アニメ

【中間管理録トネガワ6話 感想】Agenda06 「自爆」アッと驚く海老谷くん!

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

中間管理録トネガワ6話 題字「自爆」

 

目次

アニメ「中間管理録トネガワ6話」海老谷レボリューション!…なるか!?

 

 

前回は、黒服みんなで「遅刻」をしでかし、頭を丸めてしまい
「区別」がつかなくなったことで利根川先生から叱られるという・・・マトリックス押しの回でした!

会長の「眉の角度」
そして会長との映画鑑賞と・・・
大きな「企画提出」というヤマも超えて・・・

いよいよ「限定ジャンケン」の企画が本格的に動き出します!

「自爆」というタイトルもまた不穏ななか・・・楽しみに観ていきたいと思います♪

 

 

前回のお話はこちらから・・・
【中間管理録トネガワ5話 感想】Agenda05「猛省」お疲れの利根川先生…
 アニメ「中間管理録トネガワ5話」映画とハワイと眉毛にマトリックス! 前回は、利根川先生の大人の余裕と判断で「自らの案を蹴って」部下の案を採用し、「...
 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

6話冒頭は、「カイジ」での「鉄骨渡り」シーンからスタート!

 

中間管理録トネガワ6話 カイジ鉄骨渡りシーン

 

中間管理録トネガワ6話 鉄骨渡り時の利根川先生

 

「カイジ」での鉄骨渡りのシーンから始まった6話。

まだまだ余裕なお顔の先生に哀愁を感じてしまうのは…「トネガワ」を観ているからでしょうかね。

 

「限定ジャンケン」の企画が決まり、前回の黒服全員が遅刻ゥ~~・・・の
坊主でマトリックス化の悲劇がダイジェストで流れ・・・

改めて利根川先生の大変さを感じて切ない・・・。

 

 

利根川幸雄・・・
巨大企業・帝愛グループのNO.2!
政財界をも牛耳る怪物・兵藤会長の右腕にまで上り詰めた切れ者!
これは・・・その伝説と栄光の影で、中間管理職として人知れず苦悩し、葛藤する
偉大なる男の・・・小さな、小さな物語である!
 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

トネガワ6話ストーリー

 

【あらすじ】

いよいよ限定ジャンケン開催へ向けて、今度は会場を決める会議を行う利根川チーム。
各黒服たちそれぞれが、さまざまな会場を提案していくが、なかなか決まらない。
そこへ再び限定ジャンケン考案者のチーム最年少・佐衛門三郎が『豪華客船・エスポワール』を提案する。
広さ、秘匿性、意外性。すべてを兼ねそろえた佐衛門の案で決定するかと思いきや!
最後の発表者・海老谷が圧倒的熱量を帯びた、驚きの提案をする・・・!

 

 

 

 

「限定ジャンケン」開催する「会場」決定のコンペ!圧倒的プレゼンが始まる!

 

マトリックスのエージェント化した部下でも、一応名前を覚えようとする利根川先生に拍手!

 

夕暮れ・・・
物憂げな表情を浮かべる先生の視線の先には・・・

坊主になったあとの部下たちの写真・・・。

 

中間管理録トネガワ6話 坊主の黒服たちの写真

 

 

中間管理録トネガワ6話 山崎かと思ったら長田

「これが・・・山崎!」ハズレーー
 

 

中間管理録トネガワ6話 部下の写真をなぎ払う利根川

「・・・っわかるかーー!」
 

 

 

中間管理録トネガワ6話 部下の名前覚えなおしを諦める利根川

 

覚えるの諦めた先生(苦笑)

「アメとムチ」をうまく使ったつもりだったけど、結局「甘え」が勝ってしまい、このような結果になった・・・と
一服しながら分析する。

 

 

中間管理録トネガワ6話  利根川ムチモードに方針変更

「方針変更!ムチモード全開で行こう!」
 

 

圧倒的ムチモード・・・(*´艸`*)

自身を騎手に例えて、ちょっと厳しくやって行こうかと方針を変更する先生でした。

 

そして翌日の会議・・・

 

 

中間管理録トネガワ6話 坊主後初の会議

 

 

中間管理録トネガワ6話 遂に名札を付けた黒服たち

 

 

昨日先生が結局黒服たちの名前を覚えられなかったからなのか・・・
見てください。

黒服たちについに「名札」が!!Σ(・□・;)

先生が「名札付けて」って言ったのか・・・
黒服たちが空気を読んで自主的に用意したのかは定かではありません。

(原作では先生の名前覚えなおすシーンはないので
あえて入ってるということは、やっぱ利根川先生からの提案か?)

