=====スポンサーリンク=====



アニメ

【バジリスク 桜花忍法帖 13話感想】「現(うつつ)奈落の夢を見る」現の「地獄」は今も…

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

バジリスク桜花忍法帖13話 題字「現、奈落の夢を見る」

 

アニメ、桜花忍法帖…今回は戦いのさなかの、伊賀の現(うつつ)の過去物語!

 

前回は七弦の過去回でしたが、今回は現の過去も描かれるようですね。
全員分、過去を描くわけではないんでしょうか?

技を使う際に、苦悩の表情を浮かべていた現・・・
「地獄」を見るのも、見せるのも本意ではないのでしょうね。

普段は男の子みたいな言葉づかいで、毒ばかり吐いている彼女ですが・・・
どんな過去があり今があるのか・・・

そして、叢雲の襲撃は成功するのか?
八郎は戦いにどう関わっていくのか?
気になることだらけですね(*´艸`*)

さあ、今回も観て行きましょう♪

 

 

 

※ストーリーのあらすじや感想を書いております。
細かく書いているので、ネタバレしたくない方は
ご注意くださいませ。
一緒に楽しんでいただける方は、お進みください(*^▽^*)

 

 

前回、12話「松籟、吹き抜けり」感想はこちらです♪
「アニメ」桜花忍法帖12話、今回は蜩七弦(ひぐらし しちげん)のお話・・・ 前回は甲賀の甲羅式部(こうらしきぶ)の生い立ち、過去回で自らの「体質」に苦し...
 

 

 

=====スポンサーリンク=====



 

 

 

10話までの「まとめ記事」はこちらからどうぞ♪
 アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」10話までの『まとめ』一覧です♪ 1話から追いかけている「バジリスク~桜花忍法帖」も10話まで物語が進みましたね!皆...
 

 

 

バジリスク桜花忍法帖 第13話「現、奈落の夢を見る」

 

【ストーリー】

才蔵と行動を共にする現。才蔵の眼と現の幻術、二つの忍法を組み合わせ、敵襲を葬っていく二人。
現の幻術を目の当たりにした才蔵だが、彼は知らない――現が“なぜ”地獄を見せられるようになったのかを――

 

 

13話は、叢雲作戦と、伊賀・五花撰の幻術使い「現」地獄を見た少女…

 

バジリスク桜花忍法帖13話 地獄絵図

 

バジリスク桜花忍法帖13話 地獄の夢を見る少女

 

「地獄絵図」の前で苦しそうな、幼いころの(うつつ)だと思われる少女の姿。

「地獄」を知らなければ、見せることはできない・・・
だとすると・・・彼女はどれだけの「地獄」を見たのでしょう?((+_+))

 

 

 

「バジリスク~桜花忍法帖~」OP 陰陽座「桜花忍法帖」♪

 

オープニング曲は、個別に記事を書いております♪(映像ではなく、画像でご紹介してます)

お読みいただけると嬉しいです(*^▽^*)↓

桜花忍法帖OP曲「桜花忍法帖」についての記事・画像はこちら♪
 バジリスク桜花忍法帖のOP・陰陽座の「桜花忍法帖」をじっくり見る! 本当は「第一話 感想」で、さらっと触れておしまいにしようと思ったのですがやっぱり...
 

 

叢雲の噂が広がる世間と、七弦・涙の元を去る八郎

 

バジリスク桜花忍法帖13話 成尋衆への対策を練る家光・天海

 

冒頭・・・
突然現れた城へと向かった紀州の兵があっという間に殲滅されてしまったことから、
各地ではあらぬ噂が立ち、太平の世に、波紋が浮き彫りになり始めた。

天海は「叢雲にさらわれたと思われる忠長の動向と敵の目的を探る」ため
自身の手の者(皮膚坊のことでしょうね)を城に向かわせた、と家光に報告する。

 

 

バジリスク桜花忍法帖13話 朗らかな影武者・忠長さま

そして高崎城。

普通に出て来た忠長
しかも、機嫌が良さそう。
あれれ?
ご本人は・・・叢雲で「ヤル気」になってるはずだけど・・・コレは誰?
騒ぎにならないように「影武者」かな?

