アニメ

【2018 冬アニメ】バジリスク ~桜花忍法帖~ 第三話「甲賀、散るべし」感想

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

バジリスク桜花忍法帖#3 題字「甲賀散るべし」

バジリスク桜花忍法帖 危機迫る題名の第三話が始まります…

 

前回、五宝連の一人・遊佐天信がやられてしまい・・・

次回予告には題名に「散るべし」
そして「あわれ鯨飲」とナレーションがあったので、嫌な予感しかしない今回・・・

それでも物語は進みます。

原作を読んでいないからか、「この先どうなる!?」感は、前よりも強いですね。
ではでは・・・
今回もバジリスク桜花忍法帖「3話 甲賀、散るべし」についてお喋りしていきたいと思います。

 

 

 

 

前回、2話「五宝連、推参す」感想はこちらに書いていますm(__)m
【2018 冬アニメ】バジリスク ~桜花忍法帖~ 第二話「五宝連、推参す」感想
「推参」という言葉の響きが好きな私は中二病?  バジリスク 桜花忍法帖、2話目!「甲賀五宝連」が現れた! 前回は大井川で、謎の人物の奇襲にあった忠長を...
 

 

 

=====スポンサーリンク=====



 

 

 

10話までのまとめ記事はこちらからどうぞ♪
【バジリスク桜花忍法帖】アニメ10話までのストーリーまとめ
 アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」10話までの『まとめ』一覧です♪ 1話から追いかけている「バジリスク~桜花忍法帖」も10話まで物語が進みましたね!皆...
 

 

 

バジリスク桜花忍法帖 第3話 「甲賀、散るべし」

 

【ストーリー】

突如現れた“成尋衆”なる者達の一人、孔雀啄。
その人智を超えた絶技に蹂躙されていく甲賀五宝連の面々。
最後に残された老獪なる甲賀忍者、七斗鯨飲は一計を案じ、死中に活路を見出さんとする。

 

桜花忍法帖 テーマ

「姿形は変わらねど
化外のものと
ひとのいう

時代の間に
潜みし影の
捨つる果つるが運命なら
いっそ桜花と 散りゆかん
いっそ桜花と
散りゆかん」 
 

 

 

バジリスク 桜花忍法帖OP 陰陽座の「桜花忍法帖」です!

 

オープニング曲は、個別に記事を書いてみました♪

お読みいただけると嬉しいです(*^▽^*)↓

桜花忍法帖OP曲「桜花忍法帖」についての記事・画像はこちら♪
【2018 冬アニメ】バジリスク ~桜花忍法帖~オープニング曲『桜花忍法帖』
 バジリスク桜花忍法帖のOP・陰陽座の「桜花忍法帖」をじっくり見る! 本当は「第一話 感想」で、さらっと触れておしまいにしようと思ったのですがやっぱり...
 

 

今回も「陰陽座」の曲が素晴らしいです!

 

第3話 物語は「出会いの日」から始まる…

 

バジリスク桜花忍法帖#3 雪の中を歩く伊賀の女性陣

雪深い山を歩く伊賀っ子たちと滑婆さん。
すぐに甲賀っ子たちと出会い、ひと悶着あります。

バジリスク桜花忍法帖#3 雪玉を投げつける式部

雪玉を投げつける式部(しきぶ)くん。
ササっと応戦した蓮(はちす)ちゃんの雪玉は「石」入りで、式部くん直撃。
「鎧なんか着てるから」とズバズバ言います。

 

バジリスク桜花忍法帖#3 噛みつく現ちゃん

ええと、こちらは現(うつつ)ちゃんの噛みつき攻撃。
痛そう・・・

どうやら場面の月日は少し前・・・
この子供たちが共に修行をするため出会った頃のようです。
「甲賀」や「伊賀」のためでなく、「棟梁」のために技を磨くように集められた子供たち。

HPの紹介を読むと、小さなころから八郎や響と一緒に育ったのかと思っていましたが
途中から一緒になったのですね。
まだ「伊賀」が「甲賀」が、と言葉に出るのはそのせいだったんですね。

