アニメ

【バジリスク 桜花忍法帖 第12話感想】「松籟、吹き抜けり」七弦、夢の中での母の面影

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

バジリスク桜花忍法帖#12 題字「松濤、吹き抜けり」

「アニメ」桜花忍法帖12話、今回は蜩七弦(ひぐらし しちげん)のお話・・・

 

前回は甲賀の甲羅式部(こうらしきぶ)の生い立ち、過去回で
自らの「体質」に苦しむ式部を、蓮が「人の言葉に惑わされるな」とさとした回でした。

今回は・・・
「松籟」(しょうらい)ということで甲賀の蜩七弦(ひぐらし しちげん)のお話ですね。
・・・とは言っても、彼の技名が出るのはこれが初めて?
私も公式ページまで見に行ってしまいましたが💦

他の忍者とは、雰囲気も言葉遣いも違う七弦。
彼はどんな「過去」があって、忍者になることとなったのか?

そして、いよいよ始まる作戦は、計画通りにいくのか?
今回も楽しんでいきましょう♪

 

 

 

 

※ストーリーのあらすじや感想を書いております。
細かく書いているので、ネタバレしたくない方は
ご注意くださいませ。
一緒に楽しんでいただける方は、お進みください(*^▽^*)

 

 

前回、11話「汝、犀の角のごとく」感想はこちらです(*^▽^*)
【バジリスク 桜花忍法帖 第11話感想】「汝、犀の角のごとく」
今回、「題字」ありましたっけ?見つからないので、イメージ画像にしますm(__)m 11話、相対する「異」なるもの、その心は・・・? 前回は、滑婆さんの過去...
 

 

=====スポンサーリンク=====



 

 

 

10話までの「まとめ記事」はこちらからどうぞ♪
【バジリスク桜花忍法帖】アニメ10話までのストーリーまとめ
 アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」10話までの『まとめ』一覧です♪ 1話から追いかけている「バジリスク~桜花忍法帖」も10話まで物語が進みましたね!皆...
 

 

 

バジリスク桜花忍法帖 第12話「松籟、吹き抜けり」

 

【ストーリー】

叢雲爆破作戦の実行中、足を撃たれてしまう七弦。廃屋に隠れ、涙に手当てを受ける七弦だが、傷は浅くない。
熱にうなされながら、七弦は夢を見る。遠い昔の、優しかった母との旅路の夢を。

 

 

12話、 いよいよ叢雲爆破作戦開始!

 

冒頭・・・
転寝(ごろね)さん特製「紙人形」大活躍の作戦会議にて
今回の作戦の確認!

・城外の「雨」を七弦と涙が陽動
・その隙に、式部、才蔵、現が砲門に爆弾IN

さて、敵もただただ観ているわけではないであろうこの作戦。
うまくいくでしょうか?

 

 

「バジリスク~桜花忍法帖~」OP 陰陽座「桜花忍法帖」♪

 

オープニング曲は、個別に記事を書いております♪(映像ではなく、画像でご紹介してます)

お読みいただけると嬉しいです(*^▽^*)↓

桜花忍法帖OP曲「桜花忍法帖」についての記事・画像はこちら♪
【2018 冬アニメ】バジリスク ~桜花忍法帖~オープニング曲『桜花忍法帖』
 バジリスク桜花忍法帖のOP・陰陽座の「桜花忍法帖」をじっくり見る! 本当は「第一話 感想」で、さらっと触れておしまいにしようと思ったのですがやっぱり...
 

