=====スポンサーリンク=====



アニメ

【バジリスク 桜花忍法帖 第10話感想】「羽衣、修羅を見たり」おとしの滑婆、若かりしあの日…

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

バジリスク桜花忍法帖10話 題字「羽衣、修羅を見たり」

 

バジリスク桜花忍法帖10話! 滑婆が見た「修羅」とは・・・?

 

題名からしてもう「滑婆」のお話なのかなとは思うけれど
彼女の過去は描かれたことはなかったですもんね。

なぜか将軍家のお城に入り込める「つて」があったり
謎の多い女性ではありますが・・・

滑婆さんが経験した「戦場」とは、一体どんなものだったのか?

今回も観て行きたいと思います!

 

 

※ストーリーのあらすじや感想を書いております。
細かく書いているので、ネタバレしたくない方は
ご注意くださいませ。
一緒に楽しんでいただける方は、お進みください(*^▽^*)

 

 

前回、桜花忍法帖9話「胡蝶、舞えり」の感想はこちらに書いています♪

 

【バジリスク ~桜花忍法帖~第9話感想】「胡蝶、舞えり」

 

 

 

=====スポンサーリンク=====
 





 

 

 

10話までのまとめ記事も作りました♪

 アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」10話までの『まとめ』一覧です♪ 1話から追いかけている「バジリスク~桜花忍法帖」も10話まで物語が進みましたね!皆...
 

 

 

バジリスク桜花忍法帖 第10話 「羽衣、修羅を見たり」

 

【ストーリー】

成尋の目的は織田上総介信長の復活、乱世の再来……
そう聞いた滑婆は、かつて経験した凄惨な戦火での出来事を思い出す――悲嘆の念とともに。
一方、叢雲討伐に乗り出した紀州藩は砲撃を開始せんとする。が、その時―

 

 

 

10話、冒頭は「大阪夏の陣」城中の千姫を救う、若き女忍者とは?

 

バジリスク桜花忍法帖10話 大坂夏の陣

 

バジリスク桜花忍法帖10話 城中をさまよう千姫

舞台は大坂夏の陣の大阪城・・・
「おとし!返事をしておくれ!」と滑婆を呼ぶ千姫(せんひめ)

姫に迫る兵士をあっという間に片付けたのは、
若き滑婆(なめんば)

バジリスク桜花忍法帖10話 うら若き「おとしの滑婆」

・・・!?

ものすごくかわいい!!Σ(・□・;)

先週「柿ムシャムシャ」っていじってごめんなさい!

 

「おとし」の装束を不思議に思う千姫。
姫に自分が「伊賀の忍者」であることを告げるのです。

 

 

「バジリスク~桜花忍法帖~」OP 陰陽座「桜花忍法帖」♪

 

オープニング曲は、個別に記事を書いております♪(映像ではなく、画像でご紹介してます)

お読みいただけると嬉しいです(*^▽^*)↓

桜花忍法帖OP曲「桜花忍法帖」についての記事・画像はこちら♪
 バジリスク桜花忍法帖のOP・陰陽座の「桜花忍法帖」をじっくり見る! 本当は「第一話 感想」で、さらっと触れておしまいにしようと思ったのですがやっぱり...
 

 

「高崎城」から姿を消した忠長は「叢雲」に? 皮膚坊は今どこに?

 

その頃、「高崎城」から忠長が姿を消した!・・・と報告を受ける天海
「おそらくあの中におられる」・・・叢雲でしょうかね?
やっぱ成尋に連れて行かれちゃったか。

すみやかに皮膚坊(はだえぼう)に伝えるよう、天海は部下に指示するのだった。

皮膚坊・・・八郎と一緒にいた感じではなかったけれど、今どこにいるんだろうね?

