=====スポンサーリンク=====



アニメ

【バジリスク 桜花忍法帖 第6話感想】「凶雲、胎動す」伊賀と甲賀、新たな花が咲きけり

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

バジリスク桜花忍法帖6話題字

 

桜花忍法帖6話!物語は新たに歩みを始める…そこに待つものは…?

 

前回、成尋にまったく歯が立たず・・・
思わぬところで「桜花」が発現。
子供たちは助かり、6話は「新たなるスタート」

舞台は4年後…から、さらに数年後…
子供たちも成長して登場!

新しい「伊賀五花撰」「甲賀五宝連」となる彼らはどう過ごしているのか・・・
八郎と響はどうしているのか?

さっそく見て行きましょう♪

 

 

 

前回、5話「桜花、狂奔す」感想はこちらに書いていますm(__)m見てくれると嬉しいです♪
【バジリスク 桜花忍法帖 第5話感想】「桜花、狂奔す」村の危機、そしてついに「...
 5話…甲賀・伊賀の精鋭も果て、八郎・響にかつてない危機が迫る! 前回は・・・「甲賀五宝連」に続いて「伊賀五花撰」までもが、いとも簡単に「成尋衆」に倒...
 

 

 

=====スポンサーリンク=====



 

 

 

10話までのまとめ記事はこちらからどうぞ♪
【バジリスク桜花忍法帖】アニメ10話までのストーリーまとめ
 アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」10話までの『まとめ』一覧です♪ 1話から追いかけている「バジリスク~桜花忍法帖」も10話まで物語が進みましたね!皆...
 

 

バジリスク桜花忍法帖 第6話 「凶雲、胎動す」

 

【ストーリー】

時は過ぎ――転寝、才蔵、式部、七弦、滑婆、蓮、涙、現、そして響
――新五宝連、新五花撰となった若き忍びたちは成尋衆の再来に備え、それぞれの思いを胸に修行に励む。
だがしかし、そこに八郎の姿はない……。

 

 

 

第6話 物語は「数年後」より始まる!?新たな「伊賀五花撰」「甲賀五宝連」は?

 

バジリスク桜花忍法帖6話ひたすら謝る忠長

 

冒頭、4年後・・・

江戸城にて、2代目将軍秀忠が忠長を叱責。
駿河の「浅間神社」の猿を社の中で「猿狩り」したと。

理由を申せという父に「森が・・・」と言いかけて口をつぐむ忠長。
ひたすらに謝る忠長に、それなりの罰は覚悟するように・・・と父は言うのだった。

その冬、秀忠は世を去り、葬儀はひそかに行われた。

忠長は上野国は高崎城にその姿があった。
「猿狩り」の責を問われ「改易」の処分が下されたと思われる。

 

徳川忠長の「浅間神社」の「猿狩り」は史実でもあります

 

この「駿河」の「浅間神社」は、
今でも静岡県の葵区にある、「せんげんさん」と呼ばれている、徳川家にとって縁のある
神聖な神社なんです。
ここで、家康公が元服式を行っており、生涯に渡り崇敬したそうです。

そんな神社の「神の使い」の「猿」を狩ってしまった忠長。
彼が何を思ってこの行動に至ったのかは定かでありませんが、
神主が止めるのも聞かず、「田畑を荒らすから」と千匹以上の猿を狩ったと言われています。

史実では、この頃すでに3代将軍であった家光に咎められています。
母を亡くしてから、過度な飲酒に浸り、問題行動を起こすなど…
この頃より後は「狂気の沙汰」としか思えない所業が目立っており、改易されることとなるのです。

アニメでも、ちょっと様子がおかしいですよね。
ストーリーの中では多分「成尋」との関わりがあるのかもしれませんが
忠長の「森が・・・」という言葉の意味が、後にわかるのでしょうか…。

 

 

 

 

「バジリスク桜花忍法帖」アニメ情報と音楽についてはこちらです☆
【2018 冬アニメ】バジリスク桜花忍法帖 アニメと音楽情報♪
『バジリスク 桜花忍法帖』1/8にスタートする「アニメ」について! 昨日は「バジリスク 桜花忍法帖」の小説とマンガについて書きました。今日は「アニメ」につい...
 

 

 

 

バジリスク 桜花忍法帖OPは『陰陽座』の「桜花忍法帖」です♪映像も美しい!