 

 

 

12話 叢雲作戦スタート!響たちも叢雲へ向かう…

 

バジリスク桜花忍法帖#12 叢雲へ作戦のため向かう4人

 

作戦のため、舟を漕ぎ叢雲へ向かう才蔵(さいぞう)、七弦(しちげん)、(うつつ)、(るい)

 

その頃、(ひびき)は「八郎」のことを、転寝たちに報告するのだった。

 

バジリスク桜花忍法帖#12 八郎のことを報告する響
「八郎が来ている・・・間違いない・・・と思う。」

「思う」ってのは、姿は見ていないからですかね。
「私は見かけなかった」と(はちす)は言うが、
響の言う事なら間違いないのだろうと、その場にいた式部(しきぶ)も納得する。

「お前も行きたいか?」と尋ねる転寝。

 

バジリスク桜花忍法帖#12 響に八郎に会いたいか確認する転寝

 

 

「ココも狙われたんだから、響がここにいる方がかえって危ないんじゃ?」的なことを言う蓮。
無言の式部。

 

バジリスク桜花忍法帖#12 響たちを叢雲に向かわせる転寝

「新しい犀防具の調整が住んだら出発だ」
 

蓮の意見を聞き、響の意思を尊重し
留守居の予定だった響たちも出発することとなる。

 

あれ・・・
式部くんは防具の調整のためにこちらに残ったんですね。
冒頭の作戦では、叢雲組だったから一瞬「あれれ?」と思っちゃった。

 

 

七弦、遠い昔の記憶と、叢雲陽動作戦

 

バジリスク桜花忍法帖#12 子供時代、母と旅をする七弦

 

 

いきなり場面が変わって
虫を引き付ける子供と、母らしき女性の姿。

七弦ですね。

子供のころからこの能力持っていたんですね。

 

バジリスク桜花忍法帖#12 虫が集まる七弦を羨望の目で見つめる子供
子供たちの羨望のまなざし・・・

 

母に出発を促される子供時代の七弦。
「秋が終わる前に、着かなくては」・・・と言う母親の言葉が気になりますね。

どう見ても、一般市民ではなく貴族または武家のいで立ちに見えるけど・・・
そんなお家の人が母子2人での旅なんて、なんか訳ありなんだろうな・・・。

 

 

 

 

ところ変わって「叢雲」
才蔵の「眼」で見えるだけで10人はいるという「雨」の皆さん。
今回も手ごわそうですね💦

 

バジリスク桜花忍法帖#12 作戦を開始する七と涙

「万事滞りなければ合図する」と、
七弦と涙は作戦を開始する。

 

 

「桜花」とは果たしてただの「禍い」であるのか?それとも・・・

 

同じころ、
出発準備をする響たち。
防具の調整をしながら、転寝は
「犀の角のごとく」の続きの言葉を諳んじる。

 

「交わりを交わせば、恋い慕う心生じ、恋うる心に従いて苦しみが起こる。
縁上から生まれる禍いを見つめ、犀の角のごとく ただ一人歩め。」

 

【意味】「交わりをしたならば愛情が生じる。愛情にしたがってこの苦しみが起こる。
愛情から禍い(わざわい)の生じることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。

 

その言葉に反応する響。

 

バジリスク桜花忍法帖#12 犀の角の話に反応する響

それって・・・!?
バジリスク桜花忍法帖#12 桜花の謎と犀の角の解説をする転寝

そう思ったか、おまえも・・・
 

 

「まるで【桜花】のことを言っているようではないか?」と転寝は言う。

響と八郎の生み出した技なら、それを変えることができるのも自分たちだけであろうと。
人を恋い慕い、愛おしむことで生まれたのが忍の技なら
「桜花」ははたして「ただの禍い」に過ぎないのか?と。

 

バジリスク桜花忍法帖#12 犀の角の話を聞く式部

僕に言ってるのかと思ったけど違った…
 

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

叢雲殲滅隊の動向やいかに・・・七弦・涙は敵を惑わせ誘い出せるか!?

 

バジリスク桜花忍法帖#12 服をきちんと着て作戦開始する涙

「安心してください!着ていますよ♡」
 

 

「胡蝶」を出す涙。

服は着てます(*´艸`*)(男性陣ガッカリ?)