 

バジリスク桜花忍法帖#3響を試す伊賀っ子・現

バジリスク桜花忍法帖#3 響に近寄る現

 

響ちゃんは、のんびり雪だるまを製作中。

自分たちの「棟梁」となる「響」を見た現ちゃんが「使うな」と言われた「くない」を取り出し脅かそうとします。
「ビビらすだけ~」と現ちゃん。

 

 

バジリスク桜花忍法帖#3伊賀の響「盾眼術」

「盾眼術」(じゅんがんじゅつ)という瞳術を持った響は、
自分への敵意を鋭く察し、無力化してしまいます。

前作の朧ちゃんと同じ能力かなと、漠然と思っていたのですが
朧ちゃんの「破幻の瞳」は【相手の術の強制解除】であり・・・
響ちゃんの「盾眼術」は【敵意の無力化】で戦闘不能状態にするのだそうです。

 

バジリスク桜花忍法帖#3響の前で立ち尽くす女子たち

伊賀っ子たちは脅かすことも出来ず、そのまま立ち尽くします。
「敵意」までコントロールしてしまうなんて・・・。

しかも自分への「敵意」らしきものを感じ取っても、「あ、こんにちはぁ♡」みたいなお顔の響ちゃん。
これは能力って言うより性格なのかな?

 

バジリスク桜花忍法帖#3響に驚く甲賀男子たち

 

七弦(しちげん)くん、「あんな子が・・・」と驚き。あんな子って(苦笑

ただただ驚く甲賀っ子たちが発見したのは、自分達の棟梁となる八郎の姿。

 

バジリスク桜花忍法帖#3八郎を試そうとする才蔵

バジリスク桜花忍法帖#3甲賀八郎「矛眼術」

八郎の瞳術は「矛眼術」(むがんじゅつ)
 

八郎の能力も試してやろうと、同じく「くない」を持って向かおうとした才蔵。
転寝は止めますが八郎の術にかかり、自分に攻撃が返ってきてしまいます。
転寝がすんでのところで止め、なんとか死なずに済みました。

バジリスク桜花忍法帖#3才蔵を助ける転寝

バジリスク桜花忍法帖#3才蔵を抑える転寝

いたずらのつもりでも、その「敵意」・「攻撃」はそのまま返ってしまうんですね。

それにしても、この双子の「瞳の能力」は天然なんでしょうかね。
修行したという描写が無いのでわからないのですが・・・
弦之介は一応素質があるため、子供時代に豹馬と修行しており習得しましたが
朧ちゃんは天然でした。

それぞれ「コントロール」できているのでしょうか?
これから観て行けばわかるかな?

 

 

バジリスク桜花忍法帖#3 数年前の歩く転寝

バジリスク桜花忍法帖#3数年前の根来転寝

 

この頃はまだ歩けていた転寝さん。
今は車いすですが…急激に体が弱っているのでしょうか?

 

 

それにしても・・・
ずっと観ているわりには
響ちゃんの「盾眼術」(じゅんがんじゅつ)と八郎くんの「矛眼術」(むがんじゅつ)が・・・
覚えられない((+_+))
どっちがどっちだっけ・・・?とよく迷っちゃいます💦
まだあまり使わないからかな~?

 


 

 

そして場面は現代・・・
村を出ようとする八郎に怒る響ちゃん。
みな(他の子供たちのこと)が何のためにここにいるのか?と八郎を止めようとします。

バジリスク桜花忍法帖#3八郎を説得する響

バジリスク桜花忍法帖#3夕暮れの八郎と響

 

「わかってるよ。」と八郎。
言葉少なですね。

どうしても出ていくなら、最後に瞳が交錯して現れる技を試してみよう・・・と響ちゃん。
天真爛漫に怖いことをいいます。爛漫なだけに怖い。
ただ、その技が「恐れるものではない」と証明したいだけなんでしょうけどね。

 

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

大井川…甲賀五宝連を襲う「脅威」火送と鯨飲が見たものは・・・?