 

 

そして会議の内容は・・・

「限定ジャンケン」を開催するうえでの詳細の準備!

まずは「悪魔的ゲーム」の開催にふさわしい「会場」を決めたい!
そのうえで設備、規模も決めて行くと先生。

皆で協力してアイディーーアを出していきたい・・・といいたいところだけど・・・

 

中間管理録トネガワ6話 コンペの発表をする利根川

「今回は・・・コンペ!!」
 

 

コンペ方式で、それぞれが個々に企画を練り、一人ずつプレゼンして決めると。

次の会議は3日後。

 

 

中間管理録トネガワ6話 部下に檄を飛ばす利根川

「蹴落とせ!出し抜け!!勝て!」
 

 

利根川先生の「ムチモード」発動~!

利根川チームの黒服は、皆仲が良くて結束力が強いんだけれども
それが裏目に出て「甘え」になっていると踏んだ先生は、あえて個人戦を提案したのですね。

「結局人は一人」「結束させようとしていたことが間違いだった」と。

 

先生はイメージしていた。

 

 

中間管理録トネガワ6話 利根川イメージ、一人で進む道

 

それぞれが進む細い一本道。
決して交わることのない、

天空を行く一人一人・・・11の孤独(あかり)

 

周りの黒服たちが「どうする?」とざわつく中・・・
一人不敵な笑みを浮かべるのは海老谷!

 

中間管理録トネガワ6話 余裕の表情を浮かべる海老谷

 

何かいいアイディーーアでもあるのか!自信たっぷり…

 

 

 

さぁ、利根川先生流の「ムチ」
この作用が、コンペにどう影響するのか!?

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

「限定ジャンケン」会場決定に向けてのコンペ!佐衛門三郎、そして海老谷は・・・?

 

 

中間管理録トネガワ6話 山崎のプレゼン

山崎さんが提案したのは
「TI(ティーアイ)イベントホール」(中央区)
300人から500人腫瘍可能。

オーナーは帝愛関係者なので秘匿性も問題ない。

 

利根川評 ・・・悪くは無いが、ちと平凡。悪魔的要素と意外性がない。

 

山崎さんは安定って感じだよね。

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 権田さんのプレゼン

権田さんは「小学校の校庭」

 

 

中間管理録トネガワ6話 プレゼンにダメ出しをする利根川

「意外性はあるが、秘匿性ゼロ!運動会か!」
 

 

いや、先生
秘匿性ゼロだからマズいけど、小学校の校庭での限定ジャンケン・・・
ちょっと見てみたい(*´艸`*)
こっそりYouTubeにあげる人が居そう(苦笑)

 

 

中間管理録トネガワ6話 中田プレゼン

中田さんは「秘匿性十分な、この第三会議室では…」
 

 

利根川先生 評・・・広さがない!・・・っていうか、よく出せたな!こんな案!

 

中田さん、超緊張してる・・・やっぱダメもとだったのか(*´艸`*)

 

 

中間管理録トネガワ6話 堂下プレゼン

堂下さんは「心霊スポット」

 

 

中間管理録トネガワ6話 荻野プレゼン「夜の墓場」

荻野さんは「夜の墓場」

 

ちょっと面白そうではあるよね。

 

 

中間管理録トネガワ6話 廃校の提案
「廃校になった校舎とか!」

 

 

・・・で、これ誰だっけ?

