普段のくらし

【2018年 お正月】お正月のお雑煮!我が家の変化…

更新日:



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

2018 お正月 お雑煮記事TOP

 

2018 明けました!お正月…我が家のお雑煮は今夜です!

あけましておめでとうございます!
お正月、ゆっくりとお過ごしでしょうか?
または、イベントや初詣にお出掛けの方もいるでしょうか?

我が家はお仕事で通常通りのお正月。
実は「お正月」らしいお料理、というのも「お雑煮」のみなのです💦

新年いちばん初めの記事は「我が家のお雑煮」と「おせち」についてです。

 

 

===スポンサーリンク===



 

 

 

日本の文化「おせち料理」わが家では食育ならず…でした

多くの皆さんのお家では、「おせち料理」を用意すると思います。
まず、おせち料理の由来から。

 

おせちの由来は?(我が家の場合)

 

由来1…お正月は「火や水の神様」もお休みしてもらうために、炊事を極力減らし
日持ちのする料理をお重に詰めて「おせち料理」としていただく。

由来2…(地域の名士の家での話)
昔々はお正月は奉公に来ている女性も里帰りするため、お正月の間は台所の火を付けなかった。
そのため、奉公人たちがお屋敷の人のために「日持ちのするもの」を作り置きしたのが「おせち料理」の始まり。

由来3…普通の家でも、お正月の間は家事を一手に担う女性も休むため、上記と同じく台所の火は付けなかった。
作り置きしたのが「おせち」を3が日、いただいた。

上記3つは私が祖父母から聞いた話です。
由来として「説のひとつ」と思ってください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

独立し、家庭を持ってから
「おせち」を用意したことはあったのです。
お重だったり、子供の好きそうな「栗きんとん」「伊達巻」を用意してみたり。

子供に「日本の文化」を伝える「食育」のつもりでもあったのですが・・・
見事に誰も手を付けず(´・ω・`)ショボーン

昔からお正月は休みではないのもあり…購入しても余ってしまうため、いつからか辞めてしまいました💦

ですので、お鍋だったり…カレーだったり通常の日と変わらないメニューも。
ですが、唯一「お雑煮」は皆食べるので作ることにしています♪

 

我が家のお雑煮は「関東風」→「オリジナル」に!

私が育ったのが「関東」なので、
醤油のすまし汁に、鶏肉、人参、里いも、ほうれん草…最後にお餅(四角いもの)という「関東風のお雑煮」
最初は作っていました♪

が・・・
ある年に子供が「味噌」がいい!!と言い出したことにより・・・
味噌味に。
オリジナル・・・なんですけど、具はもう豚汁のようなものです💦

本当はさまざまな由来があるのでしょうが…我が家ではこんな感じのお正月となっております。

何年か前に「七草」が手に入ったので、張り切って「七草がゆ」を作ったのですが
私一人で食べる羽目になったという(苦笑)
・・・お鍋に入れた方が良かったのかな・・・(*´∀`*)

 

昔ながらの静かなお正月も、とても懐かしいのですが、お休みじゃないこともあり
年明け早々バタバタ・・・お騒がせいたしましたm(__)m

おせちはだいたい具が決まっていますが、
お雑煮は地域によって違いますよね?(*^▽^*)
お正月、ゆっくりとお過ごしくださいませ♪

 

お読みくださり、ありがとうございました!

 

 



スポンサーリンク





=====あなたにおすすめの記事=====



             

-普段のくらし

Copyright© 「好き」がたくさん! , 2018 AllRights Reserved.