 

場面は大井川。

敵に攻撃されたと思われる天信さんを見、すぐに小屋を出る鯨飲と火送。

一緒に外で船の準備をしていた一馬さんの姿がありません。
その時かすかに彼の「天の竪琴」の音が聞こえ、2人は水車の元に。

「天の竪琴」の音が聞こえたとき必ず敵対した相手は死んでいる!・・・そう、いつもならば・・・。

 

バジリスク桜花忍法帖#3驚く火送

バジリスク桜花忍法帖#3 唖然とする鯨飲

 

そこには水車にじぶんの鞭にグルグル巻きにされ、必殺技を出そうとしている一馬の姿が!
一馬は敵と戦っているつもりらしく、錯乱しているよう。
2人の声も耳に届かず・・・あわれ、自分の「技」で死へと至ります。華麗な音と共に…。

バジリスク桜花忍法帖#3水車にくくられる一馬

バジリスク桜花忍法帖#3一馬、自らの技で黄泉へ

 

そこへ現れた1人の謎の青年。

火送が向かいますが
謎の現象が起き、彼の「火」は彼の中へ戻り、火だるま・・・あっという間にやられていまいます。

バジリスク桜花忍法帖#3火送、自らの技を食らう

 

 

成尋衆、孔雀啄(くじゃく ついばむ)・・・鯨飲も応戦する!

 

バジリスク桜花忍法帖#3孔雀啄

平野耕太先生のマンガに出てきそうな雰囲気のする啄さん。
 

 

その現象を怪しむも、考える間もなく鯨飲も戦います。

相手はどうやら甲賀・伊賀のことをよく知っている様子。

成尋衆、孔雀啄(くじゃく ついばむ)と名乗る青年は
饒舌に自分たちの計画を語ります。

「甲賀だけでなく、伊賀も今宵のうちに葬る」と。

 

鯨飲は自らの汗のもう1つの技「毒」をもって相手に攻撃しますが、効かず。

バジリスク桜花忍法帖#3 鯨飲 毒の汗効かず

ホタルイカだかスルメイカだかバラライカだか知りませぬが、浮いてるので毒の汗など余裕です、な啄さん。
浮いてるよ・・・レビテトだよ・・・
「浮く」ことだったら「黒鍬衆」もできるよね?と、啄さん。
そんなメジャーな技だったの!?
いや・・・完全に魔法かスタンドぽいけど・・・

 

 

そして鯨飲も必殺技を出します。

バジリスク桜花忍法帖#3鯨飲必殺技

 

服を脱ぎ、全身から毒の汗を相手に浴びせる大技。
幼い頃より、あらゆる毒を体に取り込み、会得したという大技も
啄の不可思議な技により、毒を自らくらい、敗北してしまいます。
ん???待って・・・自分の出す毒には耐性があるんじゃないかと思うのですが・・・ま~いっか!)

 

バジリスク桜花忍法帖#3 孔雀啄 時逆鉾

最後の最後で鯨飲も気が付いた啄の不可思議な技・・・

それは「時の流れを逆流させる」もの“時逆鉾”(ときのさかほこ)でした。
そういえば、首のあたりから「時の砂」みたいなものを下げていますよね。
・・・ちょっと原理はよくわからないけど。

 

今回のアイキャッチは甲賀「七弦」と伊賀「涙」

 

何でしょうか・・・この画像から伝わってくる「リア充」感は(*´艸`*)
 

 

 

孔雀啄さんの忍術を超えた技!・・・スタンド!?どう攻略するのかな・・・

 

す、スタンド使いじゃないですか~(苦笑)
(鯨飲さんの汗も若干、エメラルドスプラッシュぽかったけども)

敵の攻撃ごと逆流させるんですよ・・・
ジョジョの「マンダム」(7部 SBR)だって現象まではさかのぼらないのに・・・。

こんな技出されたら、どうやって攻略するのか・・・
・・・響ちゃんの術で無効化するしかないのかなぁ。
無効化できるのかなコレ・・・?