 

 

中間管理録トネガワ6話 長田プレゼン

長田さんかな?「無人駅なら、人目に付かないかと!」
 

 

 

中間管理録トネガワ6話 閉店後のボウリング場提案

「閉店後のボウリング場!」これ誰?
 

 

 

って、肝試しの場所決めてるみたいになってきた💦

ある意味では「債権者たちの肝試し」ではあるんだけど・・・。

 

 

中間管理録トネガワ6話 菊池プレゼンできず

 

菊池さん・・・先生に「ガーター」言われて発言できなかった・・・

 

 

中間管理録トネガワ6話 微妙なプレゼンにイライラが募る利根川

 

ここまでのコンペで・・・先生イライラ・・・

 

 

 

残るはこの二人・・・

 

 

中間管理録トネガワ6話 プレゼン残るは海老谷と佐衛門三郎

佐衛門三郎と海老谷(同期)
 

 

 

 

佐衛門三郎の「限定ジャンケン」開催提案は「豪華客船 エスポワール」!

 

 

中間管理録トネガワ6話 佐衛門三郎の代わってない髪型に気づく利根川

「そういえば・・・お前だけ坊主にしていないんだな」
 

 

いよいよ佐衛門三郎のプレゼン・・・というその時、先生が声をかける!

そう、坊主にしていないんですよ!

よ~く観ると、前回の「土下座お詫び」シーンにも、彼の姿はありません。
その後のマトリックス鑑賞会には、普通に出席していますけども。

 

すると彼は若手のホープらしく・・・

 

 

中間管理録トネガワ6話 仕事のミスは仕事で返す佐衛門三郎

「え?あ・・・はい・・・仕事で犯したミスは仕事で取り返すのが一番かと!」
 

 

おぉ~~(*^▽^*)

大物な発言だ・・・。
(こんな発言する彼が、なぜあんな遅刻したんでしょうね?よっぽどボウリング好きなんですかね)

 

 

中間管理録トネガワ6話 佐衛門三郎の言葉にイラつく海老谷

「・・・チッ」
 

海老谷くん、不満そうですね💦

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

佐衛門三郎のパワポと4K、最新機器を駆使した圧倒的プレゼン!

 

 

中間管理録トネガワ6話 佐衛門三郎のプレゼン始まる

 

最新機器を軽々と使いこなす佐衛門三郎・・・。

東さん、すっかりお手伝い係定着しましたね(*´艸`*)

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 パワポにやや冷ややかな目を送る利根川

「やはり来たか・・・・・・パワポ!」
 

 

利根川先生(苦笑)

以前の企画の時の苦渋もあるのでしょうが・・・
やっぱパワポか…!と冷ややかな反応ですね・・・。
なんかコンプレックスがあるのか💦

 

ちなみに、コミックでは・・・
佐衛門三郎のプレゼンは、皆と同じ「紙」の企画書で行ってます。
アニメはパワーアップしてる!(*^▽^*)歓迎!

 

 

中間管理録トネガワ6話 パワポで送る限定ジャンケン会場案

 

かなり手の込んだ画面ですよねぇ。
黒服も皆「ざわ」つきますね、こりゃ。

 

 

中間管理録トネガワ6話 豪華客船エスポワール

 

彼の会場の案は・・・「豪華客船 エスポワール」

 

 

中間管理録トネガワ6話 4Kに映し出されるエスポワール号概要

「詳しくはこちらをご覧ください。」
 

 

・・・と・・・
4Kモニタにエスポワールの紹介VTRを流します。

 

「エスポワール号は、およそ6万トン、全長は300メートルに及ぶ超豪華客船!

しかも帝愛傘下の黒金海運が保有する船なので秘匿性は問題なし!
フロアーの広さも400平米超と十分!
そして「ギャンブルクルーズ」という意外性!絶対に脱出不可、希望と絶望渦巻く悪魔の檻…」

 

中間管理録トネガワ6話 4Kの豪華客船にざわつく黒服たち

「まるで実物!」
 

 

リアルに映し出される画面に皆くぎ付けですね!

