=====スポンサーリンク=====



アニメ

【バジリスク 桜花忍法帖 第4話感想】「成尋衆、顕現す」嫌な予感しかしない…

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 

 

 

 

「伊賀五花撰」への使いに走る七弦と涙、「男の事をどこまで知っているか?」と謎めいた質問に、涙ちゃん戸惑う・・・

 

バジリスク桜花忍法帖#4 伊賀の里へ走る涙と七弦

 

 

場面は「伊賀五花撰」を呼びに行く途中の涙(るい)ちゃんと七弦(しちげん)くん。

いきなり何の話を始めるのかと思ったら・・・
「おぬし、「男」のことをどこまで知っている・・・?」と
何で今!?・・・という質問を涙ちゃんにぶつける七弦くん。

 

その質問に対し涙ちゃん。

「がさつだし、生意気だし、臭いし」

おっと(苦笑)

「そういうことじゃなくって男の体をどこまで知っているかだ」・・・と七弦くん。
???真顔で何を言うんですかね?
ただ、この子は真面目そうなので、忍法の話なのかな?とは思うけど。

 

バジリスク桜花忍法帖#4赤面する涙ちゃん

いきなり何を言い出すの・・・
 

 

顔真っ赤な涙ちゃん。
当たり前ですよねぇ。

「互いの技の話だ。私たちの技はよく似ているから」と七弦くん。「知ってる。虫を呼べる」と涙ちゃん。
それだけじゃなくて、お互い相手を乱れさせる性質があるだろう、と七弦くん。

確かに似ています。

涙ちゃんの「胡蝶」は左目からの涙で相手を惑わす、というもので・・・
七弦くんの「松籟」(しょうらい)は相手を乱れさせる、というもの。

 

「あんただって女のことなんか知らないくせに!」と涙ちゃん。

 

バジリスク桜花忍法帖#4女性に興味がない七弦くん

 

「ああ、私は女性に興味がない!」と七弦くん。

この会話はここで終わるのですが・・・七弦くんは何を言いたかったのか・・・。

互いの忍法の話・考察がしたかっただけなのか・・・
それとも「君に興味があるわけじゃない」との揶揄なのか?
う~ん・・・男の子も複雑ですね・・・

(じゃあ男に興味があるのですか?とも聞けないしな~・・・)

 

 

「伊賀五花撰」残る4人の前に成尋衆・涅哩底王が現れる!

 

 

バジリスク桜花忍法帖#4諸行枯葉

 

場面は変わり、姿が見えなくなった法悦さんを探しに来た・・・
ええと・・・この人は誰?
荒巻課長?・・・エメット・ブラウン博士?
いいえ!

伊賀五花撰の諸行枯葉(しょぎょう かれは)さん。

バジリスク桜花忍法帖#4五花撰の3人

そして他の仲間も。
水蓮秋月(すいれんしゅうげつ)と色衰逸馬(いろおとろえいつま)

 

右側向いててほしかった色衰逸馬さん・・・

 

あ、この人気になってたのよね!
髪型が。

逸馬さん。

バジリスク桜花忍法帖#4伊賀 色衰逸馬

 

 

キービジュアルだとちょっと格好良さそうだったのに
正面向いたキャラデザが出たら「あれれ?」な前髪の人。

バジリスク桜花忍法帖キービジュアル逸馬

 

声はカッコイイね。
逸馬さ~ん→→ちょっと右側を向いていてくれませんか?→→

 

 

逸馬さんが何か声を聞いたので「まさか・・・」と探しに来たけれど
法悦ほどのものに何かあるとは考えられないと。
それほど信用のおける実力の持ち主だったということでしょうか。

蔦をちょっと出して、夜叉さんに「よいではないか~」してただけだったので、よくわからないのですが。

 

 

バジリスク桜花忍法帖#4伊賀の里に現れる敵

そこへ突如現れた仙人風の老人。
老人が持っていたのはその法悦の頭部であった・・・。
「卒塔婆に名前を刻まねばならないから」と名前を聞く3人。(そういうフラグを立てるのは止めて~)

バジリスク桜花忍法帖#4法悦の死を知る3人

 

老人は涅哩底王(ねいりちおう)と名乗る。(ドラクエの敵にこんな感じの人がいたような?)

戒名を付けるならこいつにも・・・という涅哩底王の後ろには・・・
見たことも無いような巨大な獣・・・!?

 

 

バジリスク桜花忍法帖4話 アイキャッチは「式部と蓮」

バジリスク桜花忍法帖#4 式部、蓮アイキャッチ

いかにも堅実そうな2人。

 

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

さあどうなるのかと思ったら、場面は謎の異空間を歩く忠長さま。
先ほどからめまいが・・・という彼に
「今歩いているのは過去への道」だという啄さん。

 

バジリスク桜花忍法帖#4 時をさかのぼる忠長

 

忠長が家光に首を取られると思ったのがいつなのか確かめるため、と成尋。

自分の「時の逆鉾」の砂をすべて撒き散らしたら、どこまで遡れるのかはわからない、と啄さん。

 

何をしようとしてるんだろうか・・・。

 

さかのぼってきたのは
竹千代(家光)が病気で臥せっている時。

バジリスク桜花忍法帖#4 病に伏せる竹千代(家光)
兄が心配で、様子を見にやってきて、苦しそうな兄に声をかけて薬を持ってこようとする国千代(忠長)
???何か悪いことするのかと思ったけど、特に・・・むしろいい弟じゃない?と思ったのですが。

バジリスク桜花忍法帖#4何かに気づく国千代

何かに気づく国千代(忠長)。

バジリスク桜花忍法帖#4弟が妬ましい兄

 

自分を見る兄の目・・・それが「感謝」などの目ではなく
「妬み」「羨み」そのものであることに・・・。

 

 

☆次ページ「物語」の続きはこちらからどうぞ♪☆
 

 



スポンサーリンク





次のページへ >

=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2019 AllRights Reserved.