多分、首から下げてる「時の砂」を壊しちゃえばいいのかな~?とは思うのですが、難しそうですよねぇ。

 

 

信じられない、と呟き倒れる鯨飲。(私も信じられない)
余裕でワープのようにスッと消えるように去っていく啄さんでした。

バジリスク桜花忍法帖#3鷹に報せを託す鯨飲

 

最後、「鷹」に知らせを持たせたのでしょうか、何かを託し命果てる鯨飲。
お役目果たせず・・・という言葉が重くて辛かった。

 

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

八郎の感じた「五宝連の死」…「伊賀五花撰」への知らせと、迫る危機への準備

 

場面は村。

「鯨飲の声が聞こえた!五宝連が皆死んだ!」と八郎が響を連れ、村に戻ります。
八郎くん恐るべし勘の鋭さ。
(鷹も頑張っていますよ)

バジリスク桜花忍法帖#3甲賀の危機を感じ村に戻る2人

 

急いで転寝たちに知らせます。
勘違いならいいんだけど、という八郎に・・・
八郎が言うのなら間違いない。これでおまえを行かせるわけにはいかなくなった、と転寝。

周囲も慌ただしく動き始めます。

 

バジリスク桜花忍法帖#3甲賀っ子を止める転寝

自分たちの仇は自分たちで、と自分たちで戦おうとする甲賀っ子たちを
転寝さんは止めに入ります。

先に「伊賀五花撰」に報告することに。

 

 

響は自分が知らせに行こうとするも、伊賀っ子たちに止められる。
「甲賀の仇をなぜ私たちが!」と憤る現ちゃん。
一馬のことを根に持ってた、たしかにあれはやりすぎでしたがね・・・。

バジリスク桜花忍法帖#3疑問を口にする現

バジリスク桜花忍法帖#3文句を言う現

一馬の奴、オレのこと殺そうとしやがったんだぞ!!ざま見ろ!
 

現ちゃん・・・オレっ子だったんですね。
かわゆい女の子が「オレ」呼びする、このギャップ・・・狙ってるの!?

 

さり気なく諭す涙ちゃんにも
「七弦のやつが、おまえの乳ばっか見てやがるぜ」とからかって困らせる始末。

バジリスク桜花忍法帖#3 ニヤリとする現

( ̄ー ̄)ニヤリな現と、「なにそれ!?」と照れ、困る涙ちゃん

バジリスク桜花忍法帖#3困惑する涙ちゃんやっぱこの子かわいい・・・
涙(るい)ちゃん、前作の陽炎さんみたいな「キレイどころ」な感じだと思ったのですが
まだ子供だからなのか、表情豊かで…ほわんとした喋り方でカワイイです。

 

 

 

そしてその噂の2人で伊賀の他の五花撰に知らせに行くことになる。(足が速いから)

バジリスク桜花忍法帖#3見送り

 

バジリスク桜花忍法帖#3 涙と七弦、五花撰への使い

いつも通り振舞おうとする涙ちゃんと、何だろう?てな感じの七弦くん。
女の子は難しいですなぁ・・・。

さっき現から、からかわれて意識しまくりの涙ちゃん。
なんか訳もわからず辛く当たられてかわいそうな七弦くん。

あんな風にからかわれちゃったら・・・普通にしてられないよね💦

 

 

バジリスク桜花忍法帖#3桜の下、現と才蔵

桜の下でも
才蔵は目を飛ばし見張りを始める。
側で「そんな無茶な技で目をなくしたらどうする!」とあきれて言い放つ現に
ためらいもなく「八郎のためなら、目の一つや二つなくしたって構わねぇ」と才蔵。

バジリスク桜花忍法帖#3見張りに行く現

「どいつも、こいつも・・・」と言いながら、現も才蔵の言う通り北の見張りを始める。

この二人は、めちゃくちゃ口が悪いけれど・・・いい子たちなんだろうなぁ。

 

 

