=====スポンサーリンク=====



アニメ

【アニメ バジリスク桜花忍法帖まとめ②】桜花忍法帖11話~最終話までストーリーまとめ

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 

アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」11話~最終話までの「まとめ」です♪

 

 

2018年の冬から始まったアニメ「バジリスク桜花忍法帖」も
24話にて物語の幕を閉じました。

「バジリスク」としては、案外幸せな終わり方だったのでは・・・?と私は思っております。

前回1~10話までの「まとめ一覧ページ」を作成しましたので
11話~最終話までの「まとめ」もこちらに作りたいと思います。

こちらから、各ページに飛んでいけるようにしています。

おおまかにアニメ「バジリスク桜花忍法帖」について調べたいとき、
また、物語の思い出に浸りたいとき
ご利用いただければ幸いですm(__)m

 

↓アニメ「バジリスク桜花忍法帖」10話までのまとめはこちらです。読んでいただけたら嬉しいです♪↓
 アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」10話までの『まとめ』一覧です♪ 1話から追いかけている「バジリスク~桜花忍法帖」も10話まで物語が進みましたね!皆...
 

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

【バジリスク桜花忍法帖 11話】 「汝、犀の角のごとく」まとめ・感想リンク

 

 

バジリスク桜花忍法帖11話 準備に取り掛かる伊賀と甲賀 転寝が立てた叢雲爆破作戦の決行前、式部の命綱“犀防具”が不具合を起こす。
犀防具の修繕中、成尋の手の者「醜郎」に強襲を掛けられ
洞窟に閉じ込められる式部と蓮。

そこで、独り歩んできた自らの道を吐露する式部。
式部の言葉を黙って聞いて蓮は、自らの経験と
「強い決意」を彼に語るのだった。

 

 

今回、「題字」ありましたっけ?見つからないので、イメージ画像にしますm(__)m 11話、相対する「異」なるもの、その心は・・・? 前回は、滑婆さんの過去...
 

 

11話は、甲賀・甲羅式部の孤独な幼少期を描いたもの。
包帯や防具で押さえつけていないと、体が膨張してしまう…という「特異体質」を持って生まれたため
捨て子となり、寺院にて孤独に過ごした式部。
友を望むもかなわず、気は優しいが極端に自己肯定感が低い青年となる。

式部の苦悩を煽るように現れた敵もまた「彼と似た境遇」であった者。

仲間を得た式部が、どう敵に立ち向かうのか…ということと
彼に自分の境遇を語って聞かせる蓮の強さが見どころ。

 

 

 

【バジリスク桜花忍法帖 12話】「松籟、吹き抜けり」まとめ・感想リンク

 

 

バジリスク桜花忍法帖#12 子供時代、母と旅をする七弦叢雲爆破作戦の実行中、足を撃たれてしまう七弦。
廃屋に隠れ、涙に手当てを受ける七弦だが、傷は浅くない。
熱にうなされながら、七弦は夢を見る。
遠い昔の、優しかった母との旅路の夢を。
七弦の術「松籟」の名のもとになった母との別れが語られる…。

 

 

 

「アニメ」桜花忍法帖12話、今回は蜩七弦(ひぐらし しちげん)のお話・・・ 前回は甲賀の甲羅式部(こうらしきぶ)の生い立ち、過去回で自らの「体質」に苦し...
 

 

12話は、甲賀・蜩七弦(ひぐらし しちげん)の母との思い出深い幼少期が、
敵との攻防戦の合間に語られます。
強く、気高く優しかった母を失ったのは、自分のせい…と
今も気に病む七弦を、優しく、あったかく包み込む涙(るい)が素敵です。

後に、この物語の「真実」が語られることになるので
七弦ファンは、よ~く観ておいて損はないお話です!

 

 

【バジリスク桜花忍法帖 13話】「現、奈落の夢を見る」まとめ・感想リンク

 

 

バジリスク桜花忍法帖13話 夢を見る者・見ない者才蔵と行動を共にする現。
才蔵の眼と現の幻術、二つの忍法を組み合わせ、敵襲を葬っていく二人。
現の幻術を目の当たりにした才蔵だが、彼は知らない
――現が“なぜ”地獄を見せられるようになったのかを――。
現が術を会得する為に、失ったもののため、彼女は今も、地獄の夢を見続けていた…。
綺麗な夢を望んでいるにも関わらず。

 

 

 アニメ、桜花忍法帖…今回は戦いのさなかの、伊賀の現(うつつ)の過去物語! 前回は七弦の過去回でしたが、今回は現の過去も描かれるようですね。全員分、過...
 

13話は、伊賀の現(うつつ)の幼少期の物語が、敵との戦いのさなかに語られます。
現の幻術は「敵に本物の地獄」を見せるもの。
本物の地獄を見せるには、「本物の地獄」を知らなければならない。
そのため、子供の頃から「地獄」を見る修行をしていた。
術の会得の最後に、彼女が見た地獄は壮絶で…
今も悪夢を見続けるという、彼女のトラウマとなっていた。

「本当は綺麗なものを見たいし、見せたい」現の話を聞き、
いつも通りの毒舌で話す才蔵ですが
彼女に毒を吐かれても、助けに来るし…彼女の地獄をも見る。
理解してあげたかったのかも・・・と推測させる物語です。

強くあらなければ!という現が見せた自身の弱さと
一見つっけんどんな態度の才蔵が、実は現をすごく思いやっている描写が見どころ。

 

 

【バジリスク桜花忍法帖 14話】「叢雲、滅すべし」まとめ・感想リンク

 

バジリスク桜花忍法帖14話 桜花発動、無事に下りてくる二人作戦遂行を孔雀によって阻まれる才蔵達。
逆転の一手、その機会を伺う才蔵だが……。
一方、作戦の最中、再び合間見える八郎と成尋。
苦戦を強いられる八郎の危機に響が駆けつけた時
二人に向かって放たれる叢雲の砲弾――。
その時「桜花」が再び発現する!

