アニメ

【バジリスク 桜花忍法帖 20話感想】「蓮華、俱に見るべし」 式部、蓮の壮絶な戦い!

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

 

 

 

 七弦の前に現れたのは、とある「女」 彼の術「松籟」は効くのか?

 

バジリスク桜花忍法帖20話 女の気配を感じる七弦

「誰か来る・・・女のニオイがする」
 

とにかく上へ進むしかなさそう・・・という七弦たち一行。

いきなり「女性のニオイ」がすると七弦。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 現に七弦の術を説明する涙ちゃん

あいつ、虫を呼ぶだけじゃなかったんだったっけ?
 

きょとんとする現に説明してあげる涙。

七幻の技は、本来、女を篭絡するためのものだよ」・・・と。
まぁ、いつも虫を呼んでるだけだもんね・・・観てる方も忘れかけてる設定(苦笑)

 

 

右の通路にその気配を感じた七弦は、反対側の道に行くよう涙と現に指示する。

・・・ひとりでやるのか・・・危ないでしょ・・・

しかも女って言ったら・・・あの人しかいないじゃない?

 

バジリスク桜花忍法帖20話 七弦の術に信頼を寄せる涙

 

「夜叉至・・・やつの「宿命通」には気を付けて。あんたの術に抗える女はいない!」と涙ちゃん。

「才蔵の弔いは私が出す!」と七弦。
皆、顔には出さないけれど・・・怒りに燃えています。

 

しかし・・・皆さん、覚えてますか?

七弦、前に夜叉さんに「宿命通」かけられちゃってるんですよ・・・

夜叉さんが「指示」するだけで、もう敵の意のままになっちゃうんですよ。
もちろん、本人に自覚はないし、誰もそんなこと知らないけれど。

普通に考えたら、戦う前からもうピンチなんだけど・・・
大丈夫なのかな。。。どうなっちゃうのかな。

 

 

関連記事【バジリスク 桜花忍法帖 15話感想】「盾眼、謀られたり」成尋衆の反撃が今、始まる!

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

 

七弦VS夜叉・・・戦わずしてもう勝ってる、夜叉至の最強「宿命通」

 

バジリスク桜花忍法帖20話 術「松籟」を夜叉にかける七弦

 

早々に「松籟」(しょうらい)を出す七弦。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 七弦に近づいて来る夜叉至

 

近づいて来る夜叉至・・・
はたして七弦の術は効くのか・・・。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 七弦の前に再び現れる母と観音様の幻

「七弦・・・」
 

その時突然彼の前に母親と仏さまが!!

余裕しゃくしゃくな夜叉さん。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 夜叉至の術にかかり操られる七弦

抵抗することも苦しむこともなく・・・
あっという間に夜叉至の術中にかかる七弦。

 

結局、術が効くのかどうかもわからんうちに操られてしまった七弦だったのでした(´・ω・`)ショボーン

 

 

 

バジリスク桜花忍法帖20話 城に潜入し、皆の後を追う式部と蓮

 

そして、外の敵を倒し・・・城内にやってきた式部と蓮。

先に行ったと思われる七弦たちの後を追います。

 

 

蓮の過去・・・優しい兄との穏やかな日々・・・「好きなものの順」

 

バジリスク桜花忍法帖20話 蓮の過去回想、咲き乱れるハスの花

 

バジリスク桜花忍法帖20話 兄に武器を選ぶよう言われ迷う蓮

「選べ、兄と同様不器用なお前が、己の命を預けるものだ」」
 

どうやら兄と思われる人物に、自分の武器を選ぶように言われている幼い蓮。

同様・・・ということは、お兄さんも忍術を使えない忍者だったのか・・・。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 選んだ銃の練習をする蓮

 

銃を選び、撃つ練習をする蓮。

兄と穏やかに日々を過ごしながら、銃の練習を続ける蓮。

少しずつではあるが、上達してくる。

その姿を優しいまなざしで見守る兄。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 好きなものの順番を付けると教えられる蓮

ある日、突然「兄と短筒では、どちらが好きだ?」と問われ、きょとんとする蓮。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 兄の質問にキョトンとする蓮

 

兄は優しく説明する。

「我らは忍びだ。忍びは、好きなものに順番を付けておかねばならぬのだ」と。

そう言われ「兄さま!!」と無邪気に答える蓮に、兄は続ける。

「本当の順番を決めるのは我等ではない。その順番はすでに決まっている」と。

 

 

ある日、蓮と兄は野党に襲われてしまう!