 

 

 

ところ変わって

こちらは前回、ヒーローのように現れ、七弦(しちげん)(るい)を助けた八郎さん。
去ろうとしてますね。

バジリスク桜花忍法帖13話 七弦・涙の前から去る八郎

 

「どこへ行く?」との問いに「構うな」と八郎ですが

「けど、そっちが先に構ってきたんじゃん!」と七弦。
この人なかなか言うよねぇ~(*´艸`*)

バジリスク桜花忍法帖13話 先に構って

構ってきたのはそっち!
 

バジリスク桜花忍法帖13話 七弦の言葉に納得してしまう八郎

・・・「そうだな・・・」
 

否定できない八郎(苦笑)「そうだな」って言っちゃってるし💦

「義を見てせざるは勇無きなり」、ということか・・・武士の好きな言葉だろと続ける。

このままだと話が平行線になっちゃうな~・・・と
涙ちゃん思ったのか・・・
「ここは八郎の好きにさせてあげよう、私たちにはまだすることがある」と七弦に提案する涙。

 

「無事でいろ」

 

ええ、本当に・・・
互いに無事でいて欲しい。

 

「義を見てせざるは勇無きなり」は論語の言葉

 

人として行なうべき正義と知りながら、
それをしないのは勇気がないのと同じことである、ということ。

八郎が、七弦に向かってわざわざ「論語」を引用したのは・・・
七弦の出自(武士の家の出である)を知っているからなのでしょうか。

この時代、武士の子は武術と共に論語は必修だったのだそうです。

 

 

 

バジリスク桜花忍法帖13話 才蔵・現に合図を送る七弦・涙

後陣への『雨を惹きつけたよ~』の合図~。
ちょうちょとか虫を飛ばすのかなと思ってたけど、
敵中で意外とババンとわかりやすい合図しちゃうのねぇ~。大丈夫なのかな?

 

バジリスク桜花忍法帖13話 足手まといにはさせない!七弦・涙

 

「また・・・足手まといか・・・」と寂しそうにつぶやく七弦。

この話の詳細は前回の「七弦の過去回」にて。

手負いの自分を、運ぶ涙に言ってるのですね。

「邪魔なら置いてく。役に立ってもらいたいから、連れて行ってる。」と涙。

 

いやぁ・・・蓮ちゃんもそうだったんだけど
伊賀の女性陣はみな男の人顔負けの格好良さと肝の座り具合ですね・・・
やっぱ滑婆さんの教育が良かったのかな(*^▽^*)

「役に立たせてもらおう」と言ってた七弦が活躍できる場があるといいですねぇ。

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

現の幻術と才蔵の眼の「合わせ技」で、「雨」に対抗する!

 

 

場面は変わり、こちらは才蔵(さいぞう)(うつつ)

 

バジリスク桜花忍法帖13話 合図を受け、活動を始める才蔵・現

 

敵の気配を感じる2人。
雨の「別動隊」がいたみたい。

完全にこちらの作戦が読まれていますね💦

 

バジリスク桜花忍法帖13話 才蔵・現を囲む雨の別動隊

 

怖い怖い恐い・・・
雨の人たちはいったい何者なんだろうね?
人間でもないっぽい。

「七弦のやつ、合図の前に確かめたのかよ・・・」とぶつくさ言う才蔵に

「男がうだうだうるさいよ」と現ちゃん。
カッコイイ。

 

バジリスク桜花忍法帖13話 才蔵の命より大事な荷物

「これ(火筒)頼む・・・あんたの命より大事だからねぇ」
 

「女からの励ましとしては、下の下だな」と才蔵。

「励ましじゃない!ホントのこと言っただけだ」

 

(苦笑)
そうね~・・・女の子のあったかい言葉を期待できない環境ではあるよねぇ(*´艸`*)
この2人の毒毒合戦はずっとこんな感じなのかなぁ。

 

走り、敵中に向かう現。
術で敵を撃退するも、自分のくないを飛ばされ大ピンチに!

バジリスク桜花忍法帖13話 武器を落とし、大ピンチの現

きゃあ~~😱
八郎~~!・・・と呼びたくなるのは私だけじゃあるまい(*´艸`*)
助けに来たのは才蔵だけどね!