 

 

 バジリスク桜花忍法帖14話、 立ちはだかるのは…成尋と孔雀啄! 前回までは各個人の「過去回」だった印象ですが今回はそんな示唆もなく、いよいよ本格的な戦...
 

 

14話、才蔵たちと孔雀啄・・・そして別行動を取っていた八郎と成尋
それぞれの戦いが始まります。
忠長救出の任務のため潜入した皮膚坊は、忠長本人から直に拒否されてしまいます。

この回明らかになる
孔雀啄の術「時の逆鉾」の盲点、
そして八郎と響の危機に発現した「桜花」の完成度が見どころ。

 

 

【バジリスク桜花忍法帖 15話】「盾眼、謀られたり」まとめ・感想リンク

 

バジリスク桜花忍法帖15話 響に愛の告白をする八郎叢雲は消失した。
平穏を得たはずの面々だが、成尋衆が滅した保証はなく、どこか落ち着かない様子。
眼を覚ました響は、八郎がすでにどこかへ出立したことを知り、寂しげに笑う。
が、ある晩、響の部屋に八郎が密かに戻ってきて、彼女に「自分の気持ち」を伝える。
その頃、京の「本能寺」では、とある戦いが繰り広げられていた。

 

 

アニメ「桜花忍法帖」、盾眼とは響のこと?何かが起こる? 前回は、作戦が功を奏し・・・敵の城「叢雲」の破壊に成功しましたね!しかし、城は破壊したとは言って...
 

15話は、前回敵の城の襲撃に成功した八郎たちが、不安を抱えつつ日常に戻っています。
「きちんと滅びたことを確かめていない」と警戒を緩めない転寝と
敵の詳細を確かめるため、再び響に黙って出立する八郎。
響は、八郎のことを口にはしないが・・・ある日、夜に八郎がやってきて「気持ちを告げる」のです。

響の八郎を思う気持ちを、最大限利用した敵の作戦と
本能寺での八郎VS孔雀啄が見どころ。

 

個人的には、どうやら花粉症っぽい転寝さんが
おとし紙(ちり紙)使いすぎて滑婆さんに叱られるシーンが一番好きです!ぜひご覧くださいまし。

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

【バジリスク桜花忍法帖 16話】「巨城、鳴動す」まとめ・感想リンク

 

バジリスク桜花忍法帖16話 優しく転寝を見つめる滑婆 捕らわれた響。ついに姿を現した機動城郭となった叢雲。
新五宝連の集結を待たずに叢雲へ侵入せんとする新五花撰達に
転寝はあるものを渡す。
叢雲の機動停止に苦心する滑婆の前に皮膚坊が現れ、合力を申し出るが……。
成尋衆に捕らわれてしまった響は、城内で目を覚ますが…
そこには自分の名を呼ぶ、見知らぬ女性が微笑んでいた。

 

 

 桜花忍法帖16話、操られた響は無事なのか!?そして皮膚坊もまたまた参戦? 前回の予告から察するに・・・忠長さまを奪還しに、また皮膚坊(はだえぼう)...
 

 

16話は、捕らわれてしまった伊賀の棟梁・響を救出するために、新五花撰達が奔走する話。
転寝と滑婆が出会った頃の回想や、目の前に現れた皮膚坊の意味深な発言に注目です。

そして捕らわれの身となった響が出会った意外な人物とは・・・!?

 

 

 

【バジリスク桜花忍法帖 17話】「一同、修羅に集う」まとめ・感想リンク

 

バジリスク桜花忍法帖17話 雪の中掃除でかじかんだ手を温める滑婆と涙響が捕らわれの身であることを成尋衆の一人、夜叉至から聞かされる八郎。
彼らを撃退し、響救出のため走る!
一方、涙は現にある事実を打ち明ける。
今だからこそ告げたいのだ、と言う涙。
彼女の幼少期の経験が、今でなくては、そう思わせたのだった……。

 

 

 桜花忍法帖17話、叢雲に全員集合? 前回は、皮膚坊の滑婆姉さんへの「成功したら俺の女になってくれ」発言があり・・・姉さんの微妙な顔もあり(苦笑)と盛...
 

 

17話は、伊賀の涙(るい)の幼少期の出来事が語られます。
滑婆との出会いで忍びとして生きていくこととなった彼女の無邪気な笑顔は必見です。
幼少期の経験から、涙は現に今…「自分の気持ち」を伝えることとなります。

一方、
伊賀勢を送り出した後、自らも出撃準備を始める転寝と
響が出会った朧の言動が見どころです。

 

 

↓18話~の感想・リンクはこちらからお進みください(*^▽^*)↓

アニメ「バジリスク桜花忍法帖」11~最終話まとめ続きはこちらから》

 

 

 



スポンサーリンク





次のページへ >

=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.