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 4Kに食いつく利根川

「これはっ・・・まさか!!・・・4K!!」
 

 

利根川先生、圧倒的な案に驚いたのかと思ったら、4Kの方か(笑)

 

 

中間管理録トネガワ6話 ご満悦の表情の兵藤会長

「・・・つまり・・・会長もご満悦!!」(会長も4K)
 

 

力説する佐衛門三郎。
「仕事のミスは仕事で返す」と言い切るだけの、さすがの優秀さですね。

・・・しかし、このご満悦の会長写真どこで手に入れたんでしょうね(*´艸`*)

 

 

中間管理録トネガワ6話 佐衛門三郎のプレゼンを褒める利根川

「エクセレーーント!なるほど!ギャンブルクルーズとは、理外の発想…!
素晴らしい!」
 

 

格好良い「エクセレント」頂きました!
イライラが募ってた利根川先生もべた褒め!

 

またもや、東さんを含めこの場にいる全員が佐衛門三郎の案で決定のムード・・・

ただ一人を除いては!!

 

 

中間管理録トネガワ6話 佐衛門三郎のプレゼンを見ても余裕の海老谷
海老谷くんです。全然落ち込んでない、自信たっぷり!

 

 

いや・・・このプレゼンの後、利根川先生のべた褒め案の後に発表するのってすごく嫌ですよね💦
それでも自信満々で居られる海老谷くんも、十分大物だと思うのですが・・・。

 

 

 

始まる!ラストを飾る「海老谷プレゼンツ」彼の出した「会場案」は「和食ダイニング!」

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 分厚いプレゼン資料と共に現れる海老谷

「おまたせしました!今から資料をお配りします!」
 

 

分厚い資料を持った東さんと共に、現れた海老谷くん。
黙々とお手伝いをする東さん素敵。

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷プレゼンにぎょっとする利根川

ぎょっとする先生。

 

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷プレゼンツ「和食ダイニング匠」 

「私の提案したい会場は・・・南青山の和食ダイニング…匠!」
 

 

 

中間管理録トネガワ6話 今までになくざわつく会議場

「店長の丸岡純平、料理一筋・・・曲がったことが大嫌いなおやじですがピカイチ!料理の腕!」
 

 

 

中間管理録トネガワ6話 空気の詠めていない海老谷に気づく利根川

「海老谷・・・この時点で既に会場に必要な3つの条件…満たしていない!何一つ・・・!」
 

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 負のハットトリックをかます海老谷

負のハットトリックゥゥゥ~~~⤴
 

 

川平さんのテンション(*´艸`*)

 

 

そして利根川先生は思い出すのです・・・!

 

唯一喪中の自分に、やけに強気な年賀状を出してきたのが彼だったと!

中間管理録トネガワ6話 喪中の利根川に送った海老谷の年賀状

 

資料にもあった「海老マーク」!
頑張って筆ペンで書いてますね、あんま上手くないけども・・・💦
しかも利根川先生に「NO.2狙うつもりで頑張る」って(苦笑)

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷のズレに気づく利根川

「ズレている・・・!勝つための何かが・・・根本的に!」
 

 

 

中間管理録トネガワ6話 どや顔でプレゼンをする海老谷

「その28・・・掘りごたつ!」
 

 

圧倒的ドヤ顔・・・

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

【トネガワ6話】アイキャッチはやっぱり「海老谷くん」

 

 

中間管理録トネガワ6話 アイキャッチ海老谷

 

 

中間管理録トネガワ6話 アイキャッチ プレゼン海老谷

「その99!!・・・鼻セレブ・・・!」
 

うはは(*^▽^*)
鼻セレブ!←やわらかお高いティッシュです

 

 

 

細かいね~!

その100まで発表したのかが気になる!

ここまで書いてるってことは・・・実際に行って確かめたんだろうね、きっと。
100も「理由」探したのが、逆にスゴイ。

 

 

 

圧倒的熱量を誇る海老谷のプレゼン・・・利根川の激励に応えることができるのか!?