家には火がつけられ、兄は刃物を突き付けられる。

バジリスク桜花忍法帖20話 夜盗に襲われる蓮の兄

 

「こいつらを逃がすな!」と叫ぶ兄。俺に構わず敵を撃て・・・と。

お前の選んだ、もの(武器)を裏切るな・・・と。

そして兄は盗賊と共に湖の中へ・・・。

 

 

親を倒さなければいけなかったり、裏切られたりがあった者もいた中で
蓮は優しい兄と、穏やかに修行をし、暮らしていたのですね。
少なくとも夜盗が来るまでは・・・。

それにしても蓮は「妹」だったんだ。
あまりにもしっかりしているので意外。

年の離れたお兄さんとの姿は・・・
前作の兄妹、左衛門とお胡夷ちゃんを思い出します。

 

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

 

式部と蓮の前に現れたのは、夜叉に操られた七弦!・・・どう戦う?

 

 

バジリスク桜花忍法帖20話 近づく敵の気配に用心する蓮と式部

 

先を急ぐ二人の前に、怪しい女の声が。
夜叉至の気配を感じた蓮は、式部に下がるように言う。

 

しかし、その場に現れたのは、夜叉に操られた七弦だった!

 

容赦なく襲い掛かってくる七弦。

バジリスク桜花忍法帖20話 操られ、蓮に襲い掛かってくる七弦

 

バジリスク桜花忍法帖20話 七弦にためらい、身動きが取れない蓮

 

敵意を持って攻撃してくる・・・!
しかしそれは自分たちの仲間である「七弦」

蓮は一瞬「迷い」が生じてしまったのか、攻撃をためらってしまいます。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 七弦に銃を持つ両手を切られてしまう蓮

 

操られた七弦は、ためらうことなく蓮の両手を切り落としてしまうのです・・・

・・・なんてことを・・・。

 

 

苦しむ蓮の様子に逆上し・・・涙を流しながら立ち向かおうとするも・・・

 

バジリスク桜花忍法帖20話 蓮を攻撃され、逆上する式部

バジリスク桜花忍法帖20話 ためらいなく式部に攻撃する七弦

 

七弦は・・・式部の体にも刀を立てる。いっさいのためらいもなく。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 七幻を操り、うすら笑いを浮かべる夜叉至

 

七弦の後ろで、薄ら笑いを浮かべる夜叉。

いったん彼女に操られた者は、彼女に何かがない限りは元に戻らないのでしょうから・・・絶望的な状態。

ここはもう片付いたも同然・・・と他の仲間を探すよう七弦に指示する夜叉。
七弦はフラフラと、その場を去ってゆく。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 夜叉至の鏡を見てしまう式部

 

そして夜叉の鏡を見てしまう式部。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 式部に地獄に行けと命令する夜叉

「その鎧がなければお前さまは破裂するとか。では、そいつを外して地獄へ行け!」
 

【宿命通】で「鎧を外せ」と命令されてしまう。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 鎧を外す式部と、動くことのできない蓮

 

苦しみながら、鎧を外し始める式部と
傷が酷く、出血多量で動くこともままならない蓮。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 膨張する体に苦しむ式部
鎧を外し、膨張する体に苦しむ式部・・・

 

そんな式部を見て高笑いし、化物と罵る夜叉。

バジリスク桜花忍法帖20話 式部を化物と罵る夜叉

「しかし醜いな!・・・化物・・・!」
 

 

 

 

そこへ、彼女が立ち上がる・・・!

出血多量で、もう立てないくらい重症であるはずの蓮が。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 満身創痍の身で、立ち上がる蓮

 

「違う!・・・化物はお前だ!」
 

バジリスク桜花忍法帖20話 宿命を変える!と夜叉に言い放つ蓮

 

何を・・・と戸惑う夜叉に、短筒を向け、彼女は言い放つ!