バジリスク桜花忍法帖13話 助けに来た才蔵

 

「荷物は!?」と現に聞かれた才蔵・・・

 

バジリスク桜花忍法帖13話 命よりも大切な荷物はないと才蔵

「お前の命よりも大事な荷物なんてねぇよ!」
 

 

毒を吐かれても、ちゃんと助けに来ますよ😊

 

しかし・・・持っていた爆薬で煙を出し、分散してばらけてしまった敵に
現の技を有効に使うことができない・・・。どうする?

現に、「自分の眼」に術を見せるよう指示する才蔵。
あ!以前八郎の瞳術を中継していたあの術を使おうというわけですね!

 

バジリスク桜花忍法帖13話 才蔵の眼に映る現

「自分の目玉が見たものを、他の目玉に映すことができる!」
 

 

「お前がオレの幻影を見たら、おまえが地獄に落ちちまうじゃねぇか!」と現。

そう、私もそれ気になっていたんですよねぇ。
大丈夫な理由とは・・・?

 

「見ているのは俺ではなく「俺の目」。ただの「通り道」だ!」

 

なるほど!
アニメ第5話にて、涅哩底王(ねいりちおう)が村を襲撃した際・・・
現の幻術が効かなかった涅哩底王が「頭では見ていないから」と理由を言っていましたね。
才蔵はその言葉をヒントに術を練りあげたのでしょうね。

 

関連記事【バジリスク ~桜花忍法帖~第5話感想】「桜花、狂奔す」村の危機、そしてついに「桜花」が!?

 

「俺が燃えだしても止めるなよ!」と言い、
現の術を見る才蔵。
彼の「中継」で煙の中、あちこちに散らばっている「雨」も幻術で地獄を見る。全滅。

 

バジリスク桜花忍法帖13話 幻術中継で、雨をせん滅する

 

無事敵を撃退したが、才蔵も無事ではなく気絶。

バジリスク桜花忍法帖13話 気絶した才蔵を助ける現

介抱する現。
水を飲ませてもらい、意識を取り戻す才蔵。

バジリスク桜花忍法帖13話 夢を見る者・見ない者

 

「もともと俺はいろんな物を見過ぎているから、余計なものは見ないようにしてるんだ。
夢だって見やしねぇ…」という才蔵に「オレと逆だな・・・」と現。

 

バジリスク桜花忍法帖13話 夢は見るけれど悪夢な現

「オレは、見たいものが見られなくて・・・だから・・・嫌な夢ばかり見ていた。」
 

 

バジリスク桜花忍法帖13話 現の術を褒めるようなそうでないような才蔵
「まったく、嫌なもの見せやがる。どうすればあんなもの見せようって気になるのか…わかりゃしねぇな」

火筒を取りに戻る際、才蔵が現に言った言葉。

こういう時の女子は話を聞いてあげないと~・・・とちょっと思っちゃったのですが・・・

 

でも、見なくても済んだはずなのに
「ただの通り道の眼」であるはずなのに
彼が現の「地獄」を「見た」ことに何か意味があるのかな?

この2人は、ものすごく口も態度も悪いけど…自分なりに相手を理解しようとしているのかな?と感じます。

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

回想シーン・・・

バジリスク桜花忍法帖13話 土蔵で修行する幼い現

バジリスク桜花忍法帖13話 父親を呼ぶ幼い現

 

どうやら、修行のため月の半分は曼荼羅(まんだら)の薄暗い土蔵で過ごしていたという、幼いころの現。
食事を持ってきた父も、娘に声をかけることなく去る。

 

曼荼羅(まんだら)とは何?

 

 曼荼羅(まんだら)
密教で、仏の悟りの境地である宇宙の真理を表す方法として、仏・菩薩(ぼさつ)などを体系的に配列して図示したもの。
たくさんの種類がある。

 

幼い現のいる、土蔵の部屋の壁にかかっている絵がそうです。

これは『十王曼荼羅』(じっかいまんだら)というもので
地獄~仏界までの十界を描いたものです。
よ~く見てみると、下の方が地獄になっていますね。
小さな子には、恐いでしょうね(;_:)

 

 

13話 アイキャッチは「現と父親」

 

バジリスク桜花忍法帖13話 アイキャッチ 現と父親

 

今まで観たことのない、はじけた笑顔の現と、
幼き彼女と父親。

今回のアイキャッチもとってもかわいい(*^▽^*)

 

 

 

《次ページ「物語の続き」はこちらからどうぞ♪》

 

 



スポンサーリンク





次のページへ >

=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.