 

 

バジリスク桜花忍法帖10話 紀州の兵を見物する民衆

 

出兵していく紀州の兵士たちを見る一般の人たち。
不安ですよねぇ、変な城がいきなり現れたんだもんね・・・。

バジリスク桜花忍法帖10話 紀州の兵を調べる七弦と涙

バジリスク桜花忍法帖10話 紀州の兵を調べる才蔵

 

七弦(しちげん)、(るい)、才蔵(さいぞう)も情報収集をしているようです。

大筒(大砲)まで持ち出している、という兵の様子を報告する3人。
あれだけの武器があるのなら、もう私たちの出番はないかも・・・と涙。

 

バジリスク桜花忍法帖10話 紀州の兵力の報告する3人

 

バジリスク桜花忍法帖10話 報告を受け考える転寝

 

「さ~て・・・それはどうかな?」と転寝(ごろね)

何者かの気配に気づいて、攻撃する七弦。

そこにいたのは・・・

 

滑婆に「あなたからも武器を収めるよう言ってくだされ」と頼む気配の主。
ウンザリした顔で「またあんたか・・・」と滑婆姉さん。

 

バジリスク桜花忍法帖10話 叢雲討伐の頼みに来た皮膚坊

おつー!おひさー。
 

 

「知り合いか?」と尋ねる転寝にこの顔!(*´艸`*)

バジリスク桜花忍法帖10話 イヤそうな顔の滑婆

 

「わりない仲にございますよ、のう、滑婆殿」と皮膚坊。

フッと笑って「ある意味では、そうかもねぇ」と滑婆。

 

?「わりない」?
恥ずかしながら知らなかったので調べてみた。

 

「わりない」とは「理無い」と書く。その意味とは?

 

「理無い」(わりない)とは?

主に男女の間で「非情に親密である」という意で使用されることが多い。
「理屈や分別抜きで親しい」など、
いわゆる世間一般では通用しない仲、という意味でも使われる。

 

今回の皮膚坊の場合は・・・
滑婆さんは、あり得ぬところで出会った「因縁がある」相手なんですよ・・・との表現かな、と思ったのですが
わざわざこんな言い方するなんて、ちょっと意味深ですよね(*´艸`*)

ちょっと転寝さん、ムカついてますよね💦

 

「叢雲」の討伐願いに来たという皮膚坊…しかし忍者たちは…

 

バジリスク桜花忍法帖10話 皮膚坊を用心する一同

 

「叢雲」の討伐をお願いしたいという皮膚坊に
「何事もお見通しのようなそぶりだが、そもそもお前は何者だ?と転寝。

うん。怪しいものにしか見えないもんね。

「頼みごとをしに来たのなら、氏素性を明かしてから頭を下げてはどうだ?」という
いつになく厳しい転寝に・・・説明しようとする皮膚坊をさえぎって口を開いたのは、滑婆。

 

バジリスク桜花忍法帖10話 天海の名を出す滑婆

「天海の犬さ!」
 

 

天海という名を聞いて、どよめく皆。
「私たちを利用しに来たのね」と響。

 

「利用なんてとんでもない!成尋衆を倒すことはあなたたちの宿願でもあるでしょう。」
・・・と皮膚坊。お坊さんは話が上手いな・・・。

そこは皆もよくわかっていて、
「どんなにうまいこと言っても、自分たちの血を流さずに済ませる気。
もう二度と、おまえたちの駒にはならない!」と激しく拒否する若者たち。

皮膚坊は、顔色一つ変えず
「滑婆どのも、考えは同じか?」と聞きます。
???なぜ?
滑婆は協力を申し出るであろう「何か」を皮膚坊は知っているのでしょうかね?