 

「今から、お前のその薄汚い宿命とやらを・・・変えてみるのよ!」
 

 

蓮が最後の力を振り絞って打った弾は・・・

 

バジリスク桜花忍法帖20話 蓮、最後の力を振り絞り銃を撃つ

 

バジリスク桜花忍法帖20話 夜叉を襲う蓮の銃攻撃

 

 

バジリスク桜花忍法帖20話 夜叉至の眼を貫いた攻撃

「目が・・・見えぬ・・・!」
 

蓮の弾は夜叉に当たり、その眼を貫く。夜叉にも大ダメージを与える!
思わぬ攻撃に狼狽し、パニックになる夜叉至。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 それがさだめと夜叉に言う蓮

「思い知ったか!・・・それが、お前の宿命さ・・・」
 

バジリスク桜花忍法帖20話 自身の宿命を受け入れない夜叉

「信じぬ・・・そのようなさだめ・・・」
 

 

そして苦しんでいたはずの式部が夜叉に向かう。

彼にかかった「宿命通」は夜叉が自分の宿命を信じなかったことで解けたのだ!

 

バジリスク桜花忍法帖20話 宿命通が解け、自由に動けるようになった式部

「たった今、お前が解いてくれたのさ!宿命など信じるな、と」
 

バジリスク桜花忍法帖20話 式部に自身の道を歩むよう言い残す蓮

「式部、自分の進む道は自分で決めるんだ…私はそうしてきたよ…そうだよね、兄さま…」
 

そして静かに瞳を閉じる蓮・・・

 

式部はもう操られてはいないので、鎧を付けて戦うことも出来るのですが・・・

鎧を付けないまま、夜叉を全身で締め上げ、膨張を続ける式部。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 夜叉と共に弾け飛ぶことを選ぶ式部

「俺と蓮は天竺へいく!お前は地獄へ行け!」
 

式部はそのまま膨張し、夜叉と共にはじけ飛ぶのだった。

 

 

何から手を付けていいのか困る八郎・・・今回は困って終わる・・・

 

 

バジリスク桜花忍法帖20話 八郎をうっとり見つめる響

 

金剛楼閣に誘おうとする孫六と・・・
恋する乙女な響(朧)

そしてニヤリと笑う成尋。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 成尋、契りを命令する

「さあ契れ!・・・契るがよい!我に見せよ!」
 

なにその別の意味での煽りは(苦笑)ちょっと変態的だし。

 

バジリスク桜花忍法帖20話 大ピンチ、為す術のない八郎

「もうどうしたらいいのかわからない!この状況・・・」
 

八郎は、この修羅場を・・・どうくぐり抜けるのでしょうか・・・。

 

今回はここまで。

 

 

======スポンサーリンク======



 

 

 

バジリスク桜花忍法帖 20話EDは「HOT BLOOD」

 

バジリスク桜花忍法帖20話 ED 追悼式部

 

子供の頃から、気が優しい・・・自分に自信のないキャラクターでしたが
蓮に助けられて「自分の道」を貫き通す強さを身に着けた式部。

最後は「鎧を外して死んだ」彼でしたが、その「道」は自分で選んだもの。
人に操られずに、敵と共に散ることを選んだ彼は立派だった。

昔から望んでいた「仲間」を得た彼は、きっと幸せだったと思いたい。

 

 

バジリスク桜花忍法帖20話 ED 追悼蓮

 

子供の頃から、周囲を気遣い、自分の使命もはっきりとわかっていた聡明な蓮。

「忍術が使えない」という忍者としては最大限の弱点を
使命を果たすために「武器」でカバーしてきた彼女。

微塵の迷いもなく「自分の道」をしっかり持っている「強さ」が印象的な
格好良いキャラクターでした。

思えば・・・
同じように「忍術を使わず、発明で皆を助ける」転寝には
自分と似たものを感じていたように思います。
(ちょっと蓮のお兄ちゃんの物腰も転寝っぽい気もする)

 

バジリスク桜花忍法帖 甲賀 甲羅式部バジリスク桜花忍法帖 伊賀 蓮

 

 

 

 

 

 

 

 

式部と蓮のTwitterアイコン!(公式サイトで配布しています)

二人とも可愛いですね(*^▽^*)

 

 

次回、バジリスク桜花忍法帖21話 「於母影、失せるべし」

 

バジリスク桜花忍法帖20話 21話次回予告「於母影、失せるべし」

 

 

===ナレーション===(耳コピ)

殺し合うがよい。
もとより、甲賀と伊賀は仇敵。
仲良うつるんでおるより、争う方がよほど自然に見えるわい。

 

於母影は「おもかげ」・・・かな。
辞書を引くと、詩集の名前ばかり出てくるのですが
「面影」とかけた言葉なのかな?