 

オープニング曲は、個別に記事を書いています♪(画像でご紹介してます)

お読みいただけると嬉しいです↓

 

桜花忍法帖OP曲「桜花忍法帖」についての記事・画像はこちら♪
【2018 冬アニメ】バジリスク ~桜花忍法帖~オープニング曲『桜花忍法帖』
 バジリスク桜花忍法帖のOP・陰陽座の「桜花忍法帖」をじっくり見る! 本当は「第一話 感想」で、さらっと触れておしまいにしようと思ったのですがやっぱり...
 

 

いつ聴いても「陰陽座」の曲が素晴らしいです!
OPはもともと、伊賀・甲賀とも子供時代と成長した姿・両方が出ていたので
変化は特にないようですね。

 

 

 

村で修行をし、鍛錬する「新」「伊賀五花撰」「甲賀五宝連」

 

そしてさらに数年後・・・
村では、皆・・・自分たちの技を磨き続けていた。
いつ来るやもしれない「敵」のため、そして村を離れた八郎を待ちつつ。

(皆、何歳くらいなんだろ?
確か、皆それぞれ年は違うはずなんだけど・・・一番年下だったはずの蓮ちゃんもかなり大人びてるから
最初10~12歳くらいだとしたら・・・皆17~19くらい?
正確な年齢描写が出てこないので、あくまで予想ですが・・・。原作にはあるのかな?)

 

バジリスク桜花忍法帖6話数年後の蓮

 

バジリスク桜花忍法帖6話数年後の式部

(はちす)と式部。
激しく倒れた蓮に思わず駆け寄る式部は首に数発銃を食らう。
そんな式部に「気の優しいのはいい加減にしなって」と蓮。

連発銃の調子が良くないと、さらに転寝に調整を頼む!と常に臨戦態勢の蓮ちゃん。
転寝、かわいそうに~・・・と式部くん。

 

 

 

バジリスク桜花忍法帖6話数年後の七弦

 

バジリスク桜花忍法帖6話数年後の涙

 

こちらは(るい)と七弦。

こちらは小屋の中で、おっと・・・
何の修行!?(苦笑)なんだこれ・・・。

この2人の術は、それぞれ「異性を乱す性質」のもの。
互いに術を出し合い、欲を「我慢する」という修行みたいです。

う~ん・・・、まぁ耐性を付けるという意味なら、アリなのかもしれないですが
何のためなのかが気になりますね。
2人でW(ダブル)で技を出すのでしょうか?

どうやら転寝さんに言われてこの修行してるみたいですが
「転寝の言う事、あんまりあてにならない」と涙ちゃん、手厳しい。
うっかり手を出したら刺されます…

 

そして屋根を突き破って出て行ったのは「目」

バジリスク桜花忍法帖6話才蔵の百目

 

「また見てやがったな!!」と怒る「2人」

 

その「目」は才蔵の元へと帰っていく。
また・・・っていつも覗いてんですか(苦笑)
何やってるの!

バジリスク桜花忍法帖6話数年後の才蔵

「目」がたくさん。
もしかして、全部操れるのかな?

バジリスク桜花忍法帖6話強がる才蔵

「碁」を打ってます。

 

「べつにおまえらがハァハァ言ってるの見ても、興奮なんかしねぇよ」とか言いつつ
なぜわざわざ覗くのか(笑)ホントは見たいんだな(苦笑)

バジリスク桜花忍法帖6話赤くなる才蔵

覗きじゃないもん、羨ましくないもん!
 

 

 

川で羽衣を洗う(うつつ)の元に、修行を終えたらしい涙。
2人で語らう。

バジリスク桜花忍法帖6話数年後の現

バジリスク桜花忍法帖6話語らう涙と現

現の新しい羽衣は、涙のプレゼントらしい。
キレイな女性が描かれているもの。

「敵が来たら、血のような恐ろしい幻を見せてやる」と言いつつ・・・
「 本当に自分が見せたい幻は、全然違うものな気がする」・・・と現。

本当はキレイなものを見せてあげたい優しい子なんだろうな…。

そして、現の前に来ると喋り方も声も変わる涙。
仲の良さがうかがえますね。

 

 

6話アイキャッチは…徳川家親子! 秀忠、忠長、家光!

 

バジリスク桜花忍法帖6話アイキャッチ

 

おっと!?
まさかの徳川親子。
忠長さまが何気にドヤァな感じなのがいい。

誰得なのかと思ったけど、ちょっと好きコレ(*´艸`*)

 

 

☆次ページ「物語」の続きはこちらからどうぞ♪☆
 

 

 



スポンサーリンク





次のページへ >

=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.