こちらも見張りをする2人。
「本当に甲賀五宝連がやられたのかな…?」と聞く蓮に
「八郎が言うならそうに違いないんだ」と式部。

バジリスク桜花忍法帖#3見張りをする式部と蓮

肩をかゆがる式部に蓮が「鎧を取ってかいたら?」と手伝ってあげようとする。
が、式部に猛烈に拒否され・・・きまずい空気になってしまう。

バジリスク桜花忍法帖#3 蓮の手伝いを拒否する式部

イイ子たちそうなのに、分かり合えないのは辛いですね・・・。
(式部くんの体のことは、今も誰も知らない・・・ということなのかもしれませんね)

 

 

そして小屋。
八郎に最後まで出るなと転寝。そのためにあいつらがいるのだから、という言葉にこのお顔。

バジリスク桜花忍法帖#3小屋の中の八郎
そして響ちゃん

バジリスク桜花忍法帖#3心配そうな響

 

 

 

大井川の忠長の前に現れた成尋・・・その真意・目的は何なのか・・・?

 

大井川では、
誰一人戻ってこない小屋の中で忠長は待っていた。

バジリスク桜花忍法帖#3五宝連を待つ忠長さま

「・・・遅い!」
 

そこに現れた謎の僧。
忠長のことをよく知っており、彼を哀れだという。
そのうちあなたは実の兄・家光公にその首を差し出すことになりましょう・・・と語る。
そして名を「成尋」と名乗るのだった。

バジリスク桜花忍法帖#3成尋

 

 

お話はここまで。

 

バジリスク ~桜花忍法帖~ 第4話「成尋衆、顕現す」感想は、こちらに書いています☆
【バジリスク 桜花忍法帖 第4話感想】「成尋衆、顕現す」嫌な予感しかしない…
 バジリスク ~桜花忍法帖~ 第4話「成尋衆、顕現す」 前回の次回予告で、今回の題名「成尋衆、顕現す」を見て一瞬「???」と思ったわたくし。「顕現」が...
 

 

 

 

3話目のEDは「HOT BLOOD」 次回は?

EDはHOT BLOOD。

次回予告の意味深さよ。
忠長、割腹せし男、と伝わる・・・か。
もう守ってくれる人がいなくなっちゃったからね・・・。

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

バジリスク桜花忍法帖 3話で 「甲賀」4人散る…

 

甲賀五宝連は、八郎を残してみな散ってしまいました。

成尋衆とは、いかに強敵なのかが垣間見えた回でしたね。
スタンドみたいな忍法使うし・・・次元が違い過ぎて絶望しかないです💦
少し「魔界転生」ぽくもありますね。

あっという間にやられてしまったので、不安しかないですよね。

子供たちが呼びに行っている「伊賀五花撰」が敵うのか・・・?
そして響ちゃん以外の4人はどんな人物で、どんな技を使うのか
出てくるのが楽しみです。
一応HPには紹介が書いてありますけど・・・やっぱ動いてるのを見たいですからね(*^▽^*)

そして過去話から
子供たちが集められた経緯、目的が見えてきましたね。
八郎を守るために修行してきた甲賀っ子たちが、新しい「五宝連」となるのでしょうか?
ついでに、一応恋愛話の方もあるのだろうか?
あるなら幸せになってほしいものですが・・・いかんせん「バジリスク」ですからね~・・・((+_+))

 

 

今回もある「ラジリスク」甲賀と伊賀、それぞれ放送があるようです!

 

前作の時も同じように「ラジオ」があったのですが、
今回も「ラジリスク」があるようです。

うーん・・・
私はラジオはあまり聴かないのですが(声優さんに詳しくないから)
番組の情報があるのなら、試しに聴いてみようかな~?

 

詳細は「公式HP」でどうぞ!
 

 

長くなってしまいましたが、お読みくださった方ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

10話までのまとめ記事はこちらからどうぞ♪
【バジリスク桜花忍法帖】アニメ10話までのストーリーまとめ
 アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」10話までの『まとめ』一覧です♪ 1話から追いかけている「バジリスク~桜花忍法帖」も10話まで物語が進みましたね!皆...
 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-, ,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.