「母」というワードが入っていることから、七弦関連かな?

観てからじゃないとわかんないけど。

伊賀と甲賀は仇敵なんだから、戦うのが似合い・・・と言ってることから

困った状況になってる「八郎と響(朧)」のことなのか
はたまた・・・
「七弦と涙、現」のことなのか。

 

 

 

【桜花忍法帖20話感想】壮絶な最期を遂げた蓮と式部・・・その道も自分で決めた道・・・

 

七弦には言及せず、責めもしなかった式部と蓮。
「宿命通」の前では、誰でも彼のようになってしまう可能性があったのだから。

視聴者である私は七弦には「ちょっと!」と思いたくなっちゃうことが多々あるんだけど・・・
「忍び」の世界の話で言えば・・・
たとえ仲間だろうとも、自身を襲ってくる者に手加減をしてはいけなかったんですね。

分かってはいるけれど・・・辛い結果です😢

「宿命通」の夜叉を倒したということなら、七弦も元に戻っていると思われるので
彼がこれからどうするのか・・・
そして残された者たちが、彼をどうするのか・・・
皆が辛い結果となりませんように。

 

今回は・・・見事に散るとは言っても
何とも後味の悪い・・・仲間によって攻撃され倒れることになるという結果に終わりました。

「命」ともいえる銃を持つ手を失っても、
最後まであきらめずに戦った蓮・・・。
大好きなキャラだっただけに、その壮絶な最期には・・・言葉が出ません。

式部も、優しい性格だっただけに・・・味方に攻撃されて辛かったのでは。

散るのは怖い…と子供の頃に言っていましたが
敵を倒すため、ためらいなく自分の道を選んだ式部。

夜叉至を・・・倒せたのは、唯一の「救い」なのだろうか。

どうか2人とも、天竺で幸せにね・・・。

今回の御見事な退場・・・精神的にダメージが大きい。

 

そして!

八郎と響(朧)ね!

どうにもこうにも、どうすっか!困ったなぁ~・・・で終わっちゃいましたが
八郎どうするのコレ?

今なら響(朧)は八郎の言う事聞くのかな?
ちょっと座って待っててもらって、成尋衆を倒しにかかるというわけにはいかないのかなぁ?

来週も孫六がブンブン金剛楼閣~♪で終わんないことを願います。

 

 

おまけ 式部の「膨張してしまう」体質とは?本当にあるの?

 

気圧の急激な変化で、ダイバーや宇宙飛行士がかかる場合があるという
「減圧症」というものならあるようなのですが
急激な環境と気圧の変化によるものなので「普通に暮らしているだけで」・・・という症例は見当たりません。

ん~専門家じゃないのでよくわかんないですけど
極端に気圧に弱い体質・・・とかなのかな。

普通の人が大丈夫な気圧をも苦しく感じてしまう敏感な特異体質とか?

 

アメコミで大きくなる人はいましたっけね?ハルクだっけ?
ハルクはガンマ線浴びたからで、巨大化の理由は怒りとか負の感情だしな。
ちょっと式部のとは違うか💦

 

ちなみに・・・
前作「甲賀忍法帖」の原作小説では、各々の忍法や体質について説明してくれてます。
例えば、弦之介の瞳術は催眠術のようなものかな、とか。

今回の「桜花忍法帖」はどうなのかな?
アニメが終わったら読んでみるつもりですが、楽しみです♪

 

 

アニメ「バジリスク~桜花忍法帖~」Blu-rayBOX情報♪

 

 

「バジリスク~桜花忍法帖~」Blu-rayBOX【下巻】の情報も出ました!

 

 

 

 

今回もお読みくださり、ありがとうございました(*^▽^*)

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-アニメ
-,

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.