの赤血球たちのおかげで、体中に酸素が行きわたります(*^▽^*)

 

よかったぁ・・・

 

 

はたらく細胞13話 今にも危ない細胞くん

 

律儀な遺言を残して、菊の花持って今にも危ない細胞さんの元にも・・・しっかりと酸素が行きわたります。

 

 

はたらく細胞13話 体に酸素が行きわたる

 

はたらく細胞13話 お餅をびよんびよんする白血球くん

 

ナニコレ。お餅?

 

 

とにもかくにも・・・
突然現れた赤血球たちのおかげで・・・出血性ショックの危機から体は救われたのでした!!

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

赤血球が後輩に伝えた「仕事への熱いハート」…「輸血」でやってきた新しい赤血球たち

 

 

はたらく細胞13話 ホッとする赤血球ちゃん

 

事態が安定し・・・ホッとしてフラフラ体の力が抜ける赤血球ちゃん。

 

 

はたらく細胞13話 赤血球をねぎらう白血球さん

「よう・・・お疲れさん。」
 

 

支えてくれたのは、白血球さん。

 

どれだけの血球が失われてしまったのか・・・とても数えきれないだろうと話す二人。

そういえば・・・あの赤血球さんたちはどこから来たのか・・・?

 

はたらく細胞13話 輸血

 

 

はたらく細胞13話 輸血で新しい体にやってきた赤血球

「オラたちある日突然、見たこともねー筒状のものに吸い込まれて、グルグル回転させられて
ひゃっこい部屋に寝かされて・・・ほんでまぁ、気が付いたらここにいただよ!」
 

 

血球たちにとっては、何が何だかわからない現象ですが・・・
外の世界で言う「輸血」ですね。

 

 

はたらく細胞13話 なじんでいる新入り赤血球たち

「前の体とは別のところだけど、体の中でまた働けて嬉しいだよ」
 

 

はたらく細胞13話 赤血球のなじみ具合に驚く二人

「どこから来たんだろうなァ・・・ホントに」   「やたらなじんでますネ」
 

 

 

そして後輩ちゃんを探しに行こうとしたその時・・・

後輩ちゃんが赤血球ちゃんに言いたいことがある!!と現れます・・・

 

 

はたらく細胞13話 赤血球ちゃんに言いたいことがある後輩ちゃん

「私、先輩に言いたいことがあるんですけど!!」  「顔が怖い!」
 

 

 

はたらく細胞13話 赤血球ちゃんにお礼を言う後輩ちゃん

「私今まで自分のこと、優秀な方だと思ってたんですケド、事実そうなんですけど
仕事ってそれだけじゃないんだっていう大事なことを、今回先輩に教えていただきました!」
 

 

顔は怖かったけど・・・「今回の新人研修、ありがとうございました!!」とお礼を言われます。

「仕事は知識だけじゃなく、熱いハートが大事」・・・うんうん、そうだね(*^▽^*)

 

 

後輩ちゃんにお礼を言われ・・・

 

はたらく細胞13話 後輩ちゃんの言葉に涙が出る赤血球ちゃん

「あ~~~~~よかったよぅ」
 

泣き出してしまう赤血球ちゃん。

自分が何も教えてあげられていないのを気にしてたから、そう言ってもらえて嬉しいと。

 

 

はたらく細胞13話 これからもよろしくと後輩ちゃんに言う赤血球

「ダメな先輩で申し訳ないけど、これからもよろしく―…あれ?」
 

 

「よろしくおねがいしまーーす」はたらく細胞13話 知らない人に挨拶しちゃう赤血球ちゃん
             「あーどうも・・・よろしく・・・どちら様ですか?
 

 

はたらく細胞13話 人違いで謝る赤血球

「す、す、す、すみません!人違いでした!」
 

 

切り替えの早い後輩ちゃん・・・
そして新しく増えたたくさんの赤血球に翻弄される赤血球ちゃんなのでした(*^▽^*)

 

 

 

無事に平穏な日常へと戻り、今日も頑張る《はたらく細胞》たち!

 

 

そして体はいつもの日常へ…

 

はたらく細胞13話 平和な世界で仕事に励む赤血球

 

はたらく細胞13話 もう一人前の後輩赤血球ちゃん

 

 

あ、後輩ちゃんはもう立派にひとりでお仕事していますね(*^▽^*)

 

 

はたらく細胞13話 地図が逆さまな赤血球ちゃん

 

そんな中、また道がわからなくなってしまった赤血球ちゃん・・・

白血球さんに地図が逆さまだよ~なんて指摘されながらも・・・

 

はたらく細胞13話 白血球に励まされる赤血球ちゃん

「赤血球、頑張れよ!」「ハイ!」
 

 

成長した赤血球ちゃん・・・一人で頑張るようです。

 

はたらく細胞13話 ひとりでお仕事を頑張る赤血球ちゃん

「お待たせしました!!こちら、本日分の酸素になります!」
 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

【はたらく細胞13話 感想】頑張る赤血球ちゃんの姿と、「2期」への期待!

 

最終回・・・
赤血球ちゃんの「頑張り」「強さ」が素敵でしたね(*^▽^*)

「頑張れること」「ひたむきなこと」も才能なのかな♪

だから、いろんな血球が赤血球ちゃんに協力してくれるのでしょうかね。
デキる後輩ちゃんにも「肝の据わり具合」は認められていましたし・・・さすが。

 

そして体の方ですが・・・どうなることやらと思ったら・・・「輸血」!

ホントに・・・この体の主が心配でなりません・・・何があったのでしょうか。お大事に・・・。

違う体の赤血球は、少し言葉や制服が違うのが面白い。

やたらなじんでいたのも、和みましたね(*^▽^*)
これから物語上でのかかわりが楽しみでもあります。

 

最後の一幕はアニメオリジナル・・・
大変なことがあっても、細胞たちの頑張りで元に戻って良かったね(*^▽^*)

 

原作コミックでは・・・まだまだ触れていないお話がたくさんあるので・・・
これは2期も期待できそう!?

楽しみです!
待ち遠しいですね(*^▽^*)

 

 

「はたらく細胞」コミック情報

 

 

 

 

「はたらく細胞」 DVD&Blu-ray情報

 

アニメ「はたらく細胞」DVD

 

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.