 

 

中間管理録トネガワ6話 残業する海老谷くん

 

真っ暗なオフィスで一人残業する海老谷くん。

 

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷に声をかける利根川

「残業か?・・・今日は残念だったな・・・どうだ?この後一杯…南青山でも。」
 

 

 

一人で残業する海老谷くんに声をかけ、彼の提案した南青山のダイニングに誘う先生。

なにこの圧倒的気遣い!ねぎらい!
先生格好いい!

 

 

海老谷プレゼンツの「和食ダイニング匠」にて上司として「男気」を見せる利根川…!

 

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷の提案した店を褒める利根川

「なるほど・・・確かにいい店」「ですよね!!」
 

 

 

しかし狭すぎるのと・・・
自分たちがやろうとしている曲がり曲がった悪魔的ゲームの会場として
曲がったことが大嫌いな主では最悪!…と説明する利根川先生。

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 和食ダイニング匠の丸岡純平さん

「曲がったことが、大嫌い♪ま~るお~か、じゅんぺいですっ♪」
 

 

 

「広さ・秘匿性・意外性」が必要という会議の流れに気が付かなかったのか?と
叱咤する先生に落ち込む海老谷くん。

 

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷に意外性があったと笑う利根川

「ま・・・しかし意外性はある意味一番あったがな・・・」
 

 

叱咤した後に、ちゃーんとフォロー・・・
素敵な先生の気遣いに、すぐ調子に乗り叱られる海老谷くん。

 

 

中間管理録トネガワ6話 理由100は多すぎる!と利根川

「そもそも多すぎるだろ・・・理由100は!」
 

 

 

「なんか…最近、妙に焦っちゃって…調子が…」と頭を抱える海老谷に
「佐衛門か・・・。」と彼の焦りの理由をズバッと言い当てる利根川先生。

 

佐衛門三郎は年下だけど同期。
いけ好かないマイペース野郎だと思ってたのに・・・
どんどん自分よりも評価されていって・・・と落ち込む海老谷くん。

 

 

そのいけ好かないマイペース野郎と、お前との違いは何だと思う?と質問する先生に・・・

 

中間管理録トネガワ6話 佐衛門三郎と海老谷の違いは髪型

「うーーん・・・髪型?」
 

即否定される!

上司の前でこんだけ天然発揮できるのも・・・十分マイペースですよ海老谷くんも。

 

 

 

利根川先生は言う・・・「スケールだ!!」と。

 

 

中間管理録トネガワ6話 スケールが違うと説明する利根川

「佐衛門はアイディーーアを出すときに、予算だなんだ細かいことは考えない!
しかしおまえは掘りごたつだなんだのと、まるで打ち上げ会場の話を聞いているかのよう。」
 

 

 

「そういうしち面倒くさいことは考えるな!何とかする!ワシが!」

と最大級の男気を見せる先生!

中間管理録トネガワ6話 上司の男気を見せる利根川

 

 

中間管理録トネガワ6話 次のコンペでの活躍を期待する利根川

 

次回の「カードデザインのコンペ」でわしを驚かせてみろ!と海老谷を励ます!

 

 

利根川先生は考えていた!

熱意もやる気もある!おそらく海老谷はズレているだけなのだと!

 

中間管理録トネガワ6話 ズレた大砲を撃つ海老谷

「ズレた大砲!」
 

 

照準さえあえば、佐衛門と二人…チームを引っ張るほどの存在になりうる!と。

 

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 利根川に礼を言う海老谷

「利根川先生、今日はありがとうございました!俺、頑張ります!驚かせてみせます!先生を!」
「楽しみにしているぞ」
 

 

 

今回先生が描いていたイメージは・・・

一人一人が歩く孤独な道・・・しかし「通信」しあうことはできる!

 

中間管理録トネガワ6話 通信し合い、変わっていく、進化していく関係性

 

その通信によって、言葉を交わすことによって、人は人を変え得ると!

 

 

最後にそれが本当に伝わってるかどうかは・・・うかがい知れぬが、という但し書き付きですが💦

ちょっとイイ話だったんダケドネーー(*´艸`*)

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

会議翌日、会社を無断欠勤した海老谷…心配する佐衛門三郎にはっぱをかける利根川!