しかし、返事のない一同に
「熟慮のうえ、お返事を。また来ます。」と
「世間話しに来ただけ」みたいな・・・凄腕の営業マンみたいな去り方をする皮膚坊さんでした。

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

「阿修羅」の修理をしながら、転寝は乱世を語り、滑婆は沈黙する…

 

「ちょっと阿修羅の修理を手伝ってくれ」と滑婆を誘う転寝。
滑婆さんの抱える「何か」を察したのでしょうね。

 

「それにしても阿修羅とは・・・たいそうな名前を付けたもんだ」と滑婆さん。

 

バジリスク桜花忍法帖10話 阿修羅(アスラ)と帝釈天(インドラ)

左が帝釈天(インドラ)、右が阿修羅(アスラ)
 

 

「阿修羅」とは、「帝釈天(インドラ)」と多く戦った神様の名前なんですね。

・・・覚えてますでしょうか?
帝釈天(インドラ)は以前・・・敵の涅哩底王(ねいりちおう)が召喚した、象に乗った巨大な神様の事です。

なるほど・・・転寝が直している「阿修羅」というのは
この回にトランスフォームしたアレのことなのか?(違ってたらすみません)

それにしても、ここの忍者たちは皆博識ですねぇ。

 

参考記事帝釈天(インドラ)の出てくる【バジリスク ~桜花忍法帖~第5話感想】「桜花、狂奔す」はこちらから

 

 

「阿修羅」(あしゅら)とは?

 

ゲームや小説などにもよく出てくる「阿修羅」は戦闘神であり
「自身の正義」に固執し善心を見失った妄執の悪とされた。
(もともとは良い神様だったらしいのですが、帝釈天に自分の娘を奪われた怒りで暴走して地位が落とされたそうな。)

 

 

 

バジリスク桜花忍法帖10話 戦乱の世について話す転寝と滑婆

 

「巷が戦乱の世になるのも悪くない。また我々が必要とされる世になる」、と転寝の言葉に
「本気かい!」と動揺する滑婆。

「散っていった仲間の仇も打たねばならない」・・・と言う言葉にも
それはそうだけれど・・・とどこか物の詰まった言い方の滑婆。

・・・転寝は何か考えがあって、
滑婆にこの話をしているのでしょうね・・・彼女の「迷いの正体」を彼女自身が思い出せるように・・・。

 

 

織田信長って、どうやって復活するのか…?考える3人…答えは出ず!

 

バジリスク桜花忍法帖10話 信長の復活について話す

 

外での七弦、涙、才蔵も「信長の復活」を疑う。
命を落としたはずの彼が、いったいどうやって生き返るのかと。

うん。それは私も早く知りたいよ!

今は考えても仕方がないので、
紀州の兵たちの攻撃の様子を見てくる、と才蔵。
涙は皮膚坊がまた来た時のために、響の側に居ることに。

 

バジリスク桜花忍法帖10話 皆を守る決意を表す響

 

響は「みんなを理不尽な戦いで危ない目には合わせない!私が追い払う!」と
考えが変わっていないことを示す。
(基本的な考えは八郎と一緒な気がする。)

響は、とかく自分が前に出て皆を守ろうとする強さ・行動力が素敵ですね。
前作のヒロインであり、母である朧ちゃんとは全く違う表情をするのが新鮮です。

 

 

 

おとし茶屋ではだんごを食べる式部と蓮、現・・・お客さんは戦見物に・・・

 

バジリスク桜花忍法帖10話 だんごを欲しがる式部

 

お客さんが残しただんごかな?
「これ食べていいか?」と式部(しきぶ)。(もしかして、食いしん坊キャラなのか )(*´艸`*)
「ん?まぁいいけど」と(はちす)

そして・・・
「あんたがそのナリでここにいたら、お客が来ないだろ!」と毒を吐く(うつつ)
それに対し式部は
「今日はみんな戦見物に夢中で、ここに来ないよ~」(モグモグ)

すごい、受け流してだんご食べた(笑)メンタル強い(*´艸`*)

 

バジリスク桜花忍法帖10話 川岸に陣をはる紀州の兵

 

川岸に展開する紀州の兵たちを見物する民衆は、どっちが勝つか「賭け」を始めるなどお気楽なもの。
その人混みの中には、立ち去る八郎の姿も・・・。

 

 

☆次ページ「物語」の続きはこちらからどうぞ♪☆
 



スポンサーリンク





次のページへ >

=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.