服の脱着が技の効き目に影響ないなら脱がなくてもいいと思うけどね(*´艸`*)
なんで転寝はわざわざ裸の人形作ったのか(苦笑)
ま、そもそも・・・なんで最初脱いだのかというね~。

 

涙につられた「雨」を片づけていく七弦。

バジリスク桜花忍法帖#12 雨をせん滅する七弦

涙が服着たままだからイラついてるわけじゃありません…
 

いろんな意味で顔が怖い(苦笑)

 

あっさり倒される雨に何か違和感があると思ったら
次の瞬間大量の発砲!
雨の方も、襲ってきた人達は囮だったというわけですね・・・。

涙たちが火薬のニオイに気が付かなかったのは
自分の能力を使用するため風上にいたから。
完全に敵に手玉に取られてしまっていますね・・・。

あっという間に、雨に囲まれてしまう涙と七弦。

 

 

バジリスク桜花忍法帖#12 鉄砲から涙をかばう七弦

 

涙をかばい、足を撃たれてしまう七弦。

「才蔵の眼もあてにならん、こんなに隠れていたとは・・・」と七弦。

 

バジリスク桜花忍法帖#12 その眼で何を見ているのか才蔵

「眼」だから火薬気付かなかった・・・
 

 

しかし、ここから何とか逃げないといけない!

 

バジリスク桜花忍法帖#12 七弦の「松籟」鈴虫の句 上

バジリスク桜花忍法帖#12 七幻の「松籟」鈴虫の句 下

 

 

歌を詠む七弦。
・・・てことは技発動。
大量の虫を呼びますが・・・これで銃から逃げられるのな?

・・・と思ったら、銃口の中に虫さんIN。
・・・なんだか虫も苦労しますね💦

バジリスク桜花忍法帖#12 敵の銃口に入る虫たち

「呼び出されて銃の中に入る。虫づかいが荒いんだよねぇ~」
 

 

いったん逃げるも、雨の追撃はやまず
人が隠れていそうな小屋にも火をつけて回る徹底ぶりです。

なんとか隠れながらやり過ごす涙と七弦。

 

 

 

そして唐突にまた回想シーン・・・

バジリスク桜花忍法帖#12 旅の無事を祈る七弦の母

 

寝る前に観音様に経を唱える母に、「何を祈ったのか」尋ねる七弦に
母は「この旅を見守ってください、そして「秋」が終わらぬよう」と答える。

「武士の子だから」寒くない、大丈夫という七弦。

バジリスク桜花忍法帖#12 母の声に健気に答える七弦

 

七弦の詠む歌を、元々母親も好んでいたようですね。

 

父の知り合いが、秋まで甲賀に逗留している、と母。
その方に会えれば、いずれ士官の道も・・・と言っているので
お家の危機・・・何らかの理由で「武家」としていられなくなったという所でしょうか?

「虫を自在に操る」七弦の能力に感心し、「父の血筋」かなと母。
お父さんが武士で忍術使えるの!?ウーム。何者なんだろ?
ただ、あまり詳しくは言わないから、なんかあるのかな。

それにしても、美人のお母さん。
七弦はお母さんソックリですね(*^▽^*)

 

バジリスク桜花忍法帖#12 七弦の看病をする母

長い旅の途中、体調を崩してしまった七弦。
看病する母親。

 

12話アイキャッチは「七弦と母」

 

バジリスク桜花忍法帖#12 アイキャッチ 蜩七弦と、母

 

今回のアイキャッチは、七弦回ということで

「七弦と彼の母親」

アイキャッチ、毎回見て思うんですが・・・ものすごく絵が綺麗ですよね♪
毎回、どんな絵なのか楽しみにしてる私です。

 

しかし、泣いている母と七弦・・・イヤな予感がするアイキャッチですね・・・

 

 

《次ページ「物語の続き」はこちらからどうぞ♪》

 



スポンサーリンク





次のページへ >

=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.