 

中間管理録トネガワ6話 社内報を読む利根川先生

 

翌日、利根川先生の元に黒服たちが駆け込んでくる!

海老谷が出勤していない、と。

すると先生は「連絡は受けている、一身上の都合で欠勤するそうだ」と伝える。

 

 

中間管理録トネガワ6話 欠勤した海老谷を心配する佐衛門三郎達

「しかし、心配です!!昨日のプレゼンの失敗で落ち込んでいるんじゃ・・・」
 

 

佐衛門三郎や他のメンバーも、本気で心配していますね。
本当にこのチームは、みな仲が良いですよねぇ。

 

 

しかし利根川は。彼に切り返す。

「それは勝者の余裕か?」と。

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷が這い上がるかもと伝える先生

「今頃奴は地獄の窯の底で勝機を狙っているのではないか?」
 

 

次回のカードデザインコンペで、海老谷から悪魔的発想が生まれるかもしれない!!と
利根川は黒服たちに熱く話す。

 

 

中間管理録トネガワ6話 利根川の分析に驚く黒服たち

「思いもしなかった!」「まるで預言者!」
 

 

先生の迫力に飲まれる黒服たち。

 

中間管理録トネガワ6話 部下の心理を熟知している余裕の利根川

「フフフ・・・熟知しているだけだ、部下の心理を」
 

あれれ先生も余裕ですね。
マトリックス事件とか記憶が消去されてるよ💦

 

 

中間管理録トネガワ6話 会長の帰り時間を確認する利根川

「そろそろハワイから兵藤会長が戻られる頃」
 

中間管理録トネガワ6話 会長を出迎えに、社を後にする利根川

「空港に迎えに行かねば・・・!」
 

このくだりはオリジナルだぁ~。
デキる上司の余裕・・・格好いい~。

 

 

 

空港にて出会ったのは、会長…そして海老谷!利根川、部下のトリッキーな心理…読めず「減俸」

 

 

中間管理録トネガワ6話 成田空港で会長を待つ利根川先生

 

成田空港にて会長を待つ利根川先生。

 

なぜ隠れているのかというと…会長のご機嫌をうかがうためですね。
機嫌が良ければ、企画の提出をして…悪ければそっと帰ると!

アンタッチャボーーゥの発音が素敵(*´艸`*)

それにしても先生、この野菜ジュース好きだね!

 

中間管理録トネガワ6話 ハワイから帰った会長ご機嫌悪し

「飛行機揺れすぎじゃ!あのパイロットクビ!!」ヽ(`Д´)ノプンプン
 

 

帰ってきた会長、飛行機揺れちゃったんでしょうね…超怒ってます💦

 

はい、ご機嫌は~~~・・・

中間管理録トネガワ6話 会長の機嫌、最悪のレッドゾーン
40度をはるかに超えて、圧倒的不機嫌のレッドゾーン!

 

あらら・・・これはアンタッチャボーーゥ・・・さっさと帰るに限りますね💦

 

 

次の機会を待つのが得策・・・と考えていたその時!
利根川の横を走り去り、会長の元に走る一人の男・・・

海老谷の姿が!

 

中間管理録トネガワ6話 いるはずのない海老谷が会長の元へ向かう

 

中間管理録トネガワ6話 嫌な予感に包まれる利根川

心臓を冷えた両手で鷲掴みされるような・・・嫌な予感!!

 

慌てて海老谷くんを止めようとするも・・・間に合わず~~💦

 

 

中間管理録トネガワ6話 会長に手形をお願いする海老谷

「会長にお願いがあってまいりました!
会長の手形を限定ジャンケンのカードにしたく・・・
グーチョキパーの三種類、手形を!!」
 

 

思いっきり機嫌の悪い会長の元に・・・お願いをしに行ってしまいました💦

 

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷の暴挙に凍り付く利根川
これはアウツ・・・!

 

 

中間管理録トネガワ6話 海老谷を即クビにする会長

「・・・お前、クビ!!」
 

 

やっぱりアウツ!一発解雇!

