普段のくらし

【2018年 お正月】年賀はがきとお年玉くじ

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

年賀はがき記事イメージ画像

年賀状の季節…少なくても、その分「心をこめて」やり取りを…

 

年賀状が相手のところに届き、そしてわが家にもやってくる・・・ここ数日はそういう日ですね!
郵便局で働いてくださっている方には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私は完全なる「お手紙世代」で、子供の頃は「文通」というものもしていましたから
「お手紙大好き人間」です(*^▽^*)
が!・・・
後述しますが、近年は様々な事情を鑑みて・・・出すのは数枚です。

今日は年賀状について書いていきたいと思います♪

 

===スポンサーリンク===



 

簡単な「年賀状の歴史」「お年玉付き」は、民間人のアイディアから!?

 

古くは平安時代から「文書」による「年始のあいさつ」というものがあったといいます。

明治維新後、1873年に「郵便はがき」が発売されると、
「安価で年始の挨拶ができる」と「年賀状」の習慣が広まっていき、数年後には「年末年始の行事」として定着。
当初は大量のはがきに、郵便局が大混乱だったそうな💦
きちんとシステムを整備して、全国の郵便局で取り扱えるようになったのが1905年。

太平洋戦争の間は自粛の声も高まり、戦後は混乱のため取り扱いがなかったそう。
再開されたのは1948年
翌年の1949年には、初めて「お年玉付き年賀はがき」が発売され、大ヒットとなるのです。

 

「お年玉付き年賀はがき」は京都在住の民間人が考えたもの

 

終戦当時、京都在住で大阪で会社を営む林さん、という民間の方が
「終戦直後で混乱しているこの時に、年賀状が復活すれば互いの消息を知ることができる!」

そして、このはがきに「お年玉くじ」を付ければみんなに買ってもらえる
「寄付金」も社会福祉のためになるであろうと、アイディアをまとめて自前で見本を作り
当時の郵政大臣に紹介状を書いてもらい、プレゼンしたのだそうです。

前例のないことで、すぐに却下されますが
林さんは粘り強く交渉を続け1949年の暮れに「お年玉付き年賀はがき」が発売されることになったのです。

最初の景品は特等で「ミシン」1等「純毛洋服」他、2等は「学童用グラブ」だったそうです。

これまでの「日本の年賀はがき文化」の父であると言えますね♪

 

 

年賀状、「プリントゴッコ」が羨ましかった子供の頃!

 

子供の頃は、クラスのほとんどの子に出していました。
一枚、一枚手書きで・・・干支の絵を描いたりしていましたね(*^▽^*)
凝ったハガキを作るのが好きで、雑誌の切り抜きを貼ったり、ちぎり絵にしたり・・・
今では考えられないくらい時間を使っていました!

 

でもねぇ~、本当は一度でいいから「プリントゴッコ」をやってみたかったの!

 

当時あった「簡易式のはがき印刷機」で、自宅で簡単に「印刷」ができるというもの。
今現在はもう「製造中止」されています。

 

クラスの何人かはこの「プリントゴッコ」年賀はがきでね、すご~く羨ましかったのを覚えてます!

私も欲しいな~~…と思ってたけど、
我が家で年賀状を書くのは私一人だったので、願いはかなわず!
やってみたかったなぁ~。

まぁ、PCでデザイン考えるのも面白いんだけどね♪

 

大人になってからは、ほとんど出さなくなってしまいましたが
結婚し、子供が生まれてからは復活。
双方の両親や親せき、夫の職場や友人への代筆、書いておりました!

 

===スポンサーリンク===



 

 

「書かない」人が増えたため、我が家もそれに倣う…

 

数年、年始は当たり前のように「年賀状」のやり取りをしていたのですが
両親や親せきなど「そろそろ終活始めるから、年賀状はおしまいにするね」という方が増えてきたんです。
返事は良いから・・・子供の成長報告・近況報告だから・・・と言ってはみたのですが
「返事を出さないと悪いなぁ~と思っちゃうから」と言われ、
そのためだけに年賀はがきを買いに行ってもらう手間を考えたら、かえって悪いなと。

友人などでも、やはり「はがきが来るから、返事を出すために買いに行く」という子もいたので
思い切って我が家も、本当に限られた人にしか出さない方式にしました。

近況報告をしたい人にはメールを出しています♪

 

最近の子供世代は、本当に「お手紙」を出さない!

 

時代の流れなので、悪いことじゃないとは思うのですが
我が家の子供たちも「お手紙」は・・・本当~~に出さないですね!
授業も含めて、今までに数回しかないのじゃないかというくらい。

今は個人情報のこともあり、先生も出す方はまれ。
(先生には返事を書くように言ってますが「ほとんどの子は書かないよ!」と子供に言われちゃいました💦)
子供同士でも、やり取りしないみたい。
せめて、書いてくれた方には返事をすることは教えないといけません…。

そのせいか、住所の書き方など覚えておらず💦
たま~に手紙出すときは教えてあげないといけません┐(´∀`)┌ヤレヤレ
図に書いて部屋に貼っておきましたよ!まったく~~。

今年から「はがき料金」も値上がりするし、新世代の若者たちは
ますます出さなくなっちゃうのかも。

 

欧米への新年の挨拶はクリスマスカードに添えて…

昔々、イギリスの子と文通していたのですが、
イギリスでは「年賀状」がないので、クリスマスカードに一言添えていました♪
一応、日本文化の紹介で年賀はがきを入れておきました(*^▽^*)

 

最後に… お年玉付き年賀はがきの抽選は1月14日!

我が家は出すも頂くも少ないので、そんなに関係のない話なのですが
「お年玉商品の抽選」を楽しみにしている方もいるのではないでしょうか?

抽選日は1月14日(日)

1等(下6けた)
セレクトギフト(12万円相当/1万点以上の商品・旅行・体験プラン等からの選択)又は現金10万円

2等(下4けた)は  ふるさと小包など

3等(下2けた)は  お年玉切手シート

 

だそうです。

ちなみに私は切手シートが一回だけ当たったことがあるのみ(*^▽^*)
新年最初の運試し・・・皆さまにも幸運がありますように♪

 

追記 2018年 1/14 お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されました♪

 

公式ホームページで「番号」が発表されています♪

お手元にハガキをご用意のうえ、チェックしてみてくださいませ(^_-)-☆

 

お年玉賞品のご案内 | ゆうびん.jp
お年玉賞品に関する情報をご案内をいたします。
 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございますm(__)m

 

 

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-普段のくらし

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.