 

 

 

ショックを受ける海老谷くん・・

中間管理録トネガワ6話 ショックのあまり利根川に助けを求める海老谷

「と・・・利根川先生!!」
影に隠れている先生の名を呼んでしまいます!

・・・あの一瞬で、先生の存在に気づいてたのね・・・スゴイ。

 

中間管理録トネガワ6話 会長に見つかって焦る利根川先生

「・・・馬鹿!見るな、こっち・・・!」
 

 

うわぁ・・・とばっちり・・・

 

中間管理録トネガワ6話 利根川に減俸通告する会長

会長、お年寄りとは思えない軽快なダッシュで、利根川に減俸通告~~!

 

 

 

中間管理録トネガワ6話 巻き込まれ、自爆する利根川先生

 

中間管理録トネガワ6話 照準を利根川に合わせる海老谷

11の明かり・・・10に!!

 

 

中間管理録トネガワ6話 クビになる海老谷くん

 

 

中間管理録トネガワ6話 驚かせすぎ!

「驚かせすぎだっ・・・!馬鹿!!
 

 

 

次の日・・・帝愛ロビーで佐衛門三郎が見たものは?一人怒鳴る利根川・・・

 

帝愛ロビーで先生を見かけ、挨拶する佐衛門三郎だが・・・

 

 

中間管理録トネガワ6話 一人で怒鳴る利根川と挨拶する佐衛門三郎

「お門違いだ!こっちが化けて出たいわ!消えろっ・・・!」
 

 

中間管理録トネガワ6話 生霊の海老谷くん

「・・・」
 

海老谷くん、生霊になっちゃった(苦笑)

 

しかも、ご丁寧に名札にまで「生霊」って(*´艸`*)

海老谷の生霊に怒鳴り散らす先生ですが・・・

佐衛門三郎には何も見えないので、一人で怒鳴る先生に超とまどってますね。

 

中間管理録トネガワ6話 一人で話す利根川にビビる佐衛門三郎

「何言ってるんだ・・・?先生・・・」
 

 

 

これは上司である会長と
部下であった黒服の生霊の間でもがき、あがく
一人の男の物語である・・・。
 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

【トネガワ6話感想】理想の上司だったはずの利根川先生…まさかの減俸!

 

完全なる海老谷くんメインの回でしたが・・・
利根川先生のいい上司っぷりが素敵でもありましたね(*^▽^*)

なのに減俸か・・・

いくら減っちゃったんだろうか。
いやいや・・・焼き土下座とか解雇よりはマシなのか💦

 

利根川先生が空港で出待ちするシーンはオリジナルなのですが・・・
より「自爆」感が強まって面白かったです♪

ちょいちょいアニメでいろんなことを補完してくれるので、コミックもまた楽しく読めますね(*^▽^*)

 

 

 

トネガワ6話のベストオブ黒服は、やっぱ海老谷くん!

 

中間管理録トネガワ6話 どや顔でプレゼンをする海老谷

 

海老谷くん!

「会長の手形」というアイディーアは、面白かったと思うのは私だけでしょうか?
会長の機嫌が悪かったからアウツ!・・・だっただけで・・・

空気が読めなくて、ズレてる・・・熱意・やる気は十分!という彼・・・
上司にしたら、助けてあげたくなるキャラなのでしょう。

生霊になってるくらいだから、よっぽど未練あるんですよ・・・また出てくるのかな。

 

 

トネガワ6話のざわ…声優さんは「芹澤優さん」

 

中間管理録トネガワ6話 ざわ声優 芹澤優さん

 

 

 

 

次回「中間管理録トネガワ7話」は「蔓延」

 

中間管理録トネガワ7話予告「蔓延」

 

「蔓延」するのは・・・さて何でしょう?

次回も楽しみです!
ではまたね(@^^)/~~~

 

 

楽天Koboで「中間管理録 トネガワ」の1巻は無料で読むことができます。

(ヤングマガジンKC) [萩原天晴・橋本智広・三好智樹・ 福本伸行